>  >  >  >  >  屋久島【尾之間・栗生】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

屋久島【尾之間・栗生】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

屋久島【尾之間・栗生】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

尾之間・栗生

滝やガジュマルが点在するネイチャーエリア

屋久島空港から
尾之間/種子島・屋久島交通バス栗生橋行きで38分、尾之間下車、950円

安房港から
尾之間/種子島・屋久島交通バス栗生橋行きで24分、尾之間下車、650円

屋久島フルーツガーデン

南国の果樹と植物が育つ公園
広大な敷地にパパイヤ、グァバほか、熱帯の果樹や植物を植栽。休憩所では、とれたてのフルーツの試食ができる。ジャムやジュースの製造販売も行う。

屋久島フルーツガーデン

彩り鮮やかな南国特有のフルーツ

屋久島フルーツガーデン

熱帯のフルーツが頭上や足元に育つ

屋久島フルーツガーデン

住所
鹿児島県屋久島町中間629-16
交通
宮之浦港から種子島・屋久島交通栗生橋行きバスで1時間30分、中間下車、徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
8:30~16:30(閉館)
休業日
荒天時
料金
入園料=大人500円、小学生250円/季節のフルーツで作るジャム=500円/

塚崎タイドプール

天然の水族館で魚やサンゴを観賞
タイドプールとは、潮が引いたあと、岩の割れ目や窪みにできる潮溜まりのこと。サンゴや魚などの生物観察が楽しめるほか、深さ2mの奇岩も見ごたえがある。

塚崎タイドプール

シュノーケルを持参するとよい

塚崎タイドプール

干潮前後の2~3時間が見ごろ

塚崎タイドプール

住所
鹿児島県屋久島町栗生
交通
宮之浦港から種子島・屋久島交通大川の滝行きバスで1時間37分、青少年旅行村下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
干潮前3時間~干潮後1時間
休業日
要確認
料金
情報なし

中間ガジュマル

屋久島最大のガジュマル
中間川の下流沿いに生育するガジュマル群。なかでも樹齢300年を超えるという、島内最大のガジュマルが見もの。アーチ状で車1台が楽に通れるほどの大きさを誇る。

中間ガジュマル

道路をまたぐようにして茂っている

中間ガジュマル

住所
鹿児島県屋久島町中間
交通
宮之浦港から種子島・屋久島交通栗生橋行きバスで1時間30分、中間下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
無休
料金
情報なし

石楠花の森公園

ピンクがかった可憐な花
5月下旬から6月上旬に開花するヤクシマシャクナゲ。標高1200m以上に自生し、宮之浦岳山頂付近が観賞ポイント。石楠花の森公園では、4月頃になると約3000本が咲く。

石楠花の森公園

深い木立の中を遊歩道が続く

石楠花の森公園

住所
鹿児島県屋久島町栗生
交通
宮之浦港から種子島・屋久島交通大川の滝行きバスで1時間40分、栗生橋下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
無休
料金
情報なし

居酒屋 晩酌

島人たちが集う店で至福の一杯
地元の人と観光客で賑わう居酒屋。地元の漁師から直接仕入れる海の幸を、刺身、塩焼き、揚げ物などで提供する。なかでも開店時間に合わせて首を折る屋久サバは鮮度抜群だ。

居酒屋 晩酌

地元の焼酎に合う地魚料理が豊富

居酒屋 晩酌

濃いめの塩加減で酒が進む飛び魚の開き

居酒屋 晩酌

住所
鹿児島県屋久島町平内277-77
交通
宮之浦港から種子島・屋久島交通栗生橋行きバスで1時間16分、上之牧下車、徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
18:00~不定(要予約)
休業日
不定休
料金
首折れサバの刺身=500円~/飛魚のつけあげ=550円/飛び魚の唐揚げ=600円/飛び魚の開き=500円/ダツの塩焼き=400円/屋久とろ=400円/亀の手のみそ汁=300円/地鶏刺し=550円/チレダイのからあげ=600円~/ 平均予算(夜):2000円
筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事の出典元は「まっぷる屋久島・奄美 種子島’19」です。掲載した内容は、2017年6月~12月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  > 
×