エリア・ジャンルからさがす

トップ > 全国 x 郷土料理 > 九州・沖縄 x 郷土料理 > 沖縄 x 郷土料理 > 沖縄本島・慶良間諸島 x 郷土料理 > 沖縄中部 x 郷土料理

沖縄中部 x 郷土料理

沖縄中部のおすすめの郷土料理スポット

沖縄中部のおすすめの郷土料理スポットをご紹介します。昔懐かしい雰囲気の沖縄らしさがあふれる店「古民家食堂 てぃーらぶい」、昔ながらの沖縄そばが自慢「沖縄そば専門店 浜屋そば」、伝統を守りながら進化を続ける新・沖縄料理「榮料理店」など情報満載。

  • スポット:15 件
  • 記事:7 件

沖縄中部のおすすめエリア

沖縄中部の新着記事

【沖縄】南国フルーツたっぷりのスイーツが食べられるおすすめのお店7選

一年を通して暖かい沖縄は、見た目もかわいい南国ならではのフルーツがよく育つ。彩りも豊かで、スイーツにも使われているので、一度ご賞味あれ♪

【沖縄みやげ】おすすめの伝統工芸品はコレ! 琉球ガラスにシーサー、焼き物など!

個性的なお土産を見つけるなら、沖縄クラフトはいかが?やちむん(焼物)や琉球ガラス、紅型など、伝統的な手法に現代の感性を取り入れた工芸品は、素朴な風合いながら存在感は抜群!ほとんどが一点ものというのも魅...

沖縄【中部】沖縄東海岸ドライブのみどころ! 勝連城跡から海中道路を通って魅力的な島々へ!

沖縄本島と平安座島の間を結び、沖縄ドライブのマストコースとして人気の海中道路。さらに橋でつながるその先の離島には、琉球創世神話の残る聖地やパワースポットが点在しています。エメラルドグリーンの海と空の間...

【沖縄】道の駅&産直市場はグルメと特産物がいっぱい!

名物グルメや味みやげが集まる道の駅&産直市場。フルーツやスイーツはもちろん、ご当地フードも満載なので買っても食べても大満足。ドライブ途中に休憩がてら立ち寄ろう。

【沖縄・中部】外国人住宅SHOP♪おしゃれでカワイイ!

米軍施設が点在する中部で、1950年頃から建てられ始めた“外国人住宅”。現在は個性豊かなショップやカフェに改装され人気を集めている。なかでも、おしゃれ女子注目の3エリアをピックアップ。

【沖縄】2017年~2019年にオープン&リニューアル! 行ってみたい話題のスポット

選りすぐりの沖縄みやげと地産地消メニューがそろうデパートショップや、うるま市の「食」が豊富にそろう物産施設などを紹介。

【沖縄みやげ】 厳選したおすすめのおみやげをご紹介!

旅の思い出に思わずほしくなる、とっておきのお土産が大集合!沖縄の味が詰まった自慢の逸品や、手作りの味に心がほっこりする昔ながらの沖縄おやつ。人気作家の一点ものをお持ち帰りしたい沖縄クラフトに、南国モチ...

【沖縄中部】おすすめ外国人住宅カフェ! 注目のローカルエリアへ

1950年頃、沖縄に駐屯する米軍基地関係の軍人や、その家族用の住宅として建てられ始めた外国人住宅。沖縄本土が日本に返還された1972年(昭和47年)、沖縄各地にある外国人住宅は、民間人への貸し出しがは...

【沖縄カフェ】居心地の良さに感動! 沖縄のおすすめ古民家カフェ♪

沖縄独特の気候風土に合わせて建てられた昔ながらの古民家は、琉球の風を感じながらゆったりと過ごすことができます。そんなノスタルジックなムードあふれる古民家で、島の食材を使ったやさしい味の家庭料理が味わえ...

【沖縄カフェ】SNS映えも抜群! おすすめのフォトジェニック&おしゃれなカフェ

沖縄の真っ青な空に似合うカラフルなカフェ&スイーツをピックアップしました。運ばれてくるだけでテンションが上がる人気カフェのキュートなスイーツは、写真映えすること間違いなし!沖縄ならではの野菜や南国フル...
もっと見る

1~20 件を表示 / 全 15 件

沖縄中部のおすすめの郷土料理スポット

古民家食堂 てぃーらぶい

昔懐かしい雰囲気の沖縄らしさがあふれる店

里帰りをテーマに、築80年余りの古民家を再生した食堂。昔ながらの集落が残る浜比嘉島にあり、メニューは島の住民のアイデアによるもの。地元の農家から仕入れた野菜を使う。

古民家食堂 てぃーらぶい
古民家食堂 てぃーらぶい

古民家食堂 てぃーらぶい

住所
沖縄県うるま市勝連浜56
交通
沖縄自動車道沖縄北ICから県道36・10・238号、一般道を浜比嘉方面へ車で20km
料金
浜のてぃーらぶい定食=1250円/

沖縄そば専門店 浜屋そば

昔ながらの沖縄そばが自慢

あっさりしているのにコクのあるスープの深い味わいにリピーターも多く、地元でも人気の沖縄そば店。目の前はダイビングで人気の海。

沖縄そば専門店 浜屋そば
沖縄そば専門店 浜屋そば

沖縄そば専門店 浜屋そば

住所
沖縄県中頭郡北谷町宮城2-99
交通
那覇空港から琉球バス交通・沖縄バス20番・120番名護バスターミナル行きで1時間、航空隊入口下車、徒歩10分
料金
浜屋そば=680円(大)/てびちそば(ごはん付き)=750円/ゆしどうふそば(ごはん付き)=600円/

榮料理店

伝統を守りながら進化を続ける新・沖縄料理

伝統を大事にしながら、オリジナリティを加えた新しい沖縄料理が楽しめる店。甕貯蔵の泡盛、自家製の果実酒、パッションフルーツやマンゴーなどを使った沖縄らしいカクテルが揃う。

榮料理店

住所
沖縄県うるま市石川伊波1553-463
交通
沖縄自動車道石川ICから県道73号、国道329号を石川石崎方面へ車で1km

大衆食堂ミッキー

外国人客からも人気が高い

沖縄市街のパークアベニューにある人気食堂。店内には女将の嘉手納江利子さんの明るい声が響き、いつも活気にあふれている。

大衆食堂ミッキー
大衆食堂ミッキー

大衆食堂ミッキー

住所
沖縄県沖縄市中央3丁目1-6
交通
那覇バスターミナルから琉球バス交通・沖縄バス27番屋慶名線屋慶名バスターミナル行きで1時間10分、胡屋下車、徒歩4分
料金
ゴーヤチャンプル(夏期のみ)=600円/タコライス=600円/ソーキそば=650円/パパイヤチャンプルー=600円/

高江洲そば

地元にもファンが多いゆし豆腐そばの元祖

沖縄そばにゆし豆腐がたっぷりと入った「ゆしどうふそば」が名物。余分な脂を取り除いて仕上げる塩味のスープ、ゼラチン状になるまで煮込む軟骨が豆腐のやさしい風味を醸し出す。

高江洲そば
高江洲そば

高江洲そば

住所
沖縄県浦添市伊祖3丁目36-1
交通
沖縄自動車道西原ICから国道330号などを伊祖方面へ車で4km
料金
ソーキそば(大)=770円/中味そば(大)=770円/ゆしどうふそば(大)=620円/

きんぱぎんぱ

風情たっぷりの古民家で創作料理をいただく

本島北部の古民家を移築し改装した印象的な店構え。テーブル席や掘座卓席をはじめ、屋外縁側席などでくつろぎながら、泡盛とともに、アレンジを加えた沖縄料理を心ゆくまで堪能していただける。

きんぱぎんぱ
きんぱぎんぱ

きんぱぎんぱ

住所
沖縄県中頭郡北谷町美浜2丁目4-7
交通
那覇バスターミナルから琉球バス交通・沖縄バス20番・120番名護バスターミナル行きで50分、軍病院前下車、徒歩3分
料金
いか墨麺焼きそば=640円/手作りじーまーみー豆腐=430円/北谷長老酒造一本松=1010円(2合)/もずくの天ぷら=480円/

根夢 伊佐店

一晩寝かせることで旨みがアップ

スープはかつお節と豚骨からそれぞれ取っただしを7対3の割合でブレンドし、やや酸味があるのが特徴。メニューは沖縄そばが中心で、トッピングなしのかけそばもある。

根夢 伊佐店
根夢 伊佐店

根夢 伊佐店

住所
沖縄県宜野湾市伊佐4丁目2-14
交通
沖縄自動車道北中城ICから県道29・35・81号を宜野湾漁港方面へ車で5km
料金
ミックスそば(中)=680円/ソーキそば=780円(大)・680円(中)・490円(小)/なんこつのみ=730円(大)・630円(中)・440円(小)/かけそば=570円(大)・460円(中)・340円(小)/塩おにぎり(1個)=60円/

りんくる食堂

のどごしすっきりの和を感じる沖縄そば

店主が15年かけてさまざまな沖縄そばを食べ歩き、現在の味を完成させた。和テイストのまろやかな味わいのスープは、個性的なトッピングにもよく合う。店内は、オーナーが集めたアンティークグッズを飾った、レトロでかわいらしい雰囲気。

りんくる食堂
りんくる食堂

りんくる食堂

住所
沖縄県中頭郡北谷町浜川186S46
交通
那覇空港から琉球バスまたは沖縄バス20・120番名護バスターミナル行きで1時間、航空隊入口下車すぐ
料金
鶏そば=680円/あさりそば=700円/ポークたまごそば=630円/

てだこそば

沖縄そばのバリエーションが豊富

とろりとした食感がたまらないソーキがのったそばは、自家製の麺が素朴で味わい深い。ヨモギを練り込んだ鮮やかなグリーンのよもぎそばや冷やしそばも好評。

てだこそば

てだこそば

住所
沖縄県浦添市仲間1丁目2-2コーポ西原 101
交通
沖縄自動車道西原ICから国道330号、県道38号を浦添図書館方面へ車で4km
料金
ソーキそば(中)=640円/よもぎそば(中)=690円/冷やしそば(中)=590円/ムジそば(中)=690円/

まるやすそば

白肌の自家製生麺にスープがよくからむ

女性3名で切り盛りする沖縄そばの専門店。麺は自家製の生麺で、注文が入ってからゆでるため、自家製生麺のおいしさが損なわれずに味わえる。

まるやすそば
まるやすそば

まるやすそば

住所
沖縄県うるま市具志川2921
交通
沖縄自動車道沖縄北ICから県道36・75・10号を具志川運動公園方面へ車で5km
料金
まるやすそば=690円(大)/三枚肉そば=650円(大)/とりめし=280円(小)/

アワセそば食堂

地元で愛されるそば店

オリジナルの配合で作る麺は、もっちりとした食感。平麺と細麺があり好みの方を選べる。スープはあっさりとしていながらコクがある。麺と野菜、三枚肉を炒めた焼きそばも人気が高い。

アワセそば食堂
アワセそば食堂

アワセそば食堂

住所
沖縄県沖縄市高原5丁目3-9
交通
沖縄自動車道沖縄南ICから県道85・20号を高原方面へ車で5km
料金
アワセそば=640円(中)/焼そば(スープ付き)=840円/おかず(ご飯、スープ付き)=890円/

海が見えるそば家

景色とともに楽しむ沖縄そば

堤防のすぐそばにあるカフェ風の沖縄そば店。店内からは海が見渡せ、夕方には海に沈む太陽が眺められる。そばは無添加、天然海塩を使用し、やさしい味わい。

海が見えるそば家

海が見えるそば家

住所
沖縄県中頭郡嘉手納町水釜6丁目25-13
交通
沖縄自動車道沖縄南ICから県道23号、国道58号を嘉手納方面へ車で8km
料金
そば各種=470円(小)・650円(大)・730円(大盛り)/軟骨ソーキ丼=630円/沖縄ぜんざい=270円~/ソーキそば=590円(小)・780円(大)・850円(大盛り)/

鶏そば屋 いしぐふー 港川店

やんばる地鶏の白湯スープがクセになる

外国人住宅街に建つ穴場店。やんばる地鶏の白湯スープと、職人が時間をかけて作った自家製面は「こし」と「つるつる」した食感がクセになる。

鶏そば屋 いしぐふー 港川店
鶏そば屋 いしぐふー 港川店

鶏そば屋 いしぐふー 港川店

住所
沖縄県浦添市港川2丁目13-6#40
交通
沖縄自動車道西原ICから国道330号、県道153号、国道58号をキャンプキンザー方面へ車で5km
料金
鶏炙そば(中)=700円/鶏塩そば(中)=700円/特選そば(中)=800円/島野菜バイキング(そば注文時のみ)=100円/

カフェレストラン長楽

特産の田芋料理が並ぶヘルシー膳

ドゥルワカシーやむじ汁など、金武町特産の田芋を使った田いも膳のほか、てびち定食など沖縄の家庭料理が楽しめる。ティータイムには田芋チーズケーキや田芋パイが味わえる。

カフェレストラン長楽
カフェレストラン長楽

カフェレストラン長楽

住所
沖縄県国頭郡金武町金武4348-15
交通
沖縄自動車道金武ICから国道329号を金武町役場方面へ車で2km
料金
田いも膳=1750円/長楽弁当=1250円/田いも饅頭セット=540円/

琉球料理 あしびjima

オリジナルの古酒と豊富な一品料理を味わう

囲炉裏や岩でできたオブジェを配した琉球料理の店。おすすめはグルクンの唐揚げや刺身が付いたあしび会席。店オリジナルの古酒に合う一品料理も豊富にそろう。

琉球料理 あしびjima

琉球料理 あしびjima

住所
沖縄県宜野湾市大山2丁目2-2
交通
沖縄自動車道西原ICから国道330号、県道34号、国道58号を宜野湾方面へ車で5km
料金
あしび会席=3780円/どぅるてん=324円/ソーキとニガナのみそ炒め=1058円/ヒージャー刺=1296円/