>  >  >  >  >  > 

【下関〜門司】ぐるっと周遊観光プラン!おすすめスポット!

まっぷるマガジン編集部

更新日:2021年4月22日

この記事をシェアしよう!

【下関〜門司】ぐるっと周遊観光プラン!おすすめスポット!

関門海峡を挟んで対面する山口県の下関と福岡県の門司は、一日でめぐるのにぴったりなエリア。ここでは、船と鉄道、バスを利用して両エリアの主要スポットを回るいいとこ取りプランをご紹介。港町ならではの魅力を見つけに行ってみよう!

【下関〜門司×観光プラン】モデルコース

START 下関駅
↓ バスで5分
下関市立しものせき水族館「海響館」
↓ 徒歩3分
唐戸桟橋
↓ 船で5分
門司港でランチタイム
↓ 徒歩すぐ
門司港駅周辺散策
↓ 徒歩すぐ
北九州銀行レトロライン「潮風号」
↓ 鉄道で10分
関門トンネル人道
↓ 徒歩15分
壇ノ浦
↓ バスで5分
カモンワーフ
↓ バスで7分
GOAL 下関駅

■下関
魚市場や水族館など、港町らしい施設が集まり、関門海峡沿いを歩けるボードデッキが整備されている。名物のふぐ料理をはじめ、海鮮丼や寿司など魚介グルメが人気。

■門司
門司港駅を中心に、大正ロマンを感じるレトロ建築が立ち並び、週末にはマルシェやグルメフェスなどが頻繁に開催されている。小さな雑貨店が集まるビルもある。

【下関〜門司×観光プラン】モデルコース

【下関〜門司観光のおトクなチケット!】関門海峡クローバーきっぷ

関門汽船(唐戸〜門司)、観光列車(潮風号)、バス(御裳川〜唐戸)を各1回ずつ乗り継ぐことができ、関門海峡をぐるっと一周できる切符。唐戸桟橋、サンデンバス下関切符うりばなどで購入でき、有効期限は購入年の最終運行日まで。

【下関〜門司観光のおトクなチケット!】関門海峡クローバーきっぷ

大人800円、小児400円

【下関〜門司×観光プラン】10:00 水族館でイルカと遊ぼう!

【下関〜門司観光×水族館】多彩な展示が好評「下関市立しものせき水族館『海響館』」

約100種のフグの仲間の展示やイルカの出す音を図形で表す空間など、多彩な展示が見られる水族館。5種のペンギンが見られるペンギン村やイルカとアシカが共演するショーが人気。

【下関〜門司観光×水族館】多彩な展示が好評「下関市立しものせき水族館『海響館』」

ペンギンの生態を観察できる

【下関〜門司観光×水族館】多彩な展示が好評「下関市立しものせき水族館『海響館』」

ボクたちにタッチできるよ!

【下関〜門司観光×水族館】多彩な展示が好評「下関市立しものせき水族館『海響館』」

バブルリングに注目して!

【下関〜門司観光×水族館】多彩な展示が好評「下関市立しものせき水族館『海響館』」

こう見えてもフグの仲間です

【下関〜門司×観光プラン】11:30 唐戸桟橋から船に乗って門司港へ!

【下関〜門司観光×汽船】下関と門司をつなぐ定期船「関門汽船」

下関と門司をつなぐ定期船で、日中は20分間隔で運行している。潮の流れが速い関門海峡を勢い良く進み、所要は5分ほど。開放的なデッキにも出ることができるので、プチ船旅を楽しもう。

【下関〜門司観光×汽船】下関と門司をつなぐ定期船「関門汽船」

下関と門司を最速で結ぶ

【下関〜門司×観光プラン】12:00 門司港名物焼きカレーをいただきます

門司港の名物グルメといえば焼きカレー。グラタン風に焼いたあつあつの焼きカレーは、門司港駅周辺の飲食店が提供している。基本はカレーライスにチーズや半熟卵をトッピングしている。

【下関〜門司観光×焼きカレー】名物はグラタン風のあつあつ焼きカレー「門司港グルメ 海門」

【下関〜門司観光×焼きカレー】名物はグラタン風のあつあつ焼きカレー「門司港グルメ 海門」

こんがり焼いたチーズとカレーがよく合う

【下関〜門司観光×焼きカレー】半熟卵がのったまろやかな焼きカレー「コックテール」

【下関〜門司観光×焼きカレー】半熟卵がのったまろやかな焼きカレー「コックテール」

半熟卵をくずしながら味わう

【下関〜門司×観光プラン】13:00 レトロ建築を見学しよう

門司港駅周辺のレトロ地区には、明治から大正期の建築技術が見られる建物が点在。内部は当時の貴賓室や資料を公開するほか、一部はギャラリーやカフェとしても利用できる。

【下関〜門司観光×レトロ建築】重厚なレンガ造り「旧門司税関」

【下関〜門司観光×レトロ建築】重厚なレンガ造り「旧門司税関」

重厚なレンガ造りの旧門司税関

【下関〜門司観光×レトロ建築】大正モダンを感じる「旧門司三井倶楽部」

【下関〜門司観光×レトロ建築】大正モダンを感じる「旧門司三井倶楽部」

大正モダンな迎賓館

【下関〜門司観光×レトロ建築】ドイツ風建築を再現した「北九州市立国際友好記念図書館」

【下関〜門司観光×レトロ建築】ドイツ風建築を再現した「北九州市立国際友好記念図書館」

ドイツ風建築を再現した建物

【下関〜門司×観光プラン】14:00 トロッコ列車に乗ってトンネル入り口へ

【下関〜門司観光×トロッコ列車】片道約10分の観光トロッコ「北九州銀行レトロライン『潮風号』」

門司港レトロ地区と関門トンネル人道の出入り口が近い和布刈地区の間、約2kmを結ぶ観光トロッコ列車。所要は片道約10分で、一日11往復。九州鉄道記念館駅から乗車しよう。
※平日は基本的に運休するので運行日は事前に確認しておきたい

【下関〜門司観光×トロッコ列車】片道約10分の観光トロッコ「北九州銀行レトロライン『潮風号』」

青い車体が爽やかな潮風号

【下関〜門司観光×トロッコ列車】片道約10分の観光トロッコ「北九州銀行レトロライン『潮風号』」

JR門司港駅の横にある九州鉄道記念館駅

北九州銀行レトロライン 門司港レトロ観光列車「潮風号」

住所
福岡県北九州市門司区九州鉄道記念館駅~関門海峡めかり駅
交通
JR鹿児島本線門司港駅からすぐ(九州鉄道記念館駅)
料金
運賃(片道)=大人300円、小人150円/(障がい者手帳持参で片道半額)

【下関〜門司×観光プラン】14:15 関門トンネル人道を歩いて下関へGO!

【下関〜門司観光×トンネル】関門トンネル人道

下関と門司を結ぶ「関門国道トンネル」は上下2層に分かれ、上部は自動車道、下部は人道となっている。全長は780m、徒歩約15分で渡ることができ、県境も記してある。

【下関〜門司観光×トンネル】関門トンネル人道

海底にある山口県と福岡県の県境

関門海底国道トンネル人道

住所
山口県下関市みもすそ川町22
交通
JR山陽本線下関駅からサンデン交通長府方面行きバスで12分、御裳川下車すぐ
料金
通行料(自転車・原付)=20円/通行料(歩行者)=無料/
1 2

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください