「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  >  >  >  >  【武雄温泉】名物風呂&グルメ!おすすめスポット!

【武雄温泉】名物風呂&グルメ!おすすめスポット!

【武雄温泉】名物風呂&グルメ!おすすめスポット!

by mapple

更新日:2018年12月21日

武雄温泉の日帰り入浴は、赤い楼門がシンボルの大衆浴場か宿の風呂を利用する。鍋島藩主やシーボルトが入った風呂や、工夫を凝らした宿の風呂でやわらかい泉質の湯を楽しもう。

武雄温泉Q&A

Q 温泉街までのACCESSは?
A
【電車の場合】佐賀駅からJR長崎本線・佐世保線特急で25分、武雄温泉駅下車 
【車の場合】長崎自動車道武雄北方ICから4km

Q どんな町並み?
A
朱塗りの楼門から「温泉入口」交差点までのおよそ300mの道沿いに、趣のある旅館が連なる。毎週日曜には温泉通りで朝市を開催していて、にぎわっている。

Q 名物は何?
A
武雄の味として人気なのが、やわらかな肉質の若楠ポーク。リラックスや集中力アップに効果があるレモングラスは、ハーブティーや料理、入浴剤などに使われている。

Q 観光の問い合わせは?
A
★武雄市観光課 0954-23-9237
★武雄市観光協会 0954-23-7766

【武雄温泉を楽しむポイント1】まずはお殿様が入ったあの名物風呂へ

武雄温泉大衆浴場

朱塗りの楼門が出迎える
竜宮城を思わせる天平式の楼門が入り口に建つ。鍋島藩武雄領主が入浴した「殿様湯」、重鎮の家臣が入ったという「家老湯」を含む5つの貸切風呂、2つの大浴場、宿泊施設に併設した「鷺乃湯」がある。

【入浴DATA】
元湯・蓬莱湯400円、鷺乃湯600円、殿様湯1室1時間3800円、家老湯1室1時間3000円、柄崎亭(貸切湯3室)1室1時間3400円
宿泊可/「武雄温泉 楼門亭」素泊まり4500円~
※殿様湯と家老湯は平日割引あり

武雄温泉大衆浴場

重厚感のある武雄温泉楼門

武雄温泉大衆浴場

元湯
明治9(1876)年の築造で、吹き抜けの高天井が印象的。早朝から地元客でにぎわう

武雄温泉大衆浴場
武雄温泉大衆浴場

新館
武雄温泉の歴史の展示や、みやげ店が入る

武雄温泉大衆浴場

殿様湯
江戸中期に造られた鍋島藩武雄領主の専用風呂。浴槽は総大理石で、個室の休憩室が付く

武雄温泉大衆浴場

鷺乃湯
「武雄温泉楼門亭」に併設。男女別の露天風呂、内風呂、サウナがある

武雄温泉大衆浴場

家老湯
殿様湯と同じ棟内にある。殿様湯と同じ時期に造られた。一部はマジョリカタイルで造られている

「武雄温泉 楼門・新館」は国の重要文化財

楼門と新館を手がけた辰野金吾は、日本銀行本店や東京駅を設計したことでも知られる佐賀県出身の建築家。楼門の高さは12.5mで、東西南北に方角を表す4つの干支がある。同時期に完成した東京駅は方角を8つの干支で表していて、これらを合わせると12支がそろう。

楼門干支見学(所要:約20分)
時間 9:00〜10:00(受付〜9:30) 
休み 火曜 
料金 400円(元湯入浴料込)

武雄温泉大衆浴場の詳細情報


住所
佐賀県武雄市武雄町武雄7425
交通
JR佐世保線武雄温泉駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
元湯・鷺乃湯は6:30~23:00(閉館24:00)、蓬莱湯は~20:30(閉館21:30)、貸切風呂は要問合せ
休業日
無休12月中旬は1回臨時休あり

【武雄温泉を楽しむポイント2】日曜日の朝は楼門朝市へ行こう!

毎週日曜日の午前7時から10時まで、温泉通りで開催している「楼門朝市」。地元の特産品が安く買えるほか、イベントなども行う。

【武雄温泉を楽しむポイント2】日曜日の朝は楼門朝市へ行こう!

武雄市内外からたくさんの人が訪れる

楼門朝市の詳細情報


住所
佐賀県武雄市武雄町武雄7425
交通
JR佐世保線武雄温泉駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
7:30~10:00(閉場)
休業日
月~土曜

【武雄温泉を楽しむポイント3】はずせない名物グルメをチェック!

筆者:mapple

この記事の出典元は「まっぷる佐賀 唐津・呼子・有田・伊万里」です。掲載した内容は、2016年12月~2017年5月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×