トップ > 全国 > 九州・沖縄 > 鹿児島・宮崎 > 屋久・奄美 > 屋久島

屋久島

屋久島のおすすめのスポット

ガイドブック編集部が厳選した屋久島のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。V字型の巨大な岩を滑り落ちる瀑布「千尋の滝」、屋久島を代表する豪快な名瀑「大川の滝」、海に溶けていく夕日にうっとり「永田いなか浜」など情報満載。

  • スポット:189 件
  • 記事:23 件

1~20 件を表示 / 全 189 件

屋久島の魅力・見どころ

美しい自然が息づき、悠然と屋久杉が立つ世界遺産の島

世界遺産に登録される屋久島は、その約9割を森林が占める。海岸から九州最高峰の宮ノ浦岳山頂まで、亜熱帯から冷温帯までの多様な植物が垂直分布し、樹齢1000年を超す屋久杉をはじめとした独特の生態系が見られる。山中にたたずむ「縄文杉」は、樹齢7200年とも言われる。月に35日降ると例えられるくらい雨の多いところで、麓には大川(おおこ)の滝や千尋(せんぴろ)の滝、白谷雲水峡など、水の豊かな景勝地が多い。また海岸にはいくつもの温泉が湧き、「平内海中温泉」や「湯泊温泉」など、野趣あふれる露天風呂もある。

千尋の滝

V字型の巨大な岩を滑り落ちる瀑布

島の南東を流れる鯉之川の上流にある滝。400m×200mという巨大な花崗岩の一枚岩のくぼみを流れ落ちる。滝の落差は60mの滝で、花崗岩のスケールの大きさがわかる。

千尋の滝
千尋の滝

千尋の滝

住所
鹿児島県熊毛郡屋久島町原
交通
宮之浦港から種子島・屋久島交通粟生橋行きバスで1時間、鯛之川下車、徒歩1時間
料金
情報なし

大川の滝

屋久島を代表する豪快な名瀑

日本の滝百選に選ばれた滝。落差88mを誇り、粘板岩の崖を流れ落ちる滝は数ある屋久島の滝のなかでも最大級。晴れの日は、空の青と滝の白のコントラストが美しい。

大川の滝
大川の滝

大川の滝

住所
鹿児島県熊毛郡屋久島町栗生
交通
宮之浦港から種子島・屋久島交通大川の滝行きバスで1時間40分、終点下車、徒歩5分
料金
情報なし

永田いなか浜

海に溶けていく夕日にうっとり

ウミガメ上陸数が島内一の白砂が美しいビーチ。昼間は足跡を見られることもある。夕景スポットとしても有名で、オレンジ色に照らされた海はロマンチックな雰囲気だ。

永田いなか浜
永田いなか浜

永田いなか浜

住所
鹿児島県熊毛郡屋久島町永田
交通
宮之浦港から種子島・屋久島交通永田行きバスで30分、田舎浜下車すぐ
料金
情報なし

ヤクスギランド

屋久杉の魅力たっぷりの楽園を探検する

倒木、更新、合体と屋久杉のメカニズムが集約したヤクスギランドは屋久杉のオンパレード。遊歩道沿いに現れる樹齢数千年の巨木たちのさまざまな生き方にふれてみよう。

ヤクスギランド
ヤクスギランド

ヤクスギランド

住所
鹿児島県熊毛郡屋久島町安房国有林内
交通
宮之浦港から種子島・屋久島交通栗生橋行きバスで35分、合庁前で種子島・屋久島交通紀元杉行きバスに乗り換えて43分、ヤクスギランド下車すぐ
料金
森林環境整備推進協力金=高校生以上500円/(団体15名以上は400円、個人15名以下は白谷雲水峡入林後ヤクスギランド入林で200円割引券利用可)

縄文杉

一番会いたい。屋久島の森の主

神々しいオーラをまとった姿は、トレッカーの間でもあこがれの存在だ。道中は巨樹や巨岩、潤いに満ちた沢など、感動と驚きの連続。さあ、勇気を出して縄文杉トレッキングにレッツチャレンジ。

縄文杉
縄文杉

縄文杉

住所
鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦岳国有林内
交通
宮之浦港入口から種子島・屋久島交通屋久杉自然館行きバスで43分、終点で荒川登山バス(冬期運休)に乗り換えて35分、終点下車、徒歩5時間
料金
情報なし

トローキの滝

海に流れ落ちる珍しい瀑布

鯛之川の河口は全国でも2か所しかない海に落ちる滝。干潮時の落差8m、通常は6mと小規模ながら、背景には険しいモッチョム岳がそびえる景勝地。県道の看板から遊歩道を進むと展望台がある。

トローキの滝
トローキの滝

トローキの滝

住所
鹿児島県熊毛郡屋久島町麦生
交通
宮之浦港から種子島・屋久島交通栗生橋行きバスで1時間、鯛ノ川下車すぐ
料金
情報なし

屋久島灯台

大海原を眺める白亜の灯台へ

明治30(1897)年から約100年にわたって、屋久島の近海を守り続ける灯台。永田岬の先端に立ち、180度のパノラマが広がる。目の前には口永良部島が見える。

屋久島灯台
屋久島灯台

屋久島灯台

住所
鹿児島県熊毛郡屋久島町永田
交通
宮之浦港からタクシーで35分
料金
情報なし

屋久島町屋久杉自然館

屋久杉の歴史とメカニズムを知る

樹齢1660年を数える屋久杉や杉伐採に使われた全長2mのチェーンソーなどを展示。積雪で折れた縄文杉の枝「いのちの枝」は、樹齢1000年、長さ5mで、杉の巨大さを物語っている。

屋久島町屋久杉自然館
屋久島町屋久杉自然館

屋久島町屋久杉自然館

住所
鹿児島県熊毛郡屋久島町安房2739-343
交通
宮之浦港から種子島・屋久島交通栗生橋行きバスで35分、合庁前で種子島・屋久島交通紀元杉行きバスに乗り換えて10分、屋久杉自然館下車すぐ
料金
大人600円、高・大学生400円、小・中学生300円(障がい者と介護者は無料、20名以上は1名100円引)

らーめん日高家

らーめん日高家

住所
鹿児島県熊毛郡屋久島町安房540-62

寿し いその香り

漁師がさばく活気ある人気店

魚の旬と旨みを熟知した漁師の主人が調理する地魚メニューが評判。一番人気は旬の地魚のにぎり。永田の手作り豆腐やつけ揚げなど島料理も充実し、地元客から観光客で賑わう繁盛店だ。

寿し いその香り
寿し いその香り

寿し いその香り

住所
鹿児島県熊毛郡屋久島町安房788-150
交通
宮之浦港から種子島・屋久島交通栗生橋行きバスで25分、中央下車すぐ
料金
首折れサバの刺身=1500円/地魚にぎり(5種10カン入)=2160円/地魚刺身定食=1940円/トビウオの姿揚げ=870円/安納芋フライ=650円/カメノテ蒸し焼き=760円/トビウオのつきあげ=650円/

やくしま市場

特産品が豊富にそろう物産所

屋久島観光センター1階にある物産コーナー。屋久島産ポンカン・タンカンを使った菓子、ごまさばぶしなどの海産加工品、屋久杉工芸、芋焼酎など、島の特産品がそろう。

やくしま市場
やくしま市場

やくしま市場

住所
鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦799屋久島観光センター 1階
交通
宮之浦港から徒歩7分
料金
ごまさばぶし=648円(1パック2本入)、1080円(1箱2本入)/屋久島たんかんスイート=1296円(12個入)/一夜干しトビウオ=648円(2尾入)、1296円(3尾入)/たんかんジャム=540円/ぽんかんジャム=540円/屋久杉マグネット=280円~/屋久島醤油=540円(300ml)/もりっぱ=1080円/もりっぴ=1080円/

JRホテル屋久島

モッチョム岳を背景に建つ温泉自慢のホテル

360度の眺望が楽しめる絶景の地に建つアットホームな雰囲気のホテル。自家源泉の湯は、美容液にひたっているようなとろみ感のある肌ざわり。女性を中心に評判を得ている。

JRホテル屋久島
JRホテル屋久島

JRホテル屋久島

住所
鹿児島県熊毛郡屋久島町尾之間136-2
交通
宮之浦港から種子島・屋久島交通栗生橋行きバスで1時間、JRホテル下車すぐ
料金
1泊2食付=16500~55000円/外来入浴(15:00~18:00、年1回数日間メンテナンス休あり、要問合せ)=1400円/

中間ガジュマル

屋久島最大級のガジュマル

中間川の下流沿いに生育するガジュマル群。なかでも樹齢300年を超えるという、島内最大のガジュマルが見もの。アーチ状で車1台が楽に通れるほどの大きさを誇る。

中間ガジュマル
中間ガジュマル

中間ガジュマル

住所
鹿児島県熊毛郡屋久島町中間
交通
宮之浦港から種子島・屋久島交通栗生橋行きバスで1時間30分、中間下車すぐ
料金
情報なし

焼肉れんが屋

屋久島で肉料理が食べたくなったらここ

希少性の高いヤク鹿をはじめ、九州各地のA5ランクの黒毛和牛、鹿児島黒豚、鹿児島赤鶏など各種がそろう。焼き肉やたたきなどメニューは豊富。

焼肉れんが屋
焼肉れんが屋

焼肉れんが屋

住所
鹿児島県熊毛郡屋久島町安房410-74
交通
宮之浦港から種子島・屋久島交通栗生橋行きバスで40分、安房港下車すぐ
料金
鹿のフルコース=2800円/れんが屋定食=2500円/ミックス焼肉定食=1600円/鹿の食べ比べ(ヤク鹿とエゾ鹿)=1400円/とりめし=600円/ヤク鹿のハツ(数量限定)=時価/

屋久島町の枕状溶岩

いろんな溶岩見~つけた

4000年前の海底火山が噴火してできた枕のような形状の溶岩。赤紫色や暗緑色などの溶岩が転がっている。岸壁に波が打ち寄せる光景は、迫力がある。

屋久島町の枕状溶岩
屋久島町の枕状溶岩

屋久島町の枕状溶岩

住所
鹿児島県熊毛郡屋久島町永久保
交通
宮之浦港からタクシーで25分
料金
情報なし

屋久島オリオン

島食材をアレンジした洋食メニュー

素朴な佇まいの洋食屋。トビウオのハンバーグやマヒマヒの香草焼きなど、島魚を使ったオリジナリティを感じる料理がそろっている。ほかにカツレツやオムライスなど洋食メニューが充実。

屋久島オリオン
屋久島オリオン

屋久島オリオン

住所
鹿児島県熊毛郡屋久島町原914-32
交通
宮之浦港から種子島・屋久島交通栗生橋行きバスで55分、原入口下車すぐ
料金
とび魚と豆腐のハンバーグ=900円/屋久島中華そば=800円/屋久島流幽庵焼き=1200円/大きなチキンカツレツ=950円/

じぃじ家

創作料理が味わえる居酒屋

屋久島の近海にその日揚がった魚介や、自社農場でとれた野菜を使った創作料理が味わえる居酒屋。古民家を改装した店はいごこちがよく、グラスを傾けながらくつろげる。

じぃじ家
じぃじ家

じぃじ家

住所
鹿児島県熊毛郡屋久島町安房67-4
交通
宮之浦港から種子島・屋久島交通栗生橋行きバスで40分、安房下車、徒歩3分
料金
トッピーギョロッケ=680円/赤身のポキ=750円/もつ鍋(1人前、2名から受付、前日までに要予約)=1500円/そのまま野菜=850円/ヤクシカ肉の水ぎょうざ=680円/(チャージ料300円)

イルマーレ

島食材を生かした絶品イタリアン

独自の味付けで仕上げた鹿肉のピザ、地元産の魚や野菜を使ったパスタなどが食べられる。鹿肉のピザは、クセやかたさのある鹿肉のイメージを一掃するようなおいしさ。屋久島の新たな郷土料理として注目だ。

イルマーレ
イルマーレ

イルマーレ

住所
鹿児島県熊毛郡屋久島町小瀬田815-92
交通
宮之浦港から種子島・屋久島交通粟生橋行きバスで23分、空港下車すぐ
料金
ピザランチセット=1500円~/パスタランチセット=1600円~/シカのピッツァランチセット=1800円/夜のセットメニュー(要予約)=2300円/シカのロースト(夜のみ、要予約)=2200円/ディナーコース(前々日までに要予約)=5000円~/

一湊珈琲焙煎所

自家焙煎の香り高いコーヒー

フェリー待合所の2階にあるコーヒースタンド。エチオピアやブラジルなど、その時々においしい豆を世界中から取り寄せて自家焙煎している。

一湊珈琲焙煎所
一湊珈琲焙煎所

一湊珈琲焙煎所

住所
鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦1208-11県営フェリー待合所 2階
交通
宮之浦港からすぐ
料金
イッソウ(オリジナルブレンド)=1200円(180g)/本日のコーヒー=400円/エスプレッソ=300円/島のオーガニックティー=450円/

湯泊温泉

潮風が吹きぬける海辺の温泉

湯泊郵便局の向かいを下りた海岸にある無人の野天風呂。自然石を組んだ風呂で、24時間いつでも入浴することができる。ちょっと先の岩場に、もう一つ丸い湯船がある。

湯泊温泉
湯泊温泉

湯泊温泉

住所
鹿児島県熊毛郡屋久島町湯泊
交通
宮之浦港から種子島・屋久島交通栗生橋行きバスで1時間15分、湯泊下車、徒歩5分
料金
入浴料=100円程度の志納/

ジャンルで絞り込む

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください