トップ > 全国 x 神社(稲荷・権現) > 九州・沖縄 x 神社(稲荷・権現) > 福岡・北九州 x 神社(稲荷・権現) > 北九州・筑豊 x 神社(稲荷・権現)

北九州・筑豊 x 神社(稲荷・権現)

北九州・筑豊のおすすめの神社(稲荷・権現)スポット

北九州・筑豊のおすすめの神社(稲荷・権現)スポットをご紹介します。細川忠興が創建。石造鳥居と石造灯籠は県の重要文化財「八坂神社」、流鏑馬や獅子舞が行われる放生会御神幸祭は室町時代から続く神事「綱分八幡宮」、かつて修験の山として栄えた霊山。春は新緑、秋は紅葉が美しい「英彦山神宮」など情報満載。

  • スポット:10 件
  • 記事:1 件

北九州・筑豊のおすすめエリア

1~20 件を表示 / 全 10 件

北九州・筑豊のおすすめの神社(稲荷・権現)スポット

八坂神社

細川忠興が創建。石造鳥居と石造灯籠は県の重要文化財

元和3(1617)年、細川忠興が小倉城の鎮守として城郭北西の鋳物師町に創建。昭和9(1934)年に現在地へ遷座した。境内の石造鳥居と二基の石造灯籠は、県の重要文化財。

八坂神社

八坂神社

住所
福岡県北九州市小倉北区城内2-2
交通
JR鹿児島本線西小倉駅から徒歩5分
料金
祈願料=8000円~/

綱分八幡宮

流鏑馬や獅子舞が行われる放生会御神幸祭は室町時代から続く神事

福岡県の無形民俗文化財である放生会御神幸祭は、暦応年間(1338~1341)以来の神事といわれ、現在は隔年ごとの10月13・14日に近い土・日曜に行われている。

綱分八幡宮

住所
福岡県飯塚市綱分866-1
交通
JR後藤寺線筑前庄内駅から西鉄バス飯塚行きで10分、綱分下車、徒歩3分
料金
情報なし

英彦山神宮

かつて修験の山として栄えた霊山。春は新緑、秋は紅葉が美しい

英彦山はかつて修験の山として栄えた霊山。銅の鳥居をくぐり、石段を上ると奉弊殿、下宮がある。山頂の上宮まで3kmほどの参道が続く。春は新緑、夏は涼しく、秋は紅葉が美しい。

英彦山神宮

英彦山神宮

住所
福岡県田川郡添田町英彦山1
交通
JR日田彦山線添田駅から添田町バス英彦山方面行きで40分、銅の鳥居下車すぐ
料金
情報なし

和布刈神社

和布刈神事でも知られる九州最北端の神社

早鞆の瀬戸を目の前に控え、九州最北端に鎮座する神社。旧正月に行う航海安全と豊漁を祈願する和布刈神事は、全国的にも有名。

和布刈神社
和布刈神社

和布刈神社

住所
福岡県北九州市門司区門司3492
交通
JR鹿児島本線門司港駅から西鉄バス和布刈行きで10分、和布刈神社下車すぐ
料金
無料

大分八幡宮

日本五所別宮の一つ。江戸期からの獅子舞は、県の無形民俗文化財

社伝によれば、神亀年間(724~729)に八幡神を奉祀したのがはじまりで、本邦五所別宮の一つだったという。江戸期から伝わる獅子舞は、福岡県の無形民俗文化財。

大分八幡宮

大分八幡宮

住所
福岡県飯塚市大分1272
交通
JR福北ゆたか線筑前大分駅から徒歩10分
料金
情報なし

八幡古表神社

細男舞・神相撲は重要無形文化財。傀儡人形は重要有形文化財

祭神は神功皇后と虚空津姫命で、社伝では飛鳥時代の創建とされる。4年に一度の放生会で奉納する細男舞・神相撲は重要無形民俗文化財、舞と相撲に使う47体の傀儡人形は重要有形民俗文化財。

八幡古表神社

八幡古表神社

住所
福岡県築上郡吉富町小犬丸353
交通
JR日豊本線吉富駅から徒歩15分
料金
情報なし

今井津須佐神社 大祖大神社

祗園祭では全国唯一の連歌奉納。石段上から京都平野が見渡せる

北部九州一帯の厄除け開運、民生安護の守護神。祗園祭では全国唯一の連歌奉納が行われる。143段の石段上には神社樽築がそびえ、京都平野を見渡すことができる。

今井津須佐神社 大祖大神社

今井津須佐神社 大祖大神社

住所
福岡県行橋市元永1299
交通
JR日豊本線行橋駅から太陽交通長井行きバスで10分、元永下車、徒歩8分
料金
情報なし

香春神社

分祀されていた3つの神社を合祭し、今の場所に一祠が営まれた

崇神天皇の時代、香春岳山頂に分祀されていた3つの神社を和銅2(709)年に今の場所に合祭し、一祠が営まれた。香春三社大明神ともいわれ、広く崇敬を集めている。

香春神社

香春神社

住所
福岡県田川郡香春町香春1308
交通
JR日田彦山線香春駅から徒歩15分
料金
情報なし

高倉神社

大友義鎮の侵攻で社殿、宝物殿を焼失したが、その後再興

天文16(1547)年に九州探題・大内義隆が造営。永禄2(1559)年に大友義鎮の侵攻で社殿、宝物殿を焼失。その後、領主によって再興が推進された。

高倉神社

高倉神社

住所
福岡県遠賀郡岡垣町高倉1113
交通
JR鹿児島本線海老津駅から西鉄バス波津行きで10分、高倉下車、徒歩3分
料金
情報なし

お菊大明神

おなじみの怪談の舞台となった皿屋敷跡や、井戸などがある

芝居や映画でおなじみの怪談の主人公であるお菊さんを祀っている。その舞台となった皿屋敷跡や、お菊さんが身を投げたと伝えられる井戸などがある。

お菊大明神

お菊大明神

住所
福岡県嘉麻市上臼井847-3
交通
JR福北ゆたか線桂川駅からタクシーで10分
料金
情報なし