コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【函館】元町レトロさんぽ♪教会&倉庫群をめぐる

【函館】元町レトロさんぽ♪教会&倉庫群をめぐる

by mapple

更新日:2018年4月19日

函館を代表する観光エリア・元町は、異国情緒漂う街並みが魅力。この元町での観光は、教会や洋館などの建物ウォッチングがメイン。各建物の歴史を学んでから、その建築物を見るとさらにおもしろい。


◆さくっとナビ◆
どれくらいかかる? 3時間
いつ行く? 通年
雨の日はどうなる? 傘が必須

散策のおともに「函館まちあるきマップ」を活用しよう!
さまざまなテーマごとに街の魅力を紹介している。観光案内所などで配布しており、ホームページでのダウンロードも可能だ。全26コース。http://www.hakobura.jp/course/

函館ハリストス正教会

「ガンガン寺」の 愛称で親しまれる 日本最古のロシア正教会
安政6(1859)年、初代ロシア領事館の付属聖堂として建てられたのが始まり。聖堂内には約70枚のイコン(イエス、聖人や聖書などにおける出来事などを描いた画像)が飾られており、おごそかな雰囲気が漂う。

内部見学OK 内部撮影NG

大正5(1916)年築
明治期に焼失し、ロシア風ビサンチン建築で再建

チャチャ登り

眺めるならココから
「チャチャ」とはアイヌ語でおじいさんという意味。キリスト教のおもな宗派であるカトリック、プロテスタント、正教会の建物が一度に見られる珍しい場所。

チャチャ登りから見える3つの教会

カトリック元町教会

石畳の大三坂に映える荘厳な建物
フランス人宣教師のメルメ・デ・カションが、江戸時代末に仮聖堂を建てたのが始まり。内部の祭壇は、ローマ法王ベネディクト15世から贈られた貴重なもの。屋根の上にある風見鶏が建物の目印。

内部見学OK 内部撮影NG

大正12(1923)年築
明治期に焼失し、再建と同時に高さ33mの大鐘楼を建立

八幡坂

函館湾を見下ろす名物坂
函館を象徴する坂。名称は、かつて函館八幡宮があったことに由来する。函館湾を一望できる眺めと、坂の両側にある並木の組み合わせが美しい。遠くには「函館市青函連絡船記念館摩周丸」も見える。

旧函館区公会堂(函館市重要文化財)

明治時代の面影を残す豪奢な建物
豪商・相馬哲平の巨額の寄付により建てられた木造洋館。大理石の暖炉を備えた貴賓室やシャンデリアなど、明治期の華やかさを残す内部は必見。大正天皇が皇太子時代に宿泊所として利用した。

内部見学OK 内部撮影OK

明治43(1910)年築
左右対称のコロニアル様式で、和の要素を含む洋風建築

ハイカラ衣裳館

こんな体験も
クラシックなドレスを着て記念写真撮影ができる(別途1000円)。

ヘアセットやメイク(別途1000円)もしてくれる

旧相馬邸

函館港が一望できる豪商の邸宅
豪商・相馬哲平が明治期に建てた一部2階建ての邸宅。館内や土蔵ギャラリーでは、約280年前の江差屏風、アイヌ絵巻のほか、榎本武揚、西郷隆盛、幕末三舟掛け軸などの貴重な展示品が見られる。

内部見学OK 内部撮影OK

明治41(1908)年築
豪華な意匠が施されている和洋折衷の建物で、函館最古の住宅

函館市旧イギリス領事館

開港の歴史を伝える記念館
イギリス政府が設計したコロニアル様式の建物。レンガ造りで外壁には漆喰が施されている。昭和9(1934)年までイギリス領事館として機能し、現在は函館開港の歴史を伝える記念館となっている。

内部見学OK 内部撮影OK

大正2(1913)年築
度重なる火災のあと再建され、領事館として使われる

ティールーム ヴィクトリアンローズ

カフェあります
イギリスから取り寄せた調度品を配したカフェで本場の紅茶が味わえる。

アフターヌーンティーセット(1名)1500円

元町の古民家カフェ

まるたま小屋

カトリック元町教会から徒歩3分
築80年以上もの古民家を利用。ピロシキや本格ボルシチなどのおもにロシア料理を提供。

ロシア・東欧雑貨も販売

茶房 菊泉

カトリック元町教会からすぐ
大正時代の酒問屋の別宅を利用した甘味処。レトロな空間で自家製甘味を味わおう。

店内に囲炉裏が残されている

右・とうふ白玉パフェ(680円)

甘味処・生活骨董 函館 きんぎょ茶屋

旧イギリス領事館から徒歩3分
築100年以上の民家を利用した和風カフェ。十勝小豆を使った甘味、軽食メニューも豊富。

羽衣セット(810円)

天井や土間はそのまま利用

筆者:mapple

まっぷる北海道’19

発売日:2018年02月05日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる北海道'19」です。掲載した内容は、2017年5月~12月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×