足立・葛飾のおすすめの文化施設スポット

足立・葛飾のおすすめの文化施設スポットをご紹介します。葛飾柴又寅さん記念館、足立区生物園、足立区荒川ビジターセンターなど情報満載。

葛飾柴又寅さん記念館 (カツシカシバマタトラサンキネンカン) 寅さんが生きた世界を知る

スーパー堤防の地下を利用して造られた、映画『男はつらいよ』の世界を満喫できる記念館。撮影セットを再現した「くるまや」の店舗や名場面が観られる選択映像コーナーもある。

葛飾柴又寅さん記念館
葛飾柴又寅さん記念館
葛飾柴又寅さん記念館

葛飾柴又寅さん記念館の詳細情報

住所
東京都葛飾区柴又6丁目22-19
交通
京成金町線柴又駅から徒歩8分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉館17:00)
休業日
第3火曜、祝日の場合は翌日休、12月は第3火~木曜(GW・盆時期・年末年始は営業)
料金
大人500円、小・中学生300円(山田洋次ミュージアムの入館料も含む、20名以上の団体は大人400円、小・中学生200円、障がい者手帳持参で本人と同伴者1名無料、65歳以上400円)

足立区生物園 (アダチクセイブツエン) 多彩な生物との出会いの場

緑豊かな元渕江公園内にある施設。珍しい昆虫や海の生物など多種多様な生き物を間近で観察できる。モルモットやウサギなどとのふれあいコーナーも。

足立区生物園
足立区生物園
足立区生物園

足立区生物園の詳細情報

住所
東京都足立区保木間2丁目17-1
交通
東武スカイツリーライン竹ノ塚駅から徒歩20分
営業期間
通年
営業時間
9:30~16:30(閉園17:00)、11~翌1月は~16:00(閉園16:30)
休業日
月曜、祝日の場合は翌日休(夏休み期間は無休、12月29日~翌1月1日休)
料金
高校生以上300円、小・中学生150円、未就学児無料(70歳以上は証明書持参で無料、障がい者手帳持参で無料)

足立区荒川ビジターセンター (アダチクアラカワビジターセンター) 荒川の自然や歴史などを展示

荒川の自然や歴史などを展示。区内の荒川河川敷をのんびり観察する「川あるきの日」や、未就学児とそのご家族の自然体験を応援する「川のようちえん」などのイベントもある。

足立区荒川ビジターセンター

足立区荒川ビジターセンターの詳細情報

住所
東京都足立区千住5丁目13-5
交通
JR常磐線北千住駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
9:00~21:30(閉館、解説員常駐は9:00~12:00、13:00~17:00)
休業日
第2月曜、祝日の場合は第3月曜(年末年始休)
料金
無料

柴又ハイカラ横丁/柴又のおもちゃ博物館 (シバマタハイカラヨコチョウ シバマタノオモチャハクブツカン) 昭和にタイムスリップ

1階は、レトロな駄菓子やブロマイドなどを販売するショップ。2階の博物館には、昭和30~50年代の懐かしいおもちゃや雑誌、ゲーム機などが並ぶ。

柴又ハイカラ横丁/柴又のおもちゃ博物館

柴又ハイカラ横丁/柴又のおもちゃ博物館の詳細情報

住所
東京都葛飾区柴又7丁目3-12
交通
京成金町線柴又駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
ハイカラ横丁は10:00~19:00(閉館)、おもちゃ博物館は11:00~18:00(閉館)
休業日
火曜、おもちゃ博物館は月~金曜、祝日の場合は開館(年末年始は開館)
料金
入館料(博物館)=200円/

千住宿歴史プチテラス (センジュジュクレキシプチテラス) 足立区が運営する歴史・文化施設

江戸時代に建てられた横山家の土蔵を復元し、区民ギャラリーとして無料で開放している。街歩きの途中で立ち寄りたい。

千住宿歴史プチテラスの詳細情報

住所
東京都足立区千住河原町21-11
交通
京成本線千住大橋駅から徒歩3分
営業期間
企画開催時のみ
営業時間
10:00~16:00(企画展により異なる)
休業日
期間中不定休
料金
無料
  • 1
  • 2
×