トップ > 全国 > 東海・北陸 > 岐阜・飛騨 > 飛騨・白川郷 > 高山 > 櫻山八幡宮 > 日下部民藝館

クサカベミンゲイカン

日下部民藝館

江戸の建築様式そのままの力強い梁組みが大迫力

明治12(1879)年に建ち、明治建築の民家として初めて重要文化財に指定された。天井を見上げれば長さ約13mの梁を組み上げた吹き抜けが広がり、豪快で重厚な江戸の建築美を体感できる。

住所
岐阜県高山市大新町1丁目52 (大きな地図で場所を見る)
電話
0577-32-0072
交通
JR高山本線高山駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉館)、12~翌2月は~16:00(閉館)
休業日
無休、12~翌2月は火曜(臨時休あり)
料金
大人500円、小・中学生300円(30名以上の団体は50円引、障がい者手帳持参で本人と同伴者半額)
ID
21001175

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

エリア × テーマ

 >  >   >   >   >   > 
 >  >   > 
 >  >   >   >   >   > 

同じエリアに関連する記事

【岐阜】年間イベント情報!思い出深い旅を楽しもう!

岐阜県各地で開催されるイベントをチェック!祭りやライトアップなど、旅をさらに盛り上げる催しが満載だ。※掲載のデータは2017年4〜5月に取材したものです。日時は変更される場合がありますので、事前にご確...

飛騨高山【吉島家住宅】明治時代の豪商の家とは?

軒高など、江戸幕府の制限がなくなった明治期の町家建築。豪商の旦那衆のセンスと匠の技が光る、高山を代表する名建築をすみずみまで見学しよう!

飛騨高山【郷土料理】食べてみたい!ふるさとの味

食材を丁寧に保存し、大切に味わう山国ならではの食文化。山菜や川魚などを盛り込んだ伝統の郷土料理を、風情ある名店に出かけて味わおう。

飛騨高山【さんまち】和カフェ♪こだわり空間とスイーツで寛ぐ

和のたたずまいが魅力のカフェが多く集まる、さんまち。歴史や趣を感じながら、こだわりスイーツを味わえば、心和むひとときが満喫できそう。

【飛騨高山】朝市へ出かけよう!高山名物とふれあいがいっぱい!

高山では出店がずらっと並ぶ朝市が毎日開かれている。ここちよい朝の空気を感じながら、野菜や民芸品などの名物を買い求めたり、地元の人とふれあったり、朝市散策を楽しんでみよう。

【高山祭】日本三大美祭のひとつ!見どころをチェック!

一年に2回、春と秋に開催され、毎年数十万人が訪れる高山祭。日本三大美祭のひとつに数えられる華麗な祭りの魅力と見どころを紹介!

【飛騨高山】和のおやつ!定番から話題の新名物まで!

飛騨高山には、昔から親しまれる和のおやつが満載。和の要素を取り入れた新しいスイーツも続々と登場している。注目の逸品を高山みやげとして持ち帰ろう。

【飛騨高山】パン&スイーツがハイレベル!話題のお店をチェック!

飛騨牛や漬物など、高山を代表するグルメは多いが、最近話題になっているのがパンやスイーツ。全国からもパン好きが足を運ぶ有名店など、人気の店をチェックしよう!

飛騨高山グルメ!【高山ラーメン】醤油ベースの懐かし系!

戦前から“中華そば”と呼ばれ、愛され続ける高山の味。シンプルなのに奥が深い、人気店の一杯を紹介!

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください