トップ > 東北 > 南東北 > 仙台・松島 > 仙台 > 国分町・一番町 > 

仙台夜の観光【文化横丁&壱弐参横丁】ハシゴ酒♪

シュープレス

更新日:2022年1月7日

この記事をシェアしよう!

仙台夜の観光【文化横丁&壱弐参横丁】ハシゴ酒♪

昭和の面影残すノスタルジックな「文化横丁」「壱弐参横丁」は、老若男女に愛される仙台の名物。昔と変わらず活気あふれる名物店で、料理や地酒をゆっくり楽しもう。

【文化横丁】餃子元祖 八仙

【文化横丁】餃子元祖 八仙
「ぶんよこ」の愛称で親しまれる。地元で長く愛される老舗飲食店を中心に、約50店舗が軒を連ねる。

昭和28(1953)年創業の老舗。県産豚肉、白菜、玉ねぎ、にらを特注の皮で包む餃子は、焼きや蒸しなど調理法で驚くほどおいしさが変わる。

【文化横丁】餃子元祖 八仙

【地元でも大人気の焼きたて餃子を味わう】
焼餃子(1人前8個)580円
下味が付いているので、タレなしでも飽きないおいしさ。テイクアウトも可能。

【文化横丁】餃子元祖 八仙

水餃子(1人前8個)650円

【文化横丁】餃子元祖 八仙

1階はカウンター席、2階には座敷がある

八仙

住所
宮城県仙台市青葉区一番町2丁目4-13文化横丁
交通
地下鉄青葉通一番町駅からすぐ
料金
焼餃子(1人前、8個)=580円/蒸餃子(2人前)=1160円/水餃子=650円/

【文化横丁】きむら

豚肉を使った串焼きが名物。石造りの焼き台で、女将が絶妙な焼き加減に仕上げる。1本100円以下というリーズナブルな価格がうれしい。

【文化横丁】きむら

【うまみあふれる串焼きは必食!】
豚バラ 97円 もつ焼 86円
やわらかな豚バラやプリプリした食感のモツを、甘辛いタレで味付け。塩味もある。

【文化横丁】きむら

まるで昭和にタイムスリップしたかのよう

きむら

住所
宮城県仙台市青葉区一番町2丁目4-17
交通
地下鉄青葉通一番町駅から徒歩3分
料金
豚バラ=97円/もつ焼=86円/

【文化横丁】あくび

隠れ家居酒屋で和食を楽しむ
和食をベースにした素朴な味わいの日替わり料理を、宮城の地酒とともにじっくり楽しめる。果実酒も豊富に取りそろえ、女性にも人気が高い。

【文化横丁】あくび

特製モツ煮込み 550円
白モツを6時間以上かけて煮込んだ定番の品。信州味噌のコクと甘みがしみ込んでいる。

【文化横丁】あくび

ナチュラルなインテリアの店内

あくび

住所
宮城県仙台市青葉区一番町2丁目3-37文化横丁内
交通
地下鉄青葉通一番町駅からすぐ
料金
特製モツ煮込み=540円/サラダ=540円/

【文化横丁】三林精肉店

厳選ホルモンを炭火焼きで堪能
ホルモンメニューが豊富にそろう焼き肉店。良質な肉をリーズナブルに提供している。タレにはにんにくが効いており、昔ながらの焼き肉の味が楽しめる。

【文化横丁】三林精肉店

ホルモン全部のせ 2100円
13種類のホルモンを少量ずつ盛り合わせに。食感や脂の甘みを比べてみよう。

【文化横丁】三林精肉店

ホルモンはテーブルごとに七輪で焼く

三林精肉店

住所
宮城県仙台市青葉区一番町2丁目3-41
交通
地下鉄青葉通一番町駅からすぐ
料金
ホルモン全部のせ=2052円/細打ち冷麺=885円/カルビ=918円/シマチョウ=734円/

【壱弐参横丁】すけぞう

【壱弐参横丁】すけぞう
戦後の露天商たちがつくった中央公設市場が全身。飲食店や雑貨店など、個性派ショップが処狭しと並ぶ。

創作和食と銘酒が楽しめる人気店
ていねいに手作りする創作和食が評判の居酒屋。旬の食材をたっぷり味わえるコース料理のほか、「すけぞう牛たん」(2200円)などの一品料理もそろう。地酒は珍しい銘柄も多数ある。

【壱弐参横丁】すけぞう

すけぞうおまかせコース(5品)2750円
お通し・小鉢・お造り・焼き物・煮物をコース仕立てで堪能。内容は季節ごとに変わり、リピーターも多い。

【壱弐参横丁】すけぞう

70種以上の日本酒をラインナップ

【壱弐参横丁】すけぞう

木の温もりあふれる店内

【壱弐参横丁】牡蠣小屋ろっこ

カキと宮城の地酒をリーズナブルに
通年カキを提供する立ち飲み店。新鮮な宮城県産のカキを1個100円から味わえる。「手作り塩辛」(300円)といった、肴も充実。地酒は店主のおすすめが、常時8~10種類ラインナップする。

電080-9632-8273

時17:00~23:00

休不定休

所仙台市青葉区一番町2-3-30

交地下鉄青葉通一番町駅から徒歩3分

Pなし

【壱弐参横丁】牡蠣小屋ろっこ

生牡蠣1個110円
なめらかな食感と深いコクが特徴。生ガキならではのうまみを堪能。

【壱弐参横丁】牡蠣小屋ろっこ

カウンターには地酒がずらり

【壱弐参横丁】牡蠣小屋ろっこ

日本酒はもっきりで1杯500円から

 

【壱弐参横丁】Vacanze

東北の食材を生かす南イタリア料理
東北各地から店主が厳選した魚介や肉が、炭火焼と南イタリア料理で堪能できる。常時60種類以上がそろうイタリアンワインと一緒に楽しみたい。

電022-265-2325

時18:00~23:00(日曜、祝日は17:00~22:00)

休不定休

所仙台市青葉区一番町2-3-30

交地下鉄青葉通一番町駅から徒歩3分

【壱弐参横丁】Vacanze

岩手県産 佐助豚の炭火焼1600円

岩手県二戸市のブランド肉を炭火で炙っている。サシがきめ細かく甘みが強い

【壱弐参横丁】Vacanze

カウンター10席のみのため、週末は予約がおすすめ

1 2

仙台、東北地区のおでかけ情報を発信します。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください