「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

 >  >  >  >  >  >  【嬉野温泉】日本三大美肌の湯!おすすめスポット!

【嬉野温泉】日本三大美肌の湯!おすすめスポット!

【嬉野温泉を楽しむポイント3】名物の「温泉湯豆腐」をいただきます

佐嘉平川屋 嬉野店

温泉湯豆腐から豆腐スイーツまで
おぼろ豆腐や豆腐スイーツなど、多彩な豆腐商品を販売する店舗の一角で食事ができる。嬉野店限定の温泉湯豆腐は、特製のポン酢やごまダレで。湯豆腐とごはんはおかわり自由。

佐嘉平川屋 嬉野店

豆腐を混ぜてつくった豆腐白玉

佐嘉平川屋 嬉野店

おぼろ豆腐付きの温泉湯豆腐定食(1350円)

佐嘉平川屋 嬉野店

住所
佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙1463
交通
JR佐世保線武雄温泉駅からJR九州バス嬉野温泉行きまたは彼杵行きで33分、嬉野温泉下車、徒歩8分(タクシーでは25分)
営業期間
通年
営業時間
10:00~17:00(L.O.)、販売は9:00~18:00
休業日
無休1月1~3日休

【嬉野温泉を楽しむポイント4】名産の嬉野茶を満喫しよう!

中島美香園

特選かぶせ茶をみやげに
嬉野温泉街の一角にある茶舗。「翠芳」は、4月中旬の新茶のはしりのころの若葉に、直射日光をさえぎる日覆いをして育てたかぶせ茶。濃厚な甘みがある。和柄のかわいいパッケージのお茶も、おみやげに人気。お茶の手作りジェラートも販売している。

中島美香園
中島美香園
中島美香園

甘みとこくが特徴的な「翠芳」

中島美香園

住所
佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙2199
交通
JR佐世保線武雄温泉駅からJR九州バス嬉野温泉行きまたは彼杵行きで33分、嬉野温泉下車、徒歩5分(タクシーでは26分)
営業期間
通年
営業時間
10:00~18:00(閉店)
休業日
第2・4水曜、5・12月は無休1月1日休

相川製茶舗

上質な嬉野茶や紅茶の数々
代々、茶園と茶販売を営む相川源太郎さんの店。釜炒り製玉緑茶、蒸し製玉緑茶など嬉野産の緑茶に加え、オリジナルの「うれしの紅茶」を販売。フレーバーティーなども人気が高い。

相川製茶舗

うれしの蒸しぐり茶、うれしのしょうが紅茶、うれしの紅茶は各1080円

相川製茶舗

住所
佐賀県嬉野市嬉野町下宿甲4002-1
交通
JR佐世保線武雄温泉駅からJR九州バス嬉野温泉行きまたは彼杵行きで25分、温泉四区下車すぐ(タクシーでは24分)
営業期間
通年
営業時間
9:00~19:00(閉店)、喫茶コーナーは~17:00(閉店)
休業日
不定休1月1日休

【番外編】

湯宿広場「足湯・足蒸し湯」

気軽に利用できる足休めスポット
嬉野温泉街のメインの通り沿いに湯宿広場があり、無料で利用できる足湯と足蒸し湯を設置している。円状に7つの席を設けた足蒸し湯では、隣の人との会話も楽しめる。

湯宿広場「足湯・足蒸し湯」
湯宿広場「足湯・足蒸し湯」

湯宿広場「足湯・足蒸し湯」

住所
佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙
交通
JR佐世保線武雄温泉駅からJR九州バス嬉野温泉行きまたは彼杵行きで33分、嬉野温泉下車、徒歩3分(タクシーでは26分)
営業期間
通年
営業時間
8:00~23:00(閉館)、足蒸し湯は9:00~20:00(閉館)
休業日
無休

「茶楽里」と「器楽里」

お茶の産地ならではのユニークな休憩所
「茶楽里」と「器楽里」は、茶壺や急須の形をした無料休憩所。いずれも嬉野温泉街から車ですぐの場所にあり、記念撮影におすすめ。

「茶楽里」と「器楽里」
筆者:mapple

この記事の出典元は「まっぷる佐賀 唐津・呼子・有田・伊万里」です。掲載した内容は、2016年12月~2017年5月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×