コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  飛騨高山グルメ!【高山ラーメン】醤油ベースの懐かし系!

飛騨高山グルメ!【高山ラーメン】醤油ベースの懐かし系!

by mapple

更新日:2018年5月16日

戦前から“中華そば”と呼ばれ、愛され続ける高山の味。シンプルなのに奥が深い、人気店の一杯を紹介!

麺屋しらかわ

若き店主が作る昔懐かしい屋台の味
創業は2012年と新しくも、かつて高山にあった屋台の味を再現する人気店。メニューは中華そばだけに絞り、百年経っても愛される味を追求。あっさりスープが評判だ。

中華そば(並)700円

繁華街に近く、夜は酒の〆に立ち寄る客が多い

豆天狗

麺も具もスープもすべて自家製を追求
麺は、毎朝その日の分だけを打つ自家製麺。3種類の小麦粉を使い、食感や香りを追求している。スープは、代々受け継ぐ秘伝の醤油ダレ。メンマやチャーシューも自家製だ。

実食メモ
店主が毎日手もみで作る平打ち麺が絶妙

中華そば(並)700円

つけ麺も人気を集めている店

まさごそば

根強いファンに愛される元祖高山ラーメン
1938(昭和13)年創業の老舗。リヤカー屋台からスタートし、高山ラーメン発祥の店として知られる。カツオだしが香る真っ黒いスープと、自家製の細ちぢれ麺が独特。

実食メモ
独特の細ちぢれ麺に濃い口醤油スープがよく絡む!

中華そば 700円

創業時の味を守り続ける老舗

つづみそば

創業以来五十余年守り継がれる
豚骨や岐阜県産の野菜など7種類の素材でだしを取り、特製の醤油ダレを加えたスープは、澄んでいるがコクがある。自家製チャーシューには岐阜の銘柄豚“けんとん”を使用。

実食メモ
酢やラー油を加えて、味の変化を楽しむのもおすすめ

中華そば 700円

鼓の絵柄が入ったのれんが目印

やよいそば

昔ながらの原点を追求する
カツオ節が香るあっさりスープは、地元の濃口醤油をベースに、選りすぐりの魚醤を隠し味として加えている。自家製チャーシューは、ほろっとくずれるほどのやわらかさ。

実食メモ
自家製のちぢれ麺は細いながらもコシがある

中華そば(並)750円

店の斜め向いに支店の角店がある

桔梗屋

後味はさっぱり濃厚スープに定評あり
約8時間以上かけて煮込むスープは、鶏ガラや煮干しの旨みが豊かで、細めのちぢれ麺とよく絡む。濃厚でコクがありながらも、後味は不思議なくらいさらりとして箸が進む。

実食メモ
チャーシューはほどよい弾力があり、かむほどうま味が広がる

中華そば 650円

1951(昭和26)年創業で常連客が多い

筆者:mapple

この記事の出典元は「まっぷる飛騨高山 白川郷・下呂温泉'19」です。掲載した内容は、2017年10月~12月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×