トップ > 全国 > 九州・沖縄 > 長崎・佐賀 > 伊万里・有田・武雄・嬉野 > 嬉野温泉

嬉野温泉

嬉野温泉のおすすめのスポット

ガイドブック編集部が厳選した嬉野温泉のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。特選かぶせ茶をみやげに「中島美香園」、美肌祈願の参拝者が足を運ぶ神社「豊玉姫神社」、茶の歴史や楽しみ方を知る「うれしの茶 交流館「チャオシル」」など情報満載。

嬉野温泉のおすすめのスポット

  • スポット:71 件
  • 記事:8 件

1~20 件を表示 / 全 71 件

嬉野温泉の魅力・見どころ

風土記にも記述の残る、佐賀を代表する名湯

和銅6(713)年編纂の『肥前国風土記』に、『東の辺りに湯の泉ありて能く人の病を癒す』と書かれた伝統あるいで湯。江戸時代には長崎街道の宿場町として栄え、藩の浴場は武士、町人を問わず、多くの入浴客でにぎわった。泉質は含食塩炭酸アルカリ泉で、入浴するとつるつるした肌触りになる。周辺は、『嬉野茶』の名で知られる茶の産地でもある。郊外の吉田地区は400年の伝統を誇る磁器・肥前吉田焼の里。現在もさまざまな意匠を凝らした作品が焼かれている。

中島美香園

特選かぶせ茶をみやげに

嬉野温泉街の一角にある茶舗。「翠芳」は、4月中旬の新茶のはしりのころの若葉に、直射日光をさえぎる日覆いをして育てたかぶせ茶。濃厚な甘みがある。和柄のかわいいパッケージのお茶も、おみやげに人気。お茶の手作りジェラートも販売している。

中島美香園
中島美香園

中島美香園

住所
佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙2199
交通
JR佐世保線武雄温泉駅からJR九州バス嬉野温泉行きまたは彼杵行きで33分、嬉野温泉下車、徒歩5分(タクシーでは26分)
料金
嬉野茶特選かぶせ茶翠芳=1620円(100g)/粉末緑茶=1080円(100g)/嬉野紅茶=540円(50g)/

豊玉姫神社

美肌祈願の参拝者が足を運ぶ神社

「美肌の湯」として知られる嬉野温泉に鎮座する美しい肌の女神。豊玉姫のつかいの「なまず様」は、古来より「肌の病」に効能ありとして湯治客の信仰を集め、現在も美肌を祈願する参拝者が絶えない。

豊玉姫神社
豊玉姫神社

豊玉姫神社

住所
佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙2231-2
交通
JR佐世保線武雄温泉駅からJR九州バス嬉野温泉行きまたは彼杵行きで33分、嬉野温泉下車すぐ(タクシーでは26分)
料金
情報なし

うれしの茶 交流館「チャオシル」

茶の歴史や楽しみ方を知る

嬉野茶について紹介する展示室のほか、茶の入れ方や温泉水を使った茶染めなどの体験コーナー、喫茶など、茶を通してさまざまな交流ができる施設。体験は事前の予約が必要。

うれしの茶 交流館「チャオシル」

うれしの茶 交流館「チャオシル」

住所
佐賀県嬉野市嬉野町岩屋川内乙2701-1
交通
JR佐世保線武雄温泉駅からJR九州バス彼杵行きで38分、大野原口下車、徒歩3分
料金
入館料=無料/お茶の淹れ方教室=300円/うれしの温泉茶染め体験=1500円/

cafe&shop KiHaKo「嬉箱」

老舗宿に併設の雑貨店&カフェ

「旅館 吉田屋」に併設。器コーナーにはスタイリッシュな有田焼や嬉野の肥前吉田焼などをセレクト。オリジナルの嬉野茶やクッキーなどかわいい食みやげも豊富にそろう。カフェのランチタイムは午前11時30分から午後2時。

cafe&shop KiHaKo「嬉箱」
cafe&shop KiHaKo「嬉箱」

cafe&shop KiHaKo「嬉箱」

住所
佐賀県嬉野市嬉野町岩屋川内甲382
交通
JR佐世保線武雄温泉駅からJR九州バス嬉野温泉行きまたは彼杵行きで33分、嬉野温泉下車、徒歩8分
料金
オリジナルフィナンシェのウレシカ茶を使った焼き菓子=918円~/(カード利用は3000円~)

宗庵よこ長

元祖の味を堪能する

「温泉湯どうふ」は、この店の先代が発案。温泉の成分が豆腐のニガリに作用してトロリとやわらかくなり、豆腐のこくとうまみが際立つ。テイクアウトや全国発送もできる。

宗庵よこ長
宗庵よこ長

宗庵よこ長

住所
佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙2190
交通
JR佐世保線武雄温泉駅からJR九州バス嬉野温泉行きまたは彼杵行きで33分、嬉野温泉下車、徒歩3分(タクシーでは26分)
料金
温泉湯どうふ=450円~/湯どうふ定食=850円/特選湯どうふ定食=1080円/

ハミルトン宇礼志野

イタリア料理がおいしいリゾートホテル

丘の上に建つ温泉リゾートホテル。名称の由来となったハミルトン夫人が住む英国貴族の邸宅をイメージしている。庭園にピラミッド形屋根の露天風呂がある。食事はイタリアン。

ハミルトン宇礼志野
ハミルトン宇礼志野

ハミルトン宇礼志野

住所
佐賀県嬉野市嬉野町岩屋川内288-1
交通
JR佐世保線武雄温泉駅からJR九州バス嬉野温泉行きまたは彼杵行きで33分、嬉野温泉下車、徒歩9分(送迎あり)(タクシーでは27分)
料金
1泊2食付=16740円~/外来入浴(8:00~12:30、14:00~18:00、貸切風呂は8:00~18:00、貸切風呂は要予約)=1350円(貸切風呂は別途50分2700円)/外来入浴食事付(12:00~13:30、個室休憩は~16:00、レストラン利用、要予約)=6264円~/(60歳以上の宿泊はシニア割のプランがある)

元祖忍者村 肥前夢街道

忍者の世界が体験できるテーマパーク

江戸時代の長崎街道の宿場町を再現したテーマパーク。侍、忍者、大道芸の南京玉すだれやガマの油売りなどが見られる。仕掛けがおもしろい忍者屋敷では、毎日忍者ショーと宝探し大会を開催。本格的な衣装に扮装して記念撮影をすることもできる。

元祖忍者村 肥前夢街道
元祖忍者村 肥前夢街道

元祖忍者村 肥前夢街道

住所
佐賀県嬉野市嬉野町下野甲716-1
交通
JR佐世保線武雄温泉駅からJR九州バス嬉野温泉行きまたは彼杵行きで33分、嬉野温泉下車、徒歩10分(タクシーでは26分)
料金
入園料(施設利用料別)=大人(中学生以上)1100円、小人(3歳~小学生)600円/回数券(アトラクション8ゲーム分)=1000円/忍者服レンタル=大人1300円、小人1000円/(70歳以上は入園料(修行手形付)1000円(証明書持参)、障がい者手帳持参で入園料(修行手形付)大人1000円、小人500円)

うれしのお茶ちゃ村

ソフトクリームなど茶葉製品がいろいろ

製茶卸業者が経営していて、嬉野茶、お茶の葉つくだに、抹茶ソフトクリームなど茶製品の品ぞろえが豊富。申し出れば、隣接する工場が見学できる。

うれしのお茶ちゃ村
うれしのお茶ちゃ村

うれしのお茶ちゃ村

住所
佐賀県嬉野市嬉野町岩屋川内乙3537
交通
JR佐世保線武雄温泉駅からJR九州バス彼杵行きで40分、平野道下車、徒歩3分(タクシーでは31分)
料金
工場見学=無料/抹茶ソフトクリーム=300円/水出し煎茶=1080円/釜いりカテキン茶=1080円/カテキン煎茶=1080円/

相川製茶舗

上質な嬉野茶や紅茶の数々

代々、茶園と茶販売を営む相川源太郎さんの店。釜炒り製玉緑茶、蒸し製玉緑茶など嬉野産の緑茶に加え、オリジナルの「うれしの紅茶」を販売。フレーバーティーなども人気が高い。

相川製茶舗
相川製茶舗

相川製茶舗

住所
佐賀県嬉野市嬉野町下宿甲4002-1
交通
JR佐世保線武雄温泉駅からJR九州バス嬉野温泉行きまたは彼杵行きで25分、温泉四区下車すぐ(タクシーでは24分)
料金
うれしの蒸しぐり茶(ハイカラトール缶)=1080円/うれしのしょうが紅茶(ハイカラトール缶)=1080円/うれしの紅茶(ハイカラトール缶)=1080円/うれしの紅茶=648円~(50g~)/うれしの紅茶セット(喫茶)=540円/うれしの緑茶セット(喫茶)=540円/(送料別)

嬉野温泉公衆浴場「シーボルトの湯」

大正ロマンのゴシック風な建物でオレンジ色のとんがり屋根が目印

嬉野温泉街の中心地を流れる塩田川沿いにある日帰り入浴施設。男女別の大浴場のほか、貸切風呂を5つそなえる。オレンジ色の屋根が目を引く外観はレトロな洋館ふう。出前形式で食事もできる。

嬉野温泉公衆浴場「シーボルトの湯」
嬉野温泉公衆浴場「シーボルトの湯」

嬉野温泉公衆浴場「シーボルトの湯」

住所
佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙818-2
交通
JR佐世保線武雄温泉駅からJR九州バス嬉野温泉行きで30分、嬉野温泉バスセンター下車、徒歩7分
料金
入浴料=大人420円、小学生210円、小学生未満無料(要保護者同伴)/貸切風呂(5名まで)=2100円(50分)/(70歳以上と障がい者大人は入浴料320円、障がい者小学生110円、回数券12枚綴大人4200円、小学生2100円)

椎葉山荘 しいばの湯

渓流沿いの露天風呂は爽快

嬉野温泉の湯宿、椎葉山荘に併設の温泉施設。露天風呂は男女とも一度に50人が入れる広々サイズ。椎葉川の渓流が間近に迫る景観は素晴らしい。湯はナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉で、とろりとした肌ざわり。

椎葉山荘 しいばの湯
椎葉山荘 しいばの湯

椎葉山荘 しいばの湯

住所
佐賀県嬉野市嬉野町岩屋川内椎葉乙1586
交通
JR佐世保線武雄温泉駅からJRバス嬉野温泉行きで30分、終点下車、タクシーで5分
料金
入浴料=大人1100円、小学生500円/

大正屋 椎葉山荘

木々の息づかいにふれながら、湯を楽しむ

温泉街から少し離れた山間に建つ宿。宿のそばを椎葉川が流れ、夏にはホタルの乱舞が見られる。風呂は解放感たっぷりの大浴場と野趣あふれる和風の露天風呂がある。

大正屋 椎葉山荘
大正屋 椎葉山荘

大正屋 椎葉山荘

住所
佐賀県嬉野市嬉野町岩屋川内椎葉
交通
JR佐世保線武雄温泉駅からタクシーで30分(送迎あり)
料金
1泊2食付=20670~29310円/外来入浴(9:00~20:00)=1100円/外来入浴食事付(18:00~19:30、レストラン利用、要予約)=6530円/

創業天保元年 旅館大村屋

掛け流しの湯を注ぐ4タイプの貸切風呂

創業170年を超える老舗旅館。江戸時代の書物『小春紀行』にも登場した由緒ある宿で、外観もどことなく江戸情緒が漂う。夕食は月に1回、献立が替わる京風会席。

創業天保元年 旅館大村屋
創業天保元年 旅館大村屋

創業天保元年 旅館大村屋

住所
佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙848
交通
JR佐世保線武雄温泉駅からJR九州バス嬉野温泉行きまたは彼杵行きで33分、嬉野温泉下車、徒歩5分(タクシーでは26分)
料金
1泊2食付=13210~37950円/外来入浴(15:00~21:00、貸切風呂は12:00~、不定休)=1000円(貸切風呂は2名50分3000円、追加1名につき1500円)/外来入浴食事付(11:30~15:30、不定休、個室利用、要予約)=5400円~(個室料別途5400円)/

肥前吉田焼窯元会館

肥前吉田焼を展示販売

400年以上の歴史をもつ肥前吉田焼。会館では7つの窯元の作品を展示販売するほか、絵付けや手びねり体験ができる。手びねり体験は予約制。

肥前吉田焼窯元会館
肥前吉田焼窯元会館

肥前吉田焼窯元会館

住所
佐賀県嬉野市嬉野町吉田丁4525-1
交通
JR長崎本線肥前鹿島駅から祐徳バス嬉野温泉行きで22分、上皿屋下車すぐ(タクシーでは19分)
料金
入館料=無料/絵付け体験=756円~/手びねり体験(要予約)=2268円(1名)/(体験は作品送料別)

旅館 吉田屋

「佐賀モダン」が宿のコンセプト

大人の隠れ家を思わせるモダンな宿。夕食は個室で懐石料理が味わえる。足湯バー、カフェ&ショップ、エステなどの施設が充実している。併設の「別邸をりから」の客室は、離れ形式。

旅館 吉田屋
旅館 吉田屋

旅館 吉田屋

住所
佐賀県嬉野市嬉野町岩屋川内甲379
交通
JR佐世保線武雄温泉駅からJR九州バス嬉野温泉行きまたは彼杵行きで33分、嬉野温泉下車、徒歩7分(送迎あり)(タクシーでは27分)
料金
1泊2食付=17430円~/外来入浴(15:30~22:00、土・日曜、祝日は10:30~、不定休)=1000円/外来入浴(土・日曜、祝日は10:30~15:00、貸切風呂は要問合せ、不定休、予約不可)=4000円(50分)/外来入浴食事付(17:30~23:30、不定休、個室利用、要予約、詳細は要問合せ)=5940円~/

温泉街道 輪来

嬉野の特産品を生かしたメニュー

嬉野市の名物である茶や温泉を生かし、オリジナルメニューを考案。地元の人や観光客が気軽に立ち寄れる休憩スポットとなっている。うれしの紅茶を使ったソフトクリームが評判。

温泉街道 輪来
温泉街道 輪来

温泉街道 輪来

住所
佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙915
交通
JR佐世保線武雄温泉駅からJR九州バス嬉野方面行きで33分、嬉野温泉下車、徒歩5分
料金
嬉野和紅茶ソフトクリーム=324円/嬉野紅茶あめ=378円/温泉街道もち=216円/未留来世紀=540円/

温泉食堂

「オム丼」の評判が高い

定食から麺類、丼物までメニューが豊富な食堂。和風だしで割ったオリジナルのタレとケチャップで味付けしたごはんに、ふわふわの卵をのせたオム丼は人気がある。

温泉食堂

温泉食堂

住所
佐賀県嬉野市嬉野町岩屋川内甲321
交通
JR佐世保線武雄温泉駅からJR九州バス嬉野温泉行きまたは彼杵行きで33分、嬉野温泉下車、徒歩5分(タクシーでは26分)
料金
温泉湯豆腐定食=1100円/地鶏の唐揚げ定食=1100円/しょうゆラーメン=600円/オム丼=800円/

茶心の宿 和楽園(日帰り入浴)

嬉野茶入りの露天風呂でリラックス

嬉野川沿いに建つ和風旅館。内風呂と露天風呂、貸切露天風呂があり、名物の茶をひたした露天茶風呂は人気がある。大浴場は小庭に設けられていて、四季の移ろいを楽しみながら入浴することができる。

茶心の宿 和楽園(日帰り入浴)

茶心の宿 和楽園(日帰り入浴)

住所
佐賀県嬉野市嬉野町下野甲33
交通
JR佐世保線武雄温泉駅からJR九州バス嬉野温泉行きまたは彼杵行きで33分、嬉野温泉下車、徒歩10分(送迎あり、タクシーでは26分)
料金
入浴料=1000円/貸切風呂(来館時要予約)=3500円(50分)/食事付入浴=5550円~/

嬉野温泉

北九州屈指の温泉街は『備前風土記』に登場する古来からの名湯

和銅6(713)年偏纂の『肥前風土記』に「東の辺りに湯の泉ありて能く人の病を癒す」と書かれた伝統の湯処。江戸時代には長崎街道の宿場町として栄え、今も九州北部随一の温泉地だ。

嬉野温泉
嬉野温泉

嬉野温泉

住所
佐賀県嬉野市嬉野町下宿ほか
交通
JR佐世保線武雄温泉駅からJR九州バス嬉野温泉行きまたは彼杵行きで33分、嬉野温泉下車、徒歩8分(タクシーでは25分)
料金
情報なし

佐嘉平川屋 嬉野店

温泉湯豆腐から豆腐スイーツまで

おぼろ豆腐や豆腐スイーツなど、多彩な豆腐商品を販売する店舗の一角で食事ができる。嬉野店限定の温泉湯豆腐は、特製のポン酢やごまダレで。湯豆腐とごはんはおかわり自由。

佐嘉平川屋 嬉野店
佐嘉平川屋 嬉野店

佐嘉平川屋 嬉野店

住所
佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙1463
交通
JR佐世保線武雄温泉駅からJR九州バス嬉野温泉行きまたは彼杵行きで33分、嬉野温泉下車、徒歩8分(タクシーでは25分)
料金
温泉湯豆腐定食=1350円/

ジャンルで絞り込む

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください