コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  函館【ベイエリア・十字街】人気おすすめスポット!見る、食べる、遊ぶ!

函館【ベイエリア・十字街】人気おすすめスポット!見る、食べる、遊ぶ!

by mapple

更新日:2018年5月30日

旅情あふれる港町ならではの体験を
貿易港として、幕末から世界への扉が開かれていたベイエリア。異国情緒漂う赤レンガ倉庫群の周辺には、ショッピングゾーンのほかレストランなどの飲食店も多く、モダンな港町ならではの味を楽しむことができる。周辺には、おしゃれな雑貨店や体験施設もある。

旧倉庫を利用した箱館高田屋嘉兵衛資料館。ベイエリアには歴史スポットも多い

バルレストラン ラ・コンチャ

地元素材を使ったスペイン料理

オーナーシェフは本場スペインで料理を学んだその道の第一人者。スペイン語で立ち飲み屋といった意味の「バル」が店名になっているだけあって、本格的な料理と酒が気軽に楽しめる。スペイン風おつまみ「ピンチョス」(1個)280円や、具がたっぷりの「パエリア」(2人前)2800円のほか、タラなど、地元の素材を使った料理を提供。ワインも豊富にそろう。

0138-27-2181
17:00~22:30(日曜は~22:00) 月曜定休(1月に2~3週間休みあり)
函館市末広町14-6 市電十字街から徒歩5分 駐車場3台

タラのニンニクパセリソース煮込み1450円
香ばしいニンニクの香りが食欲をそそる。食前酒には自家製サングリア(写真後方)1300円がおすすめだ

大正10(1921)年築の建物を改装。和洋が混在した独特の雰囲気が魅力

函館市北方民族資料館

北国に生きた祖の資料を見る

旧日本銀行函館支店の建物を利用した資料館。アイヌ民族や北方民族に関する衣服・生活用品などを展示。函館が輩出した民俗学研究者の資料を見ることもできる。

入口付近ではコロポックルが歓迎してくれる

はこだてビール

できたての地ビールに舌鼓

函館山の地下水で醸造した地ビールが味わえる。地ビール5種のほか、ソーセージやパエリアなどのフードメニューも充実している。

具だくさんのパエリア(1242円)が人気

はこだて海鮮市場西波止場店

みやげが豊富な総合マーケット

北海道銘菓や水産加工品をはじめ、地ビールやワインも豊富にそろえる。ここに立ち寄ればほしいものは大体見つかるはず。さきいかの実演販売も必見。

広々とした店内に、北海道や函館のおみやげがズラリと並んでいる

緑の島

函館湾を一望できる公園

海に囲まれた憩いの公園。ベイエリアや函館山を一望でき、ここから見る夜景も素晴らしい。島までは「新島橋」を歩いて渡る。島の面積は8万㎡ある。

クルーザーが停泊し、おしゃれな港町風情が漂う

ITALIAN GOGO

散策の疲れを癒すイタリアン

函館の食材でイタリアの味を再現するのがモットー。種類豊富なパスタのほか、イタリア産ワインが100種類以上そろっており、料理に合わせて楽しめる。

函館和牛ホホ肉とポルチーニ茸のラグーソースのフェットチーネ1500円

オレンジ色の明かりで落ち着いた雰囲気の店内

要チェック!ベイエリアの2大雑貨店めぐり

趣向を凝らした手作り雑貨を販売するベイエリアの2大雑貨店をめぐるのもおすすめだ。

SUQ+

住宅街のなかにたたずむ、手作り雑貨店。店内には靴を脱いで入るので、友達の家に遊びにきたかのようにリラックスできる。店主が手作りするほぼ一点ものの革製品や洋服、雑貨などが並べられている。

アンティーク家具が配置された店内

一見ごく普通の民家に見えるので、見落とさないようにしよう

はこだて工芸舎

昭和10(1935)年築の旧梅津商店の建物を利用し、道内を中心に全国の工芸家30数名の作品を展示・販売する工芸ギャラリー。陶芸体験教室や、全国のクラフト作家による企画展も開催している。

歴史的建造物の店でお気に入りを見つけよう

銀座通りの入口に建つモダンな洋風耐火建築

筆者:mapple

この記事の出典元は「まっぷる函館 大沼・松前・江差'19」です。掲載した内容は、2017年5月~12月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

オススメの記事

×
×