トップ > 全国 > 東北 > 北東北 > 秋田・男鹿 > 男鹿半島

男鹿半島

男鹿半島のおすすめのスポット

ガイドブック編集部が厳選した男鹿半島のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。1周約30kmのスポーツ専用道路で自転車レースなどに使われる「大潟村ソーラースポーツライン」、海から望む断崖絶壁「男鹿海上遊覧船」、海水浴も温泉も歩いていける「宮沢海岸オートキャンプ場キャンパルわかみ」など情報満載。

  • スポット:96 件
  • 記事:7 件

61~80 件を表示 / 全 96 件

男鹿半島の魅力・見どころ

なまはげとホッキョクグマに対面し、石焼料理を食べる

刃物を持って大声で叫びながら家々を回るなまはげは、男鹿を代表する行事で、国の重要無形民俗文化財。名物の石焼料理は、魚介と熱々に熱した石を杉製の桶に入れて煮る豪快な郷土料理だ。観光スポットとしては、緑の芝生に覆われた寒風山や男鹿半島最北端の岬・入道崎、ホッキョクグマが人気の「男鹿水族館GAO」が知られている。八郎潟の干拓で誕生した大潟村には広大な水田地帯が広がり、秋から冬は渡り鳥の越冬地になる。

大潟村ソーラースポーツライン

1周約30kmのスポーツ専用道路で自転車レースなどに使われる

主に大会などに使われる1周約30kmのスポーツ専用道路だが、一般の使用も可能。通常の道路では開催が難しいソーラーカーレースや自転車のロードレースなどが行われる。

大潟村ソーラースポーツライン
大潟村ソーラースポーツライン

大潟村ソーラースポーツライン

住所
秋田県南秋田郡大潟村方上61-16
交通
JR男鹿線船越駅からタクシーで10分
料金
利用料=100円(4時間)、200円(8時間)/貸切利用料=30000円(4時間)、60000円(8時間)/

男鹿海上遊覧船

海から望む断崖絶壁

男鹿西海岸に広がる絶景を海上から眺める遊覧船。波が静かであれば、大棧橋や孔雀の窟の断崖美を満喫できる。

男鹿海上遊覧船

男鹿海上遊覧船

住所
秋田県男鹿市戸賀塩浜壺ヶ沢92
交通
JR男鹿線羽立駅から秋田中央交通湯本駐在所前行きバスで43分、終点で男鹿市単独運行バス加茂行き(一部予約制)に乗り換えて15分、男鹿水族館下車すぐ
料金
乗船料(Cコース60分)=大人3000円、小学生1500円/水中観光船(Aコース30分)=大人1000円、小人500円/

宮沢海岸オートキャンプ場キャンパルわかみ

海水浴も温泉も歩いていける

宮沢海水浴場に隣接。オートサイトは芝生サイトとデッキサイトの2タイプで、ほかにキャンピングカーサイトとテント専用サイトがある。隣接の温泉施設では潮の香り漂う露天風呂が人気。

宮沢海岸オートキャンプ場キャンパルわかみ

宮沢海岸オートキャンプ場キャンパルわかみ

住所
秋田県男鹿市野石大場沢下1-78
交通
秋田自動車道昭和男鹿半島ICから国道101号で男鹿半島方面へ。船越交差点で県道42号を右折して大潟村へ進み、干拓博物館前で県道54号へ左折、宮沢海岸へ進み現地へ。昭和男鹿半島ICから30km
料金
入場料=大人400円、小・中学生200円/サイト使用料=オート1区画4180~4690円、AC電源付き1区画4690~6320円、テント専用1張り2140円/

直線道路

干拓によってできた碁盤の目のような整備された道路

昭和32(1957)年に干拓によってできた大潟の道は、きれいに碁盤目状に整備され、長い直線道路が延びている。広々とした田園の中、快適なドライブができる。

直線道路

直線道路

住所
秋田県南秋田郡大潟村村内
交通
秋田自動車道五城目八郎潟ICから県道15・298号を大潟村方面へ車で20km
料金
情報なし

お食事処 さくら亭

桜をイメージしたピンク色の看板が目印

50年以上の歴史を持つ畜産会社が経営する食事処。国産だけにこだわった馬肉と牛肉のメニューがメインで、ステーキやハンバーグ、焼肉のほか、馬刺しも絶大な人気がある。

お食事処 さくら亭
お食事処 さくら亭

お食事処 さくら亭

住所
秋田県能代市浅内鵜川堺1-4
交通
秋田自動車道八竜ICから国道7号を能代方面へ車で1km
料金
三種じゅんさい丼=880円/

男鹿ホテル

男鹿ホテル

住所
秋田県男鹿市北浦湯本草木原13-1

滑多羅温泉

400年以の歴史を持ち「美人の湯」として有名

国道285号の道路脇にある。鶴の発見伝説を持つは400年以上の古い歴史がある。浴用加熱した19.5度の含食塩重曹泉は“美人の湯”として知られる。美肌効果の他、飲用もできる。

滑多羅温泉

住所
秋田県南秋田郡五城目町富津内中津又川堤94-1
交通
JR奥羽本線八郎潟駅から秋田中央交通五城目バスターミナル行きバスで10分、終点で滑多羅温泉行きバスに乗り換えて25分、終点下車すぐ
料金
情報なし

寒風山パノラマライン

男鹿半島全体を見渡すパノラマの絶景

標高355mの寒風山は、標高的にはさほど高くはないが、周囲には視界をさえぎるものがなく、半島随一の絶景が楽しめる。入道崎から向かう場合、少しずつ標高を上げながら県道を進んでいくと、道の両側はやがて草原となり、大小の噴火口などが見えてくる。

寒風山パノラマライン

住所
秋田県男鹿市脇本富永~男鹿中滝川
交通
秋田自動車道昭和男鹿半島ICから国道101号、県道54号を男鹿半島方面へ車で18km
料金
無料

寒風山回転展望台

360度のパノラマビュー。八郎潟から鳥海山までの絶景がつづく

寒風山の頂上に立つ展望台は、日本でも珍しい回転式。4階の最上部が13分で一回転し、イスに座ったまま男鹿周辺の大パノラマが楽しめる仕組みになっている。

寒風山回転展望台
寒風山回転展望台

寒風山回転展望台

住所
秋田県男鹿市脇本富永寒風山62
交通
JR男鹿線脇本駅からタクシーで15分
料金
大人540円、小・中・高校生270円

大潟村干拓博物館

八郎潟干拓の歴史が学べる

干拓前の八郎潟は国内で琵琶湖に次いで2番目の広さを誇っていた。長い年月を経て実現した八郎潟干拓の歴史や、開拓した入植者たちの苦労などをわかりやすく紹介している。

大潟村干拓博物館

大潟村干拓博物館

住所
秋田県南秋田郡大潟村西5丁目2
交通
JR奥羽本線八郎潟駅から秋田中央交通大潟行きバスで30分、大潟村役場前下車、徒歩10分
料金
大人300円、高校生以下100円 (団体15名以上は大人250円、高校生以下50円、障がい者手帳持参で入館無料)

三種町琴丘体験学習物産館サンバリオ

土笛づくりや押し花などの体験が出来る。レストランも併設

数々の縄文遺跡が点在する三種町琴丘地区ならではの施設。ここでは土笛づくりや、押し花など、さまざまな体験ができる。ほかにレストランや観光案内も兼ねている。

三種町琴丘体験学習物産館サンバリオ

三種町琴丘体験学習物産館サンバリオ

住所
秋田県山本郡三種町鹿渡高石野126-1
交通
JR奥羽本線鹿渡駅からタクシーで5分
料金
入館料=無料/土笛づくり=400円~/

亀寿司食堂

獲れたての旬の魚介を満喫

北浦漁港で水揚げされた新鮮な魚介類が自慢。夏は岩がき、さざえなど、冬はタラ、ハタハタ、あんこうなどの定食が食べられる。旅館も併設しており、毎日替わる料理を泊まりでゆっくり満喫できる。

亀寿司食堂

亀寿司食堂

住所
秋田県男鹿市北浦北浦栄町4-3
交通
JR男鹿線羽立駅から秋田中央交通男鹿温泉方面行きバスで30分、北浦下車すぐ
料金
刺身定食=2300円/上ちらし=2000円/おまかせ寿司付コース=3000円/

「潟の詩」陶板壁画レリーフ

信楽焼の陶板で八郎潟の干拓前のうたせ舟などが表現されている

八郎潟駅前にある縦3m、横20mの大きな壁画。干拓前の八郎潟を帆走するうたせ舟などが、ダイナミックに信楽焼の陶板1726枚で表現されている。

「潟の詩」陶板壁画レリーフ

「潟の詩」陶板壁画レリーフ

住所
秋田県南秋田郡八郎潟町八郎潟駅前
交通
JR奥羽本線八郎潟駅からすぐ
料金
情報なし

男鹿ホテル(日帰り入浴)

自家源泉の湯が自慢

男鹿温泉郷の中でも最大級の湯量を誇り、独自の源泉を持つため、露天風呂も内湯も全て掛け流し。広さたっぷりの露天風呂からは日本海を遠望することもでき、爽快そのもの。

男鹿ホテル(日帰り入浴)
男鹿ホテル(日帰り入浴)

男鹿ホテル(日帰り入浴)

住所
秋田県男鹿市北浦湯本草木原13-1
交通
JR男鹿線男鹿駅から秋田中央交通男鹿温泉方面行きバスで45分、温泉中央下車すぐ
料金
入浴料=大人700円、小人350円/

ホテルサンルーラル大潟

八郎潟干拓地にたたずむホテル

田園風景が広がる八郎潟干拓地に建つハイセンスなホテル。客室は和室、洋室、セミスイートなどの4タイプ。食事は1階と8階にあるレストランで。最上階には展望大浴場がある。

ホテルサンルーラル大潟
ホテルサンルーラル大潟

ホテルサンルーラル大潟

住所
秋田県南秋田郡大潟村北1丁目3
交通
JR奥羽本線八郎潟駅から大潟村マイタウンバスホテルサンルーラル大潟前行きで30分、終点下車すぐ(八郎潟駅から送迎あり、予約制)
料金
1泊2食付=10950~17430円/

五城目町森林資料館(五城目城)

五城目城内にある資料館。木工芸品や森林の歴史を紹介する

五城目町の中心部からほど近い、前平山の山頂にある、ひときわ目を引く天守閣。白壁と瓦葺きの4重の城の館内は森林資料館で、森林の歴史や木工芸品が紹介されている。

五城目町森林資料館(五城目城)

五城目町森林資料館(五城目城)

住所
秋田県南秋田郡五城目町兎品沢62-2
交通
JR奥羽本線八郎潟駅から秋田中央交通五城目バスターミナル行きバスで10分、終点下車、タクシーで10分
料金
無料

宮沢海水浴場

若者からファミリーまで人気の穏やかなビーチ

長く続く砂浜と遠浅の海でファミリーや若者から人気。「日本の水浴場88選」、「快水浴場百選」に選ばれている。近くにはオートキャンプ場や温泉、コテージもある。夕日の絶景ポイントとして知られている。

宮沢海水浴場

宮沢海水浴場

住所
秋田県男鹿市野石大場沢下
交通
JR男鹿線船越駅から男鹿市単独運行バス潟西北部線下五明光行きで40分、宮沢海岸入口下車、徒歩15分
料金
情報なし

男鹿のナマハゲ

1年の節目にやってくる来訪神

大晦日の晩、男鹿地方の家々を回ることで知られるナマハゲ。縮れた毛に耳まで裂けた口、手には出刃包丁という恐ろしい姿は迫力満点だ。昭和53(1978)年に国の重要無形民俗文化財に指定されている。

男鹿のナマハゲ

住所
秋田県男鹿市市内各所
交通
JR男鹿線男鹿駅からすぐ

史跡 脇本城跡

秋田地方の豪族だった安東家の居城跡。有数の規模を誇る広さ

戦国時代に秋田地方を支配していた安東家の居城跡。東北でも有数の規模を誇る広さで、かつての繁栄ぶりがしのばれる。小高い丘の頂上から見下ろす日本海の眺めも爽快。

史跡 脇本城跡

史跡 脇本城跡

住所
秋田県男鹿市脇本
交通
JR男鹿線脇本駅からタクシーで5分
料金
情報なし

戸賀湾

無数の奇岩と小島が散在する名勝地。近くに海水浴場や水族館あり

男鹿水族館の北に広がる半円形の湾は、無数の奇岩と小島が点在する景勝地。波は比較的穏やかで、海水浴場もある。湾内にある杉の木の漁舟は重要文化財指定。

戸賀湾
戸賀湾

戸賀湾

住所
秋田県男鹿市戸賀
交通
JR男鹿線羽立駅から秋田中央交通男鹿温泉方面行きバスで45分、男鹿温泉下車、タクシーで10分
料金
情報なし

ジャンルで絞り込む

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください