トップ > 全国 > 東海・北陸 > 伊勢志摩・三重 > 尾鷲・熊野 > 熊野・七里御浜

熊野・新宮のサンマ寿司

サンマの香ばしさが口の中に広がる

熊野灘でとれる身の引き締まった脂の少ないサンマを使用して、ユズ・ダイダイ酢などに漬けるため、あっさりした味わい。祝い事や祭りの席など人が集まる時には欠かすことのできない郷土料理。

熊野・新宮のサンマ寿司

喜楽(キラク)

熊野駅前の熊野の味が楽しめる老舗食堂

もともと家庭料理だったさんま寿司を店で販売するようになった元祖。仕込みにまる2日かけた昔ながらのさんま寿司が味わえる。

喜楽

住所
三重県熊野市井戸町653-14
交通
JR紀勢本線熊野市駅からすぐ
料金
さんま寿司(1本)=490円/めはり寿司(5個)=490円/

磯甚(イソジン)

地の食材を使う味わい深いサンマ寿司

国道42号沿い、清滝近くの郷土料理の店。熊野で揚がるスリムなサンマを使ったさんま寿司や柿の葉に包まれたさば寿司、めはりずしなど郷土料理が豊富。持ち帰りもできる。

磯甚

磯甚

住所
三重県熊野市大泊町280-3
交通
JR紀勢本線大泊駅から徒歩10分
料金
めはり定食=980円/さんま寿司定食(ミニうどん付き)=1020円/さば寿司定食(ミニうどん付き)=1020円/かつ丼=700円/

道の駅 熊野・花の窟(ミチノエキクマノハナノイワヤ)

熊野古道めぐりの拠点。古代米グルメも味わえる

世界遺産「熊野古道」の「花の窟」を初めとする観光案内及び観光情報の拠点として、花の窟神社に隣接するお綱茶屋が道の駅に。古代米(イザナミ米)を使ったうどんやおにぎりが味わえる。

道の駅 熊野・花の窟

住所
三重県熊野市有馬町137
交通
熊野尾鷲道路熊野大泊ICから国道42号を新宮方面へ車で4km
料金
施設により異なる

東宝茶屋(トウホウヂャヤ)

昔ながらの味を今に伝える

熊野地方を代表する郷土の味、さんま寿司を昔ながらの手法で作る。1年以上塩漬けにしたさんまを使ったさんま馴れ鮓に、30年ものの本馴れ鮓もある。

東宝茶屋

東宝茶屋

住所
和歌山県新宮市横町2丁目2-12
交通
JRきのくに線新宮駅から徒歩10分
料金
さんま姿鮨(1本)=650円/本馴れ鮓(30年もの)=1620円/さんま馴れ鮓=1080円/くじら盛り合わせ=3200円/

まぐろ三昧 那智~Nachi~(マグロザンマイナチ)

種類豊富な創作料理が楽しめる

漁港近くならではの生マグロや熊野牛を使った創作料理、珍味の鯨のさえずり(舌)などを手ごろな値段で提供する。なかでも「刺身盛り合わせ(数量限定)」はいちばん人気のメニューだ。

まぐろ三昧 那智~Nachi~

まぐろ三昧 那智~Nachi~

住所
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町築地2丁目3-10
交通
JRきのくに線紀伊勝浦駅から徒歩3分
料金
まぐろユッケ丼=1380円/刺身盛り合わせ(数量限定)=1280円/生麺スパゲッティのトマトソース=1080円/まぐろづくし定食=1880円/まぐろのユーリンチー=880円/

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください