コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  【稚内・利尻・礼文】早わかり!エリア&基本情報をチェック!

【稚内・利尻・礼文】早わかり!エリア&基本情報をチェック!

by mapple

更新日:2018年4月21日

日本最北の地・稚内。最北端の地である宗谷岬や、「利尻富士」のある利尻島、「花の浮島」礼文島の2つの離島を目指す観光客で賑わう。

主要エリアのアクセス

【鉄道】
稚内空港⇛宗谷バス30分、600円⇛稚内駅
【車】
稚内空港⇛国道238・40号経由13km⇛稚内駅

エリアのお楽しみ

見どころ

壮大な自然が広がる2つの離島と最北端の地
最北の街・稚内で最北端となるのが宗谷岬。そこで記念撮影をするのが観光の定番となっている。稚内からフェリーで行き来できる離島・利尻島と礼文島は大自然が織り成す風景が見もの。利尻島は島を一周しながら利尻山を望むドライブ、礼文島では貴重な植物を観賞しながらのトレッキングが人気だ。

利尻山

宗谷岬

グルメ

北海道の有数の漁場で新鮮な海の幸を
稚内・利尻・礼文周辺は寒流と暖流が交わる魚介の好漁場。利尻昆布を食べて育つ利尻ウニ、肉厚の礼文のホッケなど高品質の魚介が味わえる。

礼文のホッケ

利尻ウニ

おみやげ

高品質の昆布製品、最北端グッズが人気
北海道で採れる昆布のなかでも、高級昆布の1、2を争う利尻昆布がみやげの定番。食べ物以外なら宗谷岬周辺の売店で買える最北端グッズがおすすめだ。

最北端グッズ

利尻昆布

トラベルカレンダー

稚内の見どころはほとんどが通年訪れることができる。利尻・礼文で花々を見たいなら6月上旬~10月下旬がおすすめ。爽やかな空気と美景を満喫できる。

春(4月・5月・6月)


【高山植物】
6~7月下旬にかけてレブンアツモリソウなど多様な原生花が咲く。

天気・アドバイス
【4月】
最高気温(℃) 7.2
平均気温(℃) 4.4
最低気温(℃) 1.8
降水量(㎜) 49
最深積雪(㎝) 25

街から雪が消えるが、強風の日が多く、雪が降ることも。暖かい上着はまだまだ必要。

【5月】
最高気温(℃) 12
平均気温(℃) 8.8
最低気温(℃) 6
降水量(㎜) 67.6
最深積雪(㎝) 0

最高気温が10度を超える。中旬から下旬には桜が開花。薄手の上着は用意しておこう。

【6月】
最高気温(℃) 15.7
平均気温(℃) 12.7
最低気温(℃) 10.1
降水量(㎜) 53
最深積雪(㎝) –

曇りの日が多いが、日中晴れ間のでる日も。花々が咲き始める。羽織り物は用意。

夏(7月・8月)

イベント
【水産まつり うめーべやフェスティバル】
期間:7月中旬
会場:香深港新港駐車場
問い合わせ:0163-86-1001(礼文町産業課)
「島のうめ~もの」が集合。魚介のつかみ捕りなど。

【第58回稚内みなと南極まつり】
期間:8月4・5日
会場:稚内中央アーケード街ほか
問い合わせ:0162-23-4400(稚内みなと南極まつり実行委員会事務局)
2500発も打ち上がる大花火大会、観光物産まつりなどが人気。

【利尻浮島まつり】
期間:8月5・6日
会場:利尻町沓形・仙法志市街
問い合わせ:0163-84-2345(利尻浮島まつり運営委員会事務局)
地元海産物を扱う出店や、踊りパレードなどが人気。

【うにうにフェスティバル】
期間:8月11日
会場:総合交流促進施設「りぷら」駐車場
問い合わせ:0163-82-1125(同実行委員会)
ウニを使った料理の飲食コーナー、各種イベントなど。


【ウニ】
利尻の最高級昆布を食べて育つ利尻のウニの味もまた最高級。6~8月が旬。

【ホッケ】
年中獲れるが、7~9月頃に獲れる礼文の真ホッケは脂のりが良く絶品。

天気・アドバイス
【7月】
最高気温(℃) 19.7
平均気温(℃) 16.8
最低気温(℃) 14.5
降水量(㎜) 90.6
最深積雪(㎝) –

利尻昆布の採取が始まる時期。暖かだが朝晩はまだ冷えるので、カーディガンなどを。

【8月】
最高気温(℃) 22.3
平均気温(℃) 19.6
最低気温(℃) 17.3
降水量(㎜) 116
最深積雪(㎝) –

一年で最も暖かい時季だが、お盆過ぎには秋の気配。夏祭りや盆踊りで街が賑わう。

秋(9月・10月・11月)

天気・アドバイス
【9月】
最高気温(℃) 19.7
平均気温(℃) 16.8
最低気温(℃) 14
降水量(㎜) 123.5
最深積雪(㎝) –

利尻富士に初雪が降る頃。そろそろ暖房器具が恋しい。下旬にはコートの用意が必要。

【10月】
最高気温(℃) 13.7
平均気温(℃) 11.1
最低気温(℃) 8.1
降水量(㎜) 134.1
最深積雪(㎝) 0

平野部でも初雪が。晴れの日でなければ雨という月で、風も強い。コートやセーターを。

【11月】
最高気温(℃) 6.1
平均気温(℃) 3.6
最低気温(℃) 1
降水量(㎜) 120.9
最深積雪(㎝) 15

雪の日が増え、日照時間も短い。下旬には根雪に。いよいよ防寒対策は冬仕様にシフト。

冬(12月・1月・2月・3月)

イベント
【JAPAN CUP全国犬ぞり稚内大会】
期間:2月下旬の2日間
会場:大沼特設会場
問い合わせ:0162-23-6468(全国犬ぞり稚内大会実行委員会)
歴史ある犬ぞりレース。愛犬と参加できる「ワンワンダッシュ」も人気。


【雪】
平野部の初雪は10月下旬で、11月下旬から12月に根雪に。4月頃まで雪が残る。

天気・アドバイス
【12月】
最高気温(℃) 0.1
平均気温(℃) -2
最低気温(℃) -4.2
降水量(㎜) 112.8
最深積雪(㎝) 43

街なかは根雪で真っ白になり、すっかり冬景色に。防寒・滑り止め対策は万全に整えよう。

【1月】
最高気温(℃) -2.7
平均気温(℃) -4.7
最低気温(℃) -6.8
降水量(㎜) 84.3
最深積雪(㎝) 63

積雪が多く、地吹雪が起こることも。上着にセーター、靴には滑り止めと冬装備は万全に。

【2月】
最高気温(℃) -2.5
平均気温(℃) -4.7
最低気温(℃) -7.1
降水量(㎜) 60.7
最深積雪(㎝) 75

積雪が多く吹雪の日もあるが、晴天日も増える。各エリアで冬イベントが行なわれる。

【3月】
最高気温(℃) 1.2
平均気温(℃) -1
最低気温(℃) -3.5
降水量(㎜) 50.3
最深積雪(㎝) 68

晴天日が増え、下旬には雪から雨に変わる日もある。足元が悪くなるので、防水の靴を。

プランニングのヒント

日数

稚内・利尻・礼文を1日1エリアずつまわるとじっくり楽しめるので2泊3日はみておきたい。

宿

礼文島の高山植物の開花時季の6~7月、夏休み時期は、稚内・利尻・礼文の宿はすぐ埋まるので早めの予約をしよう。

めぐり方

レンタカーが便利だが、利尻・礼文で利用する場合、フェリーの運賃を考えるとフェリーに車を乗せず、各エリアで借りるほうが割安だ。

王道プラン


【1日目】
午前:稚内空港に到着後、レンタカーで宗谷岬方面へ
昼:宗谷岬周辺で昼食(ラーメン・宗谷黒牛料理)
午後:宗谷岬観光
夜:稚内中心部で夕食(タコしゃぶ・海鮮料理)
宿泊:稚内中心部のシティホテル
【2日目】
朝:フェリーの朝の便で利尻へ
終日:利尻島一周ドライブ
昼:オタトマリ沼の食堂で昼食(ウニ丼など)
夕方:夕方の便で礼文島へ
宿泊:礼文島のホテル
【3日目】
早朝~午前:礼文島ドライブ
昼:香深港周辺で昼食(ホッケのちゃんちゃん焼きなど)
午前:昼過ぎ着のフェリーで稚内へ
夕方~夜:夕方の便で稚内空港から新千歳空港へ。新千歳空港から帰着

鉄道&バス
【1日目】
午前:稚内空港からバスで稚内駅へ
昼:稚内駅周辺で昼食(ラーメンなど)
午後:定期観光バスで稚内観光
夜:稚内中心部で夕食(タコしゃぶ・海鮮料理)
宿泊:稚内中心部のシティホテル
【2日目】
朝:早朝の便で礼文島へ
昼:香深港周辺で昼食(ホッケのちゃんちゃん焼きなど)
終日:礼文島トレッキング
宿泊:礼文島のホテル
【3日目】
午前:フェリーで利尻島へ
昼:香深港周辺で昼食(ウニ丼・海鮮料理)
午後:タクシーで富士野園地観光。その後夕方着のフェリーで稚内へ
夕方~夜:バスで稚内空港へ。夕方の便で稚内空港から新千歳空港へ。新千歳空港から帰着

行く前に見たい!盛り上げDVD

『北のカナリアたち』
北海道の離島の分校で起こった20年前の事故と現在が交錯するヒューマンサスペンス。利尻島や礼文島、稚内周辺でロケが行なわれた。
「北のカナリアたち」
発売中¥4700(税別)、発売元:東映ビデオ、販売元:東映

現地で飲みたい!ご当地牛乳

稚内牛乳200ml 160円
※パッケージ、価格変更の場合あり

エリア内交通情報

稚内の移動手段

市街地観光なら徒歩、市街地から離れている宗谷岬などの観光スポットへはバスを利用しよう。稚内近郊の見どころであるサロベツ原野へは観光タクシーが便利。

★路線バス

稚内駅前からノシャップ岬や宗谷岬へは宗谷バスが路線バスを運行。これらのほか市内では宗谷バスが路線網をめぐらせている。
0162-22-3114(宗谷バス 稚内駅前バスターミナル)

★定期観光バス

宗谷岬や宗谷丘陵、高台の稚内公園などを広範囲にわたる稚内の観光スポットを効率的にめぐれる。
0162-22-3114(宗谷バス(稚内駅前ターミナル))

おもな定期観光バス
【稚内A・日本最北端と北海道遺産めぐり】
■運行期間/5月上旬~9月(5月上旬~下旬は運休日あり)
■料金/3300円
■発車到着時刻/8:00→11:55(稚内駅前バスターミナル発着)
■所要時間/3時間55分
稚内駅前バスターミナル➡北防波堤ドーム(車窓)➡稚内公園➡ノシャップ岬➡メガソーラー(車窓)➡宗谷丘陵(車窓)➡宗谷岬➡稚内空港(降車可能)➡副港市場(降車可能)➡稚内駅前バスターミナル

【稚内B・日本最北端と記念塔パノラマ】
■運行期間/5月上旬~9月(5月上旬~下旬は運休日あり)
■料金/3600円
■発車到着時刻/14:00→18:15(稚内駅前バスターミナル発着、9月は13:45→18:00)
■所要時間/4時間15分
稚内駅前バスターミナル➡北防波堤ドーム(車窓)➡百年記念塔➡稚内公園➡メガソーラー(車窓)➡宗谷丘陵(車窓)➡宗谷岬➡夕日が丘パーキング(車窓)➡ノシャップ岬➡稚内駅前バスターミナル

★観光タクシー

稚内エリアの観光スポットをめぐる際は、広範囲にわたるため、観光タクシーがおすすめ。ノシャップ岬などの稚内の郊外エリアやサロベツ湿原など稚内周辺の観光エリアにも行くことができる。市内サロベツ・最北端コースは所要5時間30分、普通車で42000円。
0162-22-5000(稚内日の丸交通(株))

稚内~利尻・礼文を結ぶフェリー

稚内から利尻、礼文へ渡るにはフェリーが唯一の手段になる。発着は利尻島は鴛泊港、礼文島は香深港。夏季限定で利尻島の沓形港が利用でき、香深との行き来が可能に。どの航路も車の航送が可能。予約は乗船日の2か月前の同日から。高山植物の開花時季は早めに予約をしよう。
0162-23-8010(ハートランドフェリー)

利尻の移動手段

島に点在する観光名所をぐるっと網羅するなら、バスやスクーターがおすすめ。鴛泊港周辺にはいくつか見どころがあるのでレンタサイクルを利用するのもいい。

★定期観光バス

利尻の代表的なスポットをめぐる2コースがある。鴛泊フェリーターミナルから時計回りにめぐり、フェリー到着後15分ほどしか時間がない場合があるが、急げば乗り継ぎは可能だ。「利尻B」コースは利尻空港で降車も可能。
0163-84-2550(宗谷バス利尻営業所)

おもな定期観光バス
【利尻A・秀峰利尻富士めぐり】
■運行期間/5月上旬~9月(5月上旬~下旬は運休日あり)
■料金/3300円
■発車到着時刻/9:10→12:45(5月上旬・下旬は9:25→13:00)※鴛泊フェリーターミナル発着
■所要時間/3時間35分
鴛泊フェリーターミナル➡姫沼➡野塚展望台(車窓)➡資料館➡オタドマリ沼➡仙法志御崎公園➡人面岩・寝熊の岩(車窓)➡利尻空港(降車可能)➡鴛泊フェリーターミナル
※8~9月はコースが一部変更になる

【利尻B・利尻スポットめぐり】
■運行期間/6~9月
■料金/3100円
■発車到着時刻/14:25→17:05(鴛泊フェリーターミナル発着)
■所要時間/2時間40分
鴛泊フェリーターミナル➡野塚展望台(車窓)➡オタドマリ沼➡仙法志御崎公園➡人面岩・寝熊の岩(車窓)➡沓形岬公園➡鴛泊フェリーターミナル

★路線バス

一周できる利尻島をぐるっと網羅。沓形港から鴛泊港を経由するAコースと仙法志経由のBコースがある。観光スポットである姫沼へも行ける。4月下旬~10月は路線バスが1日乗り放題になる「1DAY乗車券」もある。
0163-84-2550(宗谷バス利尻営業所)

★レンタサイクル

鴛泊フェリーターミナル前にある「レンタルバイク 雪国」で貸し出し。マウンテンバイクやママチャリ、子ども用自転車があり、レンタル料は1時間400円。スクーターの貸し出しも行なう。50ccスクーター1時間1000円。
0163-82-1046(レンタルバイク雪国)

礼文の移動手段

スコトン岬や澄海岬など、島の広範囲をめぐるなら、バスやスクーターがおすすめ。桃岩展望台コースの入口まではフェリーターミナルから徒歩で行くことができる。

★定期観光バス

香深フェリーターミナルで発着し、島の北側にある澄海岬やスコトン岬へ行くコースがある。Aコースは映画のロケセットが残る「北のカナリアパーク」にも行けるのがうれしい(香深フェリーターミナルで途中降車可能)。
0163-86-1020(宗谷バス 礼文営業所)

おもな定期観光バス
【礼文A・夢の浮島礼文めぐり】
■運行期間/5月上旬~9月(5月上旬~下旬は運休日あり)
■料金/3300円
■発車到着時刻/8:35(5月上旬・下旬は8:40)→12:35※香深フェリーターミナル発着
■所要時間/4時間前後
香深フェリーターミナル➡西上泊・澄海岬➡スコトン岬➡桃台猫台➡香深フェリーターミナル(降車可能6~9月)➡北のカナリアパーク➡香深フェリーターミナル

【礼文B・礼文スポットめぐり】
■運行期間/6~9月
■料金/3100円
■発車到着時刻/14:05→16:30(香深フェリーターミナル発着)
■所要時間/2時間25分
香深フェリーターミナル➡西上泊・澄海岬➡スコトン岬➡香深フェリーターミナル

★路線バス

スコトン岬行きの路線バスや桃岩展望台コースの終着点の最寄りバス停がある知床方面を行き来する路線バスなどが運行。便数が少ないため時間は要確認。いずれも香深フェリーターミナルを経由する。
0163-86-1020(宗谷バス 礼文営業所)

★レンタサイクル

香深港フェリーターミナル前にある「Cat★Rock」で貸し出し。3段変速自転車(1時間500円)や電動アシスト付き自転車(1日貸切3000円)がある。スクーターの貸し出しもあり50ccスクーターは1時間1000円~。
090-7517-1095(Cat★Rock)

筆者:mapple

まっぷる北海道’19

発売日:2018年02月05日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる北海道'19」です。掲載した内容は、2017年5月~12月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×