コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  【屋久島】ヤクスギランド!屋久杉探検コースをチェック!

【屋久島】ヤクスギランド!屋久杉探検コースをチェック!

【屋久島】ヤクスギランド!屋久杉探検コースをチェック!

by mapple

更新日:2018年12月15日

倒木、更新、合体と屋久杉のメカニズムが集約したヤクスギランドは屋久杉のオンパレード。遊歩道沿いに現れる樹齢数千年の巨木たちのさまざまな生き方にふれてみよう。

ヤクスギランドコースデータ

【難易度】★★☆☆☆
【所要】最長2時間30分(休憩時間+1~2時間含まず)
【距離】約3.0km
【高低差】110m

ヤクスギランドコースデータ

樹齢数千年の巨木が次々に現れる

ヤクスギランドコースデータ

30分、50分コースは歩道が整備されて比較的歩きやすい

ヤクスギランドコースデータ

点在する橋からのダイナミックな風景も見もの

コースのポイント

30分、50分、80分、150分の4つのコースがあり、体力や時間の都合に合わせて選ぶことができる。管理棟でルートマップをもらって、確認しながら進もう。

30分コース (約0.8km)
歩道が整備され、短時間で切り株更新や千年杉、くぐり杉などの見どころを間近にできる。

50分コース (約1.2km)
荒川橋からハイライトともいえる仏陀杉へショートカット。この杉だけでも見ごたえがある。

80分コース (約2km)
荒川橋を過ぎて、沢の水が流れるつつじ河原を間近にできる唯一のルート。

150分コース (約3km)
最長コースだけあって、中盤に携帯トイレブースと東屋がある。母子杉や三根杉など巨樹も見もの。

ガイド’sアドバイス
自分の体力に合わせてコースを選べるのが魅力。屋久島らしい風景が比較的気軽に楽しめるので無理をせず、マップを見ながら観賞ポイントをチェックするのがおすすめ。

いよいよ出発!最終チェック

コース概要
倒木、更新、合体とさまざまな屋久杉のメカニズムが見どころ。標高1000m前後の、比較的平坦な道のりで、30分コースと50分コースは舗装された遊歩道が大半を占めている。ただし、150分コースは急勾配が続く山道もある。

トイレ
管理棟の売店にあるので、出発前に済ませておこう。道中には、携帯トイレブースが1か所のみなので、念のために携帯トイレを持っておくと安心。

登山届・協力金
協力金として1名500円が必要。登山届の提出は不要。

休憩・食事
開けたスペースを見つけて休憩しよう。150分コースを歩くなら、蛇紋杉の付近に東屋があるので、ここでひと休みするのがおすすめ。

装備
縄文杉や白谷雲水峡のような登山装備は不要。ただし、150分コースは飲料水や行動食を詰めた軽量ザックとトレッキングシューズで臨みたい。水場がないので飲料水は1ℓ以上用意しよう。

アクセス
スタート地点の駐車場を利用できるので、車でのアクセス可能。時間に余裕があるので、一日2本運行している路線バスを利用してもいい。

【バス】
安房から紀元杉行きで39分、ヤクスギランド下車すぐ。片道740円。
安房発 9:20、13:33
ヤクスギランド発 11:00、15:10
※2017年実績。時間は変更する場合あり。要確認

【車】
安房港からヤクスギランド入り口まで車で40分。駐車場の収容台数は約40台。

【タクシー】
安房港からヤクスギランド入り口まで、所要時間は車同様。料金目安は約4500円。

4つのルートから選べる探検コース

屋久島の中でも手軽なトレッキングで、樹齢1000年以上の屋久杉を多数見られるのがヤクスギランド。時間や体力に合わせて4本のルートから選ぶことができる。最長でも150分で、森歩きの入門にはぴったりの場所だ。30分コースのなかでも切り株が至るところに点在し、自然の豊かさと森の歴史にふれることができる。50分コースはヤクスギランドのハイライトともいえる仏陀杉へ、80分コースはマイナスイオンに満ちた沢の水が流れるつつじ河原を通る。

【START】1.入口

トレッキングの始まりはここから
管理棟で協力金500円を納めて出発。トイレは向かいに建つ売店にあるだけで、コース上にはないので必ず立ち寄っておこう。

【START】1.入口

入り口で園内マップがもらえる

2.千年杉

コース上最初に現れる大杉
渓谷にかかる橋を渡った先で見られる。空に向かってまっすぐに伸びている。樹齢や樹高は計測されていない。

推定樹齢/不明
樹高/不明
胸高周囲/不明

30分コースは双子杉へ

2.千年杉

ヤマグルマが根元に巻き付いているのが特徴

3.荒川橋

吊り橋の上から園内を一望
荒川にかかる吊り橋。清流が巨石の間を流れる渓谷と、樹木が林立する景色が素晴らしい。橋を渡ると上り坂が続く。

ガイド’sアドバイス
園内には3か所の吊り橋があります。屋久杉以外にも橋の上から眺める樹木と沢の風景も見ものですよ。

50分コースは仏陀杉へ

3.荒川橋

荒川の美しい流れを望む

つつじ河原

【80分コースはつつじ河原へ その後9.沢津橋へ】
森を潤す清らかな川の流れ
園内には清流荒川が走り、苔の橋や沢津橋から望む渓谷が美しい。5月から7月には河畔に自生するサツキが見られる。

