エリア・ジャンルからさがす

トップ > 日本 > 北海道 > 札幌・函館・旭川 > 函館・道南 > 函館・大沼 > 湯の川温泉 > 湯の浜ホテル(日帰り入浴)

ユノハマホテル

湯の浜ホテル(日帰り入浴)

湯の川温泉 / 宿などの外来入浴

絶好のロケーションが自慢

津軽海峡や函館山、下北半島を望んだ最高のロケーションが自慢の露天風呂。マッサージ効果のあるバイブラバス、蒸気風呂、寝湯などの風呂があり、ゆっくりと入浴できる。

湯の浜ホテル(日帰り入浴)の画像 1枚目
湯の浜ホテル(日帰り入浴)の画像 2枚目
湯の浜ホテル(日帰り入浴)の画像 3枚目
湯の浜ホテル(日帰り入浴)の詳細情報
住所
北海道函館市湯川町1丁目2-30 (大きな地図で場所を見る)
電話
0138-59-2231
交通
JR函館本線函館駅から市電湯の川行きで30分、湯の川温泉下車、徒歩8分
営業期間
通年
営業時間
13:00~20:00(閉館)
休業日
無休
料金
入浴料=大人1000円、小人700円/
駐車場
あり | 台数:50台 | 無料
ID
1010543

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

湯の浜ホテル(日帰り入浴)と同じエリアの記事

北海道【函館・道南観光】移動手段と宿泊を目的に合わせて検討!

函館など道南の観光に訪れたい街の概要や訪れる時期をつかんだら、次に移動手段と宿をチェック。出発地点や予算、現地での観光ルートなどを考慮して、上手にアクセスしよう。

函館【湯の川温泉】海を眺める温泉宿

函館駅から約6㎞の場所にある湯の川温泉。北海道三大温泉郷のひとつであり、漁火を望む露天風呂が名物です。承応2(1653)年に開湯し、現在では年間180万人が宿泊する人気の温泉地になりました。函館中心部...

函館雑学!【土方歳三の生涯】幕末に生きた男の軌跡

函館必食グルメ!【塩ラーメン】シンプルだけど奥深い味!

北海道三大ご当地ラーメンのひとつである函館の塩ラーメン。シンプルな一杯だけに、店ごとのこだわりがストレートに表現される。

【北海道・函館ラーメン】函館グルメといえば…塩ラーメン! 地元で愛される名店はここ!

北海道三大ご当地ラーメンのひとつである函館の塩ラーメン。塩ラーメンは特にシンプルな味わいだけに、店ごとのこだわりがストレートに感じられるはず。事前に好みの味をしっかりリサーチして、自分だけの一杯に出会...

北海道【函館】★幸せいっぱい★人気の函館スイーツ

見た目も味わいも華やかなスイーツがそろいぶみの函館。たくさん歩いた後の、ごほうびとして和洋人気スイーツを味わおう。

函館グルメのおすすめ10選!寿司・海鮮丼・イカ料理・塩ラーメン・洋食で行きたい店はここ

函館グルメで欠かせない「寿司」「海鮮丼」「イカ料理」「塩ラーメン」「洋食」のおすすめ10店をピックアップ!北海道屈指の漁港を持つ函館らしい海鮮から、日本でもいち早く開港したという歴史をふまえたハイカラ...

【函館空港】徹底ガイド!新たなコンセプトショップがオープン!

空の玄関口・函館空港は北海道銘菓と雑貨みやげが充実!なかでもおしゃれな雑貨を豊富にそろえる「函と館」のここでしか買えない限定おみやげは必見。

【北海道】感動の絶景スポットに会いに行く!

カラフルな花々や神秘的な水景色、季節限定の風景…。スケールの大きさが魅力の北海道の絶景に会いに行こう。

函館【湯の川】お宿のお風呂と老舗の銭湯のお湯比べ!

湯の川温泉自慢の湯で旅の疲れを癒そう。ホテルや旅館の日帰り温泉と地元っ子御用達の銭湯。どちらがお好み?
もっと見る

湯の浜ホテル(日帰り入浴)の近くのスポット

湯の浜ホテル(日帰り入浴)のエリア × テーマ

トップ > 日本 > 北海道 > 札幌・函館・旭川 > 函館・道南 > 函館・大沼 > 湯の川温泉
トップ > 宿泊・温泉 > 日帰り温泉・入浴施設 > 宿などの外来入浴
トップ > 日本 x 宿などの外来入浴 > 北海道 x 宿などの外来入浴 > 札幌・函館・旭川 x 宿などの外来入浴 > 函館・道南 x 宿などの外来入浴 > 函館・大沼 x 宿などの外来入浴 > 湯の川温泉 x 宿などの外来入浴