トップ > 全国 > 東北 > 北東北 > 秋田・男鹿 > 男鹿半島

男鹿半島

男鹿半島のおすすめのスポット

ガイドブック編集部が厳選した男鹿半島のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。堆積土砂により誕生。今は湖の約5分の1が淡水の調整池となる「八郎潟調整池」、高さ12mと15mの2体の巨大まはげ像が目印で観光案内も充実「男鹿総合観光案内所」、男鹿半島西海岸の絶景スポットにたたずむ眺望自慢の温泉地「金ヶ崎温泉」など情報満載。

  • スポット:96 件
  • 記事:7 件

41~60 件を表示 / 全 96 件

男鹿半島の魅力・見どころ

なまはげとホッキョクグマに対面し、石焼料理を食べる

刃物を持って大声で叫びながら家々を回るなまはげは、男鹿を代表する行事で、国の重要無形民俗文化財。名物の石焼料理は、魚介と熱々に熱した石を杉製の桶に入れて煮る豪快な郷土料理だ。観光スポットとしては、緑の芝生に覆われた寒風山や男鹿半島最北端の岬・入道崎、ホッキョクグマが人気の「男鹿水族館GAO」が知られている。八郎潟の干拓で誕生した大潟村には広大な水田地帯が広がり、秋から冬は渡り鳥の越冬地になる。

八郎潟調整池

堆積土砂により誕生。今は湖の約5分の1が淡水の調整池となる

雄物川と米代川の堆積土砂によって誕生した八郎潟。現在は湖の約5分の1が淡水の調整池となっているが、水田地帯や寒風山を望む景色は、今も昔も変らない美しさ。

八郎潟調整池

八郎潟調整池

住所
秋田県南秋田郡八郎潟町八郎潟
交通
JR奥羽本線八郎潟駅から秋田中央交通大潟行きバスで5分、大潟橋下車すぐ
料金
情報なし

男鹿総合観光案内所

高さ12mと15mの2体の巨大まはげ像が目印で観光案内も充実

国道101号線沿いにある観光案内所では、高さ15mと12mのなまはげ像2体が立っている。館内には、観光案内のほか喫茶コーナーもあるので、半島ドライブの途中で寄ってみよう。

男鹿総合観光案内所

男鹿総合観光案内所

住所
秋田県男鹿市船越一向207-219
交通
JR男鹿線船越駅からタクシーで5分
料金
無料

金ヶ崎温泉

男鹿半島西海岸の絶景スポットにたたずむ眺望自慢の温泉地

男性的な荒々しさを見せる海岸線と日本海に沈む夕陽が美しい、男鹿西海岸の断崖の上に眺望抜群の男鹿桜島リゾートHOTELきららかが一軒建つ。

金ヶ崎温泉
金ヶ崎温泉

金ヶ崎温泉

住所
秋田県男鹿市戸賀加茂青砂中台1-466
交通
JR男鹿線男鹿駅から秋田中央交通門前行きバスで40分、終点下車、タクシーで10分
料金
情報なし

松竹

お勧めはだまこ鍋。ご飯をすりつぶして丸めたご当地名物

寒い季節にピッタリのだまこ鍋が人気。「だまこ」とは、ごはんをすりつぶして丸めた、きりたんぽの元祖とされるご当地名物。

松竹
松竹

松竹

住所
秋田県南秋田郡五城目町下タ町43-2
交通
JR奥羽本線八郎潟駅から秋田中央交通五城目バスターミナル行きバスで10分、終点下車すぐ
料金
だまこ鍋=1750円/ミニ懐石=3000円~/麺類各種=525円~/

みさき会館

生ウニづくしに仰天。とろける甘さの贅沢丼

海の幸を豪快にあしらった丼や定食のほか、UFOラーメンといったユニークメニューも話題。特製うに丼はご飯を覆ってしまうほど、甘くてとろける生ウニがたっぷりとのっている人気の一品。

みさき会館

住所
秋田県男鹿市北浦入道崎昆布浦2-1
交通
JR男鹿線羽立駅から秋田中央交通湯本駐在所前行きバスで43分、終点で男鹿市単独運行バス入道崎行き(一部予約制)に乗り換えて10分、終点下車すぐ

男鹿温泉 結いの宿 別邸つばき(日帰り入浴)

男鹿の山海の幸が楽しめる、しずか美人のオーベルジュ

男鹿で唯一2つの源泉をもち、内湯と露天風呂で別々の温泉が楽しめる。男性露天風呂は男鹿の海風を感じながら、女性露天風呂は季節の草花に囲まれた庭園風。男鹿近海の新鮮な海の幸、季節の山の恵みを使用した郷土料理も好評。

男鹿温泉 結いの宿 別邸つばき(日帰り入浴)
男鹿温泉 結いの宿 別邸つばき(日帰り入浴)

男鹿温泉 結いの宿 別邸つばき(日帰り入浴)

住所
秋田県男鹿市北浦湯本中里81
交通
JR男鹿線羽立駅から秋田中央交通男鹿温泉方面行きバスで41分、男鹿グランドホテル下車すぐ
料金
入浴料=大人750円、小人430円/ (フェイスタオル110円、バスタオル220円)

お食事処 海鮮屋

丼ものや定食メニューが豊富

新鮮な海の幸や加工品を扱う「男鹿海鮮市場」内にある。ぼたんえびやうになどを贅沢にのせた海宝丼がおすすめ。

お食事処 海鮮屋

お食事処 海鮮屋

住所
秋田県男鹿市船川港船川海岸通り2-9-10
交通
JR男鹿線男鹿駅からタクシーで5分
料金
海宝丼=2980円/

船川港

男鹿半島の水揚げ量の3分の1近くを占める

カニやタラなどを中心に、男鹿半島の漁港に水揚げされる魚介類の約3分の1近くの量を、この港が占めている。石油備蓄基地としての顔も持っている。

船川港

船川港

住所
秋田県男鹿市船川港船川
交通
JR男鹿線男鹿駅から徒歩5分
料金
情報なし

お食事処 島の家

しょっつるをスープに加えた一品

温泉街にあるラーメン店。おすすめのラーメンには自家製チャーシューとじゅんさいが入り、さらにトッピングに磯の香りがする岩海苔か、粘りと食感のよいクロモを選べる。

お食事処 島の家

住所
秋田県男鹿市北浦湯本草木原51-4
交通
JR男鹿線羽立駅から秋田中央交通男鹿温泉方面行きバスで40分、観光ホテル下車すぐ
料金
ラーメン=700円/ラーメン定食=950円/稲庭うどん=900円/焼もちラーメン=900円/しょっつるラーメン=900円/

男鹿遊覧透視船

北の沖に浮かぶ島をめぐる。釣り体験も可能

入道崎の突端から出航し、北の沖に浮かぶ島をめぐる。グラスボートの船底に取り付けられたガラス窓から、美しく複雑な海中の風景を眺めることができる。状況により釣り体験も可能。

男鹿遊覧透視船

男鹿遊覧透視船

住所
秋田県男鹿市北浦入道崎
交通
JR男鹿線羽立駅から秋田中央交通湯本駐在所前行きバスで43分、終点で男鹿市単独運行バス入道崎行き(一部予約制)に乗り換えて10分、終点下車、徒歩8分
料金
大人1100円、小人550円 (5月5日は小人無料、団体15名以上は1割引)

大棧橋

長い年月を経て突出した岩がえぐられて出来た天然の橋

海に突出した岩が波にくり抜かれてできた、巨大な天然の橋。遊覧船に乗ればその下をくぐることもできる。白糸の滝にも近い、男鹿西海岸遊覧のハイライトスポットだ。

大棧橋

大棧橋

住所
秋田県男鹿市南磯海岸
交通
JR男鹿線羽立駅から秋田中央交通男鹿温泉方面行きバスで45分、男鹿温泉下車、タクシーで30分
料金
情報なし

じゅんさいの館

生産量日本一を誇る「じゅんさい」や地元農産物の直売所

生産量日本一を誇る、郷土食「じゅんさい」を販売。じゅんさいとはスイレン科の多年草の若芽で、ゼリー状の粘膜に包まれている。三杯酢でそのまま食べてもおいしい。

じゅんさいの館

住所
秋田県山本郡三種町森岳東二ツ森97
交通
JR奥羽本線鹿渡駅から秋北バス能代方面行きで10分、二ツ森入口下車すぐ
料金
生じゅんさい(5~8月)=時価/

森岳温泉

日本一のしょっぱい温泉を堪能しよう

泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物泉で、日本一しょっぱい温泉と言われている。ホテル森山館では料理に森岳の名産品、じゅん菜料理が並ぶ。

森岳温泉

住所
秋田県山本郡三種町森岳木戸沢115
交通
JR奥羽本線森岳駅からタクシーで7分
料金
情報なし

戸賀温泉

日本海を一望する場所に建つ宿。近くには新男鹿水族館がある

戸賀湾を見下ろす小高い丘に位置し、日本海を望むロケーション。和風旅館の「海と入り湯の宿帝水」が一軒建ち、徒歩5分の場所には新男鹿水族館GAOがある。

戸賀温泉
戸賀温泉

戸賀温泉

住所
秋田県男鹿市戸賀塩浜壺ヶ沢31
交通
JR男鹿線羽立駅から秋田中央交通湯本駐在所前行きバスで43分、終点で男鹿市単独運行バス加茂行き(一部予約制)に乗り換えて15分、男鹿水族館下車すぐ
料金
情報なし

八郎湖サービスエリア(下り)

干拓された「八郎潟」を見渡すことができる

秋田自動車道下り線、五城目八郎潟インターと琴丘森岳インターの間にあるサービスエリア。レストランなどはなく、トイレと自動販売機があるのみだが、広い緑地がある。干拓された「八郎潟」を見渡すことができるので、景色を眺めながら散歩を楽しめる。

八郎湖サービスエリア(下り)

住所
秋田県山本郡三種町鯉川堂ノ下72-4
交通
秋田自動車道五城目八郎潟ICから琴丘森岳IC方面へ車で7km
料金
情報なし

入道埼灯台

白と黒のボーダーが特徴の灯台。日本の灯台50選にも数えられる

男鹿半島入道埼の突端にランドマーク的存在の灯台。日本海を望む景勝地に建つ白と黒のボーダーが印象的な姿は日本の灯台50選にも選ばれている。

入道埼灯台

入道埼灯台

住所
秋田県男鹿市北浦入道崎昆布浦2-14
交通
JR男鹿線羽立駅から秋田中央交通湯本駐在所前行きバスで43分、終点で男鹿市単独運行バス入道崎行き(一部予約制)に乗り換えて10分、終点下車すぐ
料金
中学生以上200円

南の池入植記念公園・キャンプ場

花々が美しい公園

春には桜やツツジ、夏にはハスの花が楽しめる。施設はシンプルだが、広い公園は平坦できれいな芝生地なのでどこにでもテントが張れる。事前に届出が必要。

南の池入植記念公園・キャンプ場

住所
秋田県南秋田郡大潟村南2丁目17
交通
秋田自動車道琴丘森岳ICから県道37号を大潟村方面へ出て、鹿渡交差点で県道54号へ直進。つきあたりを県道42号を左折し現地へ。琴丘森岳ICから14km
料金
サイト使用料=無料/

男鹿観光ホテル(日帰り入浴)

眺望が楽しめる大浴場と四季を感じる露天風呂の樹海の湯が人気

雄大な見晴らしが広がる最上階8階の展望大浴場「満天の湯」は、海原と樹海のコントラストが見事だ。四季さまざまの装いを魅せる庭園を目の前にした露天風呂付大浴場「樹海の湯」もある。

男鹿観光ホテル(日帰り入浴)
男鹿観光ホテル(日帰り入浴)

男鹿観光ホテル(日帰り入浴)

住所
秋田県男鹿市北浦湯本草木原21
交通
JR男鹿線男鹿駅から秋田中央交通男鹿温泉方面行きバスで45分、温泉中央下車すぐ
料金
入浴料=大人700円、小学生350円/

若美かんぼの里コテージ村

県内有数の海水浴場に隣接したリゾートエリア

隣接してある夕陽温泉WAOが管理棟を兼ねる。コテージは4人用と6人用があり、木立に囲まれている。場内から歩いて数分の所には宮沢海水浴場があり、夏は利用者で賑わう。

若美かんぼの里コテージ村
若美かんぼの里コテージ村

若美かんぼの里コテージ村

住所
秋田県男鹿市野石大場沢下1-17
交通
秋田自動車道琴丘森岳ICから県道54号で男鹿方面へ。西部承水路を越えて右折し、一般道を宮沢浜方面へ向かって現地へ。琴丘森岳ICから18km
料金
宿泊施設=コテージ4人用11000円、6人用16500円、日帰り利用(4時間単位)は4人用4400円、6人用6600円/

男鹿桜島リゾートHOTEL きららか(日帰り入浴)

陽の光でキラキラ輝く海を望む

男鹿半島西海岸に建つ眺望自慢の宿。日本海に沈む夕陽を眺められる男女別の露天風呂がある。ガラス張りの展望レストランからの眺望も抜群。

男鹿桜島リゾートHOTEL きららか(日帰り入浴)

男鹿桜島リゾートHOTEL きららか(日帰り入浴)

住所
秋田県男鹿市戸賀加茂青砂中台1-466
交通
JR男鹿線男鹿駅から秋田中央交通門前行きバスで40分、終点下車、タクシーで10分(男鹿駅から送迎あり、予約制)
料金
入浴料=大人700円、小学生400円/食事付入浴(要予約)=4320円~/

ジャンルで絞り込む

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください