トップ > 全国 > 北海道 > 札幌・函館・旭川 > 函館・道南 > 函館・大沼 > 元町・函館山 > 茶房 菊泉

サボウキクイズミ

茶房 菊泉

古き良き時代の日本を体感できる店

大正時代の酒問屋「菊泉」別宅を利用した甘味処。ほぼ手を加えていない店内で、なつかしい時代を感じながら、自家製の甘味を味わえる。店内の調度品のほとんどは実際に使われていたもの。

住所
北海道函館市元町14-5 (大きな地図で場所を見る)
電話
0138-22-0306
交通
JR函館本線函館駅から市電函館どつく前行きで8分、末広町下車、徒歩8分
営業期間
通年
営業時間
10:00~17:00(閉店)
休業日
木曜、祝日の場合は営業(臨時休あり、年末年始休)
料金
とうふ白玉パフェ=680円/とうふ白玉パフェとコーヒーのセット=1030円/イカスミ味ブラックオムライス(コーヒー付)=920円/くじら汁(握りめし付)=680円/デミグラオムライス(サラダ・コーヒーorアイスコーヒー付)=970円/コーヒー=450円/
ID
1013113

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

エリア × テーマ

 >  >   >   >   >   > 
 >  >   > 
 >  >   >   >   >   > 

同じエリアに関連する記事

函館【レトロカフェ&レストラン】雰囲気もメニューも素敵!

元町やベイエリアには味のある古民家を利用した飲食店が数多くある。港町ならではの雰囲気とおすすめメニューを堪能しよう。

【函館・道南】いつ行くか決めよう!季節のイベントをチェック!

~イベントとからめて観光するのもOK~季節によって楽しみ方はさまざま。時期によっては予算も変わるので、それらを考慮して日程を決めよう。

函館必食グルメ!【ローカルフード】地元愛されフード!

全国ご当地バーガーナンバー1に輝いたバーガーから手ごろな定食まで、バラエティ豊かな料理を紹介しよう。

函館グルメといえば…洋食料理!歴史に裏打ちされた味を楽しもう!

函館港は幕末の時代から日本の中でもいち早く外国船を受け入れてきた歴史があり、その影響で函館では今でも洋食文化が花開いています。新鮮で豊富な食材が手に入りやすいことに加え、老舗の名店も多く、舌の肥えた函...

函館市電の終着駅【函館どつく】周辺おすすめスポット!

元町の西端は昔からの住宅が残る閑静なエリア。海を見渡せる高台には、故国に帰れぬまま亡くなった外国人たちがひっそりと眠っている。

函館【元町】必食グルメ!洋食、和食の人気店をチェック!

元町には北海道でもいち早く根付いた洋食文化を脈々と受け継いでいる洋食店や、手の込んだごちそうを提供する高級店も多い。実力派から個性派まで、数ある名店の中から好みの味を探してみよう。

函館グルメといえば…塩ラーメン!地元で愛される名店はここ!

北海道三大ご当地ラーメンのひとつである函館の塩ラーメン。札幌の味噌ラーメン、旭川の醤油ラーメンも有名ですが、塩ラーメンは特にシンプルな味わいだけに、店ごとのこだわりがストレートに感じられるはず。事前に...

函館B級グルメ!バラエティ豊かなソウルフード!

全国ご当地バーガーナンバー1に輝いたバーガーから昔ながらの焼きそばまで、B級グルメというにはもったいない、バラエティ豊かな料理を紹介。

函館【ベイエリア・十字街】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

旅情あふれる港町ならではの体験を貿易港として、幕末から世界への扉が開かれていたベイエリア。異国情緒漂う赤レンガ倉庫群の周辺には、ショッピングゾーンのほかレストランなどの飲食店も多く、モダンな港町ならで...

条件検索

エリアとジャンルを指定してください