>  >  >  >  > 

白い恋人の丘

国内外で有名な「あの風景」を見に行こう
銘菓「白い恋人」のパッケージ写真で有名な利尻富士の風景を望む丘。ここでプロポーズをしたカップルには、利尻富士町観光協会で、「白い恋人」をイメージしたプロポーズ証明書を進呈している。

白い恋人の丘

利尻富士に加え、四季の彩りが美しいオタトマリ沼の風景も見られる

白い恋人の丘

住所
北海道利尻郡利尻富士町鬼脇沼浦
交通
鴛泊港からタクシーで25分
料金
情報なし

↓ 約19km

利尻 島の駅「海藻の里・利尻」

利尻島ならではの記念品を作ろう
海藻クラフト作品などを展示する石蔵文化ギャラリーやカフェを併設。明治初期の歴史ある建物を利用している。

利尻 島の駅「海藻の里・利尻」

花や海藻を使って、キーホルダーなどの手作り体験ができる。

利尻 島の駅「海藻の里・利尻」

住所
北海道利尻郡利尻町沓形町本町51
交通
鴛泊港から宗谷バス沓形行きBコースで30分、終点下車、徒歩5分
料金
石蔵文化ぎゃらりー入場料=無料/海藻クラフトづくり(20分、ワンドリンク付)=1100円/島の駅ブレンドコーヒー=340円/あわびもなか=190円/

↓ 約11km

富士野園地

エゾカンゾウの群生地
6月中旬から7月中旬にかけて一帯でエゾカンゾウが咲く。展望台からはポンモシリ島が望める。5月下旬~6月下旬には、クロユリも楽しめる。

富士野園地

エゾカンゾウの開花時季には、あたり一帯がオレンジ色に染まる

富士野園地

住所
北海道利尻郡利尻富士町鴛泊富士野
交通
鴛泊港からタクシーで5分
料金
情報なし

↓ 約5km

甘露泉水

日本最北端の名水
利尻富士の鴛泊登山ルートの3合目付近に湧き出る。地元で古くから「甘い水」と親しまれ、日本の「名水百選」のなかで最北の水。

甘露泉水

ミネラルが豊富。利尻山麓を代表する湧水だ

甘露泉水

住所
北海道利尻郡利尻富士町鴛泊
交通
鴛泊港から徒歩1時間(鴛泊登山ルート)
料金
情報なし
1 2 3

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください