コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【嬉野】人気おすすめスポット!見る、食べる、買う!

【嬉野】人気おすすめスポット!見る、食べる、買う!

by mapple

更新日:2018年12月21日

武雄温泉と並ぶ九州屈指の温泉地。茶の産地としても有名で、香り高い嬉野茶はみやげにぴったり!

永寿寺 

不動明王の優品を所蔵する
慶長19(1614)年に鍋島茂教が建立した曹洞宗の寺院。不動堂には、藤原時代後期のものと推定される木彫りの不動明王と2体の童子像を安置。どちらも重要文化財。

重要文化財の不動明王と2体の童子像

肥前吉田焼窯元会館

肥前吉田焼を展示販売
400年以上の歴史をもつ肥前吉田焼。会館では10あまりの窯元の作品を展示販売するほか、絵付けや手びねり体験ができる。手びねり体験は予約制で一人2268円。

毎年4月上旬には陶器まつり、11月上旬には窯元市を開催

豊玉姫神社

美肌になりたい人必見の神社
嬉野温泉街にあり、春日大神、住吉大神、豊玉姫大神を祭神とする神社。境内の「なまず社」は、美肌の神様として広く親しまれている。白いナマズに願い水をかけて祈願すると肌が美しくなるといわれる。

豊玉姫が使役する白いナマズに美肌祈願

温泉食堂

「オム丼」の評判が高い
定食から麺類、丼物までメニューが豊富な食堂。和風だしで割ったオリジナルのタレとケチャップで味付けしたごはんに、ふわふわの卵をのせたオム丼は人気がある。

古民家ふうの店内で味わうオム丼

温泉街道 輪来

嬉野の特産品を生かしたメニュー
嬉野市の名物である茶や温泉を生かし、オリジナルメニューを考案。地元の人や観光客が気軽に立ち寄れる休憩スポットとなっている。うれしの紅茶を使ったソフトクリームが評判。

嬉野和紅茶ソフトクリーム(300円)と嬉野紅茶あめ(380円)

cafe&shop KiHaKo「嬉箱」

老舗宿に併設の雑貨店&カフェ
旅館 吉田屋に併設。器コーナーにはスタイリッシュな有田焼や嬉野の肥前吉田焼などをセレクト。オリジナルの嬉野茶やクッキーなどかわいい食みやげも豊富にそろう。

 白で統一された雑貨スペース

御歌屋菓子舗

名前がユニークなオリジナルの菓子
嬉野温泉街に店を構える菓子舗。店内の工房でつくるオリジナル商品には、抹茶飴が入った「しあわせ万十」など嬉野茶を使ったものが多い。商品のネーミングもユニーク。

豆乳の風味がほのかに残る「BI・HA・DAチーズケーキ」(550円)

うれしのお茶ちゃ村

ソフトクリームなど茶葉製品がいろいろ
製茶卸業者が経営していて、嬉野茶、お茶の葉つくだに、抹茶ソフトクリームなど茶製品の品ぞろえが豊富。申し出れば、隣接する工場が見学できる。

工場の見学と買い物が楽しめる

[こちらも注目!]元祖忍者村 肥前夢街道

忍者の世界が体験できるテーマパーク
江戸時代の長崎街道の宿場町を再現したテーマパーク。侍、忍者、大道芸の南京玉すだれやガマの油売りなどが見られる。仕掛けがおもしろい忍者屋敷では、毎日忍者ショーと宝探し大会を開催。本格的な衣装に扮装して記念撮影をすることもでき、料金は1000円から。

関所をくぐると、そこは江戸時代の雰囲気

大道芸の「陣中膏ガマの油売り」の実演シーン

筆者:mapple

まっぷる佐賀 唐津・呼子・有田・伊万里

発売日:2017年07月21日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる佐賀 唐津・呼子・有田・伊万里」です。掲載した内容は、2016年12月~2017年5月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×