トップ >  九州・沖縄 > 福岡・北九州 > 北九州・筑豊 > 

福岡【八幡】世界遺産も夜景もグルメも見逃せない北九州市の副都心 by fotolia - ©yyama

まっぷるマガジン編集部

更新日: 2018年7月18日

この記事をシェアしよう!

福岡【八幡】世界遺産も夜景もグルメも見逃せない北九州市の副都心

2015年、官営八幡製鐵所がユネスコの世界遺産に登録され、再注目される八幡の旅へ。新日本三大夜景に認定されている皿倉山展望台からの夜景をはじめ、主要観光スポットを厳選してクローズアップ。

新日本三大夜景 皿倉山展望台

100億ドルのきらめきに感動
100億ドルといわれる北九州市の夜景スポット。新日本三大夜景・夜景100選事務局による「新日本三大夜景」の一つに数えられる。展望台へは徒歩で上がると1時間30分ほど、ケーブルカーとスロープカーを乗り継げば、およそ10分で到着。

CHECK!夜景観賞ベストタイム(目安)
春★19時
夏★19時30分
秋★18時
冬★17時30分

新日本三大夜景 皿倉山展望台
新日本三大夜景 皿倉山展望台

山麓駅から山上駅まではケーブルカーで移動

新日本三大夜景 皿倉山展望台

山上駅からはスロープカーに乗り換えて、山頂展望台駅へ

皿倉山

住所
福岡県北九州市八幡東区尾倉1481
交通
JR鹿児島本線八幡駅からタクシーで5分、皿倉山ケーブルカー山麓駅から山頂までケーブルカーとスロープカーで10分(徒歩は1時間30分、土・日曜、祝日は山麓駅まで無料シャトルバス運行)
料金
ケーブルカー・スロープカー通し券(往復)=大人1200円、小学生以下600円/

世界遺産 官営八幡製鐵所 旧本事務所眺望スペース

約80m先の赤レンガの洋館を眺望
日本の近代化を鉄鋼業の分野から支えた官営八幡製鐵所。現在、新日鐵住金(株)八幡製鐵所の構内に現存する施設が、2015年、「明治日本の産業革命遺産」の構成資産として世界遺産に登録された。工場が稼働しているため基本的には非公開ながら、資産の一つである旧本事務所が遠望できる専用の眺望スペースがある。

世界遺産 官営八幡製鐵所 旧本事務所眺望スペース
世界遺産 官営八幡製鐵所 旧本事務所眺望スペース

みやげはコチラ!くろがね堅パン
歯が欠けるほど堅いと評判のこの商品は、大正9(1920)年に官営八幡製鐵所が従業員のための栄養補助食としてつくった菓子。スーパーなどで販売

官営八幡製鐵所 旧本事務所眺望スペース

住所
福岡県北九州市八幡東区枝光
交通
JR鹿児島本線スペースワールド駅から徒歩10分
料金
無料

名物グルメ 八幡ぎょうざ

鉄の男のスタミナ源
「八幡ぎょうざ」は、鉄の街で働く鉄鋼マンたちのスタミナ源となっていた名物料理。鉄なべ系、中国家庭料理系、ラーメン系、おかあさん系とバリエーションに富んだ餃子がある。柚子胡椒を薬味にする店が多いのも、九州ならでは。

本店 鉄なべ

「鉄なべ餃子」の元祖はココ
アツアツのまま鉄皿で出される「鉄なべ餃子」の元祖。初代宇久温子さんが考案したもので、たっぷりの野菜に豚肉、牛肉を練り込み、ニンニクは風味付け程度。どこかやさしいおふくろの味。

本店 鉄なべ

焼きぎょうざ 10個540円
ラードなどの動物性油脂は使わず、和の味をベースにしている

本店 鉄なべ

住所
福岡県北九州市八幡西区黒崎1丁目9-13宮本ビル 1階
交通
JR鹿児島本線黒崎駅から徒歩3分
料金
スープぎょうざ(6個)=540円/焼きぎょうざ(10個)=540円/たんめん(細めん、太めん、うどん)=各595円/

ホームラン本店

「餃子×とんこつ」の個性派
ラーメン店「ホームラン本店」の餃子は、とんこつスープで焼き上げる。羽根の部分がカリッと飴色で香ばしく、口中にあとを引くうまみが広がる。

ホームラン本店
ホームラン本店

ギョウザ8個440円
ラーメン店ならではのとんこつスープ味の焼き餃子

ホームラン本店

住所
福岡県北九州市八幡西区熊手2丁目4-15
交通
JR鹿児島本線黒崎駅から徒歩7分
料金
ギョウザ(8個)=440円/ラーメン=580円/ラーメン・ギョウザセット(11:30~14:00)=750円/

友ちゃん餃子

本場中国の家庭の味
中国出身の徐桂香さんが切り盛りする店。餃子は、焼き餃子と水餃子、それにテイクアウト用の生餃子。手製の皮はもっちりと厚めで、肉汁たっぷり。

友ちゃん餃子

焼餃子 10個500円
中からアツアツの肉汁があふれ出す

友ちゃん餃子

水餃子 10個500円
本場と同様に、あんに味付けしているため、そのまま食べても美味

友ちゃん餃子

住所
福岡県北九州市八幡西区萩原3丁目3-21
交通
筑豊電鉄穴生駅から徒歩4分
料金
水餃子(10個)=500円/焼餃子(10個)=500円/

おすすめ立ち寄りスポット

いのちのたび博物館(北九州市立自然史・歴史博物館)

世界最大級、全長35mの恐竜の骨格にビックリ
かつての八幡製鐵所の敷地に建つ、西日本最大級の自然史・歴史博物館。自然史ゾーンでは、地球誕生から現在にいたる自然と生命の進化の歩みを、貴重な骨格標本や化石などの展示物を通して紹介。歴史ゾーンでは、北九州地域の歴史や人々の暮らしについて学ぶことができる。

いのちのたび博物館(北九州市立自然史・歴史博物館)

全長35mのセイスモサウルスをはじめ、さまざまな恐竜の骨格標本や化石を見ることができる

いのちのたび博物館(北九州市立自然史・歴史博物館)

映像や照明、風などの演出効果を用いて恐竜時代を再現したエンバイラマ館。リアルな恐竜ロボットが動き出し、迫力満点

北九州市立いのちのたび博物館(自然史・歴史博物館)

住所
福岡県北九州市八幡東区東田2丁目4-1
交通
JR鹿児島本線スペースワールド駅から徒歩5分
料金
常設展=大人600円、高・大学生360円、小・中学生240円、特別展は別途/(療育手帳持参者・精神障がい者保健福祉手帳持参者・障がい者手帳持参者1~4級は本人と同伴者1名、障がい者手帳持参者5~6級は本人のみ常設展観覧料無料。北九州市・福岡市・熊本市・鹿児島市・下関市在住の65歳以上は公的証明書(住所、氏名、年齢が確認できるもの)持参で常設展観覧料が180円)

九州・沖縄の新着記事

2023年「駅弁大会」で楽しむ日本縦断、駅弁の旅!

全国津々浦々から、ふるさとの味が届く『京王百貨店 元祖 有名駅弁と全国うまいもの大会』。300種類以上が集結する駅弁の中から、昨今の物価高騰に負けない1個千円前後の美味しい駅弁をご紹介。現地直送の「輸...

鹿児島のカフェへ!鹿児島中央駅・天文館・城山・仙厳園で、おしゃれで落ちつくカフェ14店

鹿児島のカフェへようこそ!ここにしかない黒酢のカフェ、しろくま進化系、文化財建築のスタバ、桜島の絶景カフェ!鹿児島が誇るすてきなカフェをご紹介しましょう。 天文館のアーケードにあるカフェ・城山で...

沖縄の大宜味村を観光!シークヮーサー&ランチ&道の駅を徹底紹介♪

2021年に世界自然遺産に登録された、沖縄本島北部・やんばる地域にある大宜味村。 「日本一長寿宣言の村」であり、シークヮーサーの産地としても知られています。 シークヮーサーはみかんのように食べたり...

【福岡・日帰り温泉】福岡で評判の日帰り温泉4選!充実の大型温泉にあの名湯も!

福岡市内のおすすめな日帰り温泉施設をご紹介しましょう! まずはご案内したいのは、休暇村志賀島温泉「金印の湯」。爽快な景色の海の中道を通り、玄界灘に沈む夕日を眺めることができます。また、ベイサイド...

『すずめの戸締まり』聖地巡礼!九州~東北までおすすめのスポットをご紹介

『君の名は。』『天気の子』などの新海誠監督による最新の劇場用アニメーション映画『すずめの戸締まり』が、2022年11月11日から公開となりました。 実在する風景を魅力的に切り取り、町や都市の「記...

【福岡市・神社】「開運」「縁結び」「学業成就」などご利益授かり&都会の癒しタイムにも♪ 福岡市でおすすめの神社9選!

福岡県で神社といえば有名な太宰府天満宮は、大宰府市。福岡からは車で1時間ほどの距離です。今回は、福岡市内でおすすめの神社のご案内しましょう。 特におすすめしたいのは、「櫛田さん」の名で親しまれる...

【福岡 天神・居酒屋】天神で行きたい人気屋台&博多名物が出てくる居酒屋12軒!

福岡市の屋台の数はおよそ100軒。そのなかから、天神エリアでにぎわっている屋台をピックアップしました。 屋台といってもとんこつラーメンだけではありません。店主が趣向を凝らしたさまざまなメニューで...

世界遺産の島・徳之島の王道観光プラン! 絶景&ランチを満喫するモデルコースをご紹介

「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」として2021年7月に世界遺産に登録された鹿児島県徳之島。 島内には亜熱帯照葉樹林が広がる世界遺産の森、アマミノクロウサギといった貴重な固有生物と出会えるネ...

話題のフルーツバス停から干陸地のフラワーゾーンまで。長崎県諫早市の絶景スポットへ行こう!

諫早市は、縦に長い長崎県のほぼ中央、有明海、大村湾、橘湾の3つの海に面した自然豊かな都市です。 JR諫早駅は2022年9月に開業した西九州新幹線「かもめ」の停車駅でもあり、格段にアプローチしやすくな...

黒島観光でウミガメと出会う旅 石垣島から船で30分のハートアイランドへ!

石垣港離島ターミナルから高速船に乗って20分もすれば、青い海に囲まれた黒島が見えてきます。 上空から見るとハートの形をしているため“ハートアイランド”と呼ばれ、人口の約10倍もの牛がいる牧畜がさかん...
もっと見る

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。