つつじ河原
つつじ河原

澄き通った沢の水が流れる

屋久杉が林立する屋久島らしい風景

150分コースは小花歩道を経て、蛇紋杉へ。現在は倒木だが威風堂々とした姿は、倒れる前の貫禄を想像させる。そばに東屋やトイレブースがあるのでひと息いれよう。まず、ヤマグルマが巻きついた千年杉に始まり、台風で倒れた蛇紋杉、2本の杉が合体した母子杉、3本の杉が育つ三根杉と次々に巨大な屋久杉が現れる。80分コースとの合流地点に程近い沢津橋を渡ったら、いよいよハイライトとなる仏陀杉へ。ゴツゴツとした幹が仏陀の顔に見えるという神々しい屋久杉は、展望デッキでじっくりと拝んで帰途に着こう。

4.ひげ長老

かわいらしい愛称で親しまれる杉
杉の根元についた着生樹がひげのように見えたのが由来。2000年に行われた愛称の一般公募により命名された。

推定樹齢/不明
樹高/32.0m
胸高周囲/9.5m

4.ひげ長老

どっしりした根元に長老のような貫禄を感じる

5.蛇紋杉(倒木)

山の斜面に横たわる古木
1997年9月の台風で倒木になった杉。日光が入り込み、倒木に更新の可能性がある。シマヘビに似た幹が名の由来。

推定樹齢/2000年
樹高/23.6m
胸高周囲/8.3m
※1997年9月まで

5.蛇紋杉(倒木)

倒れる前の大きさが想像できる巨大な根っこ

【+αひと足のばして】天文の森

蛇紋杉から1時間
苔むした蘚苔林が幻想的な雰囲気を演出している森。閑静な森のなか、うっそうとした巨木と苔が織り成す屋久島の森らしい雰囲気を楽しめる。

【+αひと足のばして】天文の森

苔むした木々の緑が濃い小花山付近

トイレ&休憩スポット

トイレ&休憩スポット

コース内唯一の携帯トイレのブース

トイレ&休憩スポット

すぐそばに休憩できる東屋がある

トイレ&休憩スポット

6.天柱杉

屋久杉トップクラスの樹高を誇る
屋久杉で3本の指に入る樹高を持つ。まさに天まで伸びた柱のような雄大さ。根元にはヤマグルマが着生している。

推定樹齢/1500年
樹高/33.8m
胸高周囲/8.2m

6.天柱杉

天に向かってまっすぐ伸びる

7.母子杉

根のあたりで癒合した親子の杉
左が子、右が母。母はすでに枯死していて樹皮が白っぽく変化。その母を子が支えるように立っている。

推定樹齢/2600年
樹高/母31.1m・子29.5m
胸高周囲/母9.0m・子6.3m

7.母子杉

2つの杉が寄り添うように癒合している

ガイド’sアドバイス
屋久島に自生する杉のなかでも樹齢1000年以上の杉を屋久杉、樹齢1000年未満を小杉と呼びます。

8.三根杉

3本足の不思議な杉
折れた杉に着生して育った杉。根元の部分が三股に分かれていることから、この名が付いたといわれている。

推定樹齢/1100年
樹高/26.1m
胸高周囲/9.3m

8.三根杉

折れた杉に着生したたくましさを感じる大木

9.沢津橋

つつじ河原の少し先から荒川を眺める橋
橋の上から透き通った清流が流れる荒川を望む。花崗岩でできた屋久島の土壌や水中の成分が緑色を多く散乱し、川の色が緑に見える。

9.沢津橋

ダイナミックな花崗岩を間近にする吊り橋

10.仏陀杉

貫禄たっぷりのハイライト
太い幹でごつごつとしたコブがいくつもある屋久杉。根元が空洞化してやや樹勢は衰えているといわれるが、力強く刺さる根は貫禄十分だ。

推定樹齢/1800年
樹高/21.5m
胸高周囲/8.0m

10.仏陀杉

少し離れないとカメラに納まらないほど大きい

10.仏陀杉

幹の凹凸が仏陀の顔のように見える

11.双子杉

ピンと立つ若い2本の杉
ひとつの切り株に2本の小杉が更新。今後、幹が合体していく可能性もある。周辺には常緑広葉樹が広がっている。

推定樹齢/不明
樹高/右22.7m・左22.2m
胸高周囲/右2.1m・左1.7m

11.双子杉

若々しい2本の小杉が仲良く伸びる

12.くぐり杉

屋久杉が織り成す天然アーチ
斜面から倒れた杉と下にあった杉が合体。出口のような杉と杉の間をくぐれば、ゴールは近い。

推定樹齢/不明
樹高/25.7m
胸高周囲/3.2m

12.くぐり杉

出口のように道をまたぐアーチ状の杉

+αひと足のばして

紀元杉

ヤクスギランドから車で15分
標高1230mの地点にあり、道路沿いから観賞できる屋久杉としては最大で最長寿。樹高19.5m、胸高周囲8.1mを誇り、樹齢はおよそ3000年を数える。

紀元杉

大きなヤマグルマやヒノキが着生している

筆者:mapple

まっぷる屋久島・奄美 種子島’19

発売日:2018年01月18日

Amazonで購入する
この記事の出典元は「まっぷる屋久島・奄美 種子島’19」です。掲載した内容は、2017年6月~12月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×