>  >  >  >  >  >  【函館】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

【函館】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

【函館】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

函館市青函連絡船記念館 摩周丸

資料館になった青函連絡船

青函連絡船「摩周丸」が係留・保存されていて、操舵室や無線通信室が見学できる。パネルや模型、映像で、連絡船の仕組みや歴史を学ぶことができる。

函館市青函連絡船記念館 摩周丸

青函連絡船に乗船する感覚が楽しい

函館市青函連絡船記念館摩周丸

住所
北海道函館市若松町12番地先
交通
JR函館本線函館駅から徒歩4分
営業期間
通年
営業時間
8:30~17:00(閉館18:00、11~翌3月は9:00~16:00<閉館17:00>)
休業日
無休(船舶検査、特別清掃等による臨時休あり)
料金
大人500円、小・中・高校生250円、青森八甲田丸との共通入場券700円(市内在住の障がい者は函館市発行のカード提示持参で入館料無料、市内在住の高齢者は函館市発行のカード持参で半額)

外国人墓地

函館湾を見晴らす、夕日の名所

ペリー提督の来航で、水兵2名を埋葬したのが始まり。プロテスタント墓地、ロシア人墓地、中国人墓地などがあり、宗教や国を超えて、たくさんの人々が眠っている。

外国人墓地

海岸線が美しく見える絶景ポイント

外国人墓地

住所
北海道函館市船見町23
交通
JR函館本線函館駅から市電函館どつく前行きで12分、終点下車、徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
無休
料金
情報なし

天使の聖母 トラピスチヌ修道院

日本初の女子観想修道院

観想修道院では、その中だけで修道女が修道生活を送る。そのため、内部の見学はできないが、付設の資料館で院内生活を知ることができる。

天使の聖母 トラピスチヌ修道院

天使の聖母トラピスチヌ修道院

住所
北海道函館市上湯川町346
交通
JR函館本線函館駅から函館バス19・39・39-1系統で29分、湯川団地北口下車、徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
8:00~17:00(閉館、時期により異なる)
休業日
無休(臨時休あり、GW・盆時期は営業、12月30日~翌1月2日休)
料金
入場料=無料/マダレナケーキ=1600円(12個入)、1100円(8個入)/プレーンクッキー=600円(10個入)/

北島三郎記念館

演歌界の大御所が熱唱

臨場感あふれる音響や大型スクリーンでのライブ映像が流れる体験型記念館。北島三郎の歌ひとすじの人生、成功までの軌跡がよくわかる。グッズがそろう売店もある。

北島三郎記念館

「まつり」が流れてサブちゃん登場

北島三郎記念館

住所
北海道函館市末広町22-11
交通
JR函館本線函館駅から市電函館どつく前行きで8分、末広町下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~18:00(最終入館)
休業日
無休
料金
大人1540円、小人400円(障がい者手帳持参または80歳以上は証明書持参で入館料半額)

珈琲焙煎工房 函館美鈴 大門店

北海道でいちばん歴史あるコーヒー店

昭和7(1932)年創業、「美鈴珈琲」として親しまれているコーヒーメーカーで、ここが第一号店。コーヒー豆をおみやげにするもよし、喫茶室でひと休みするもよし。

珈琲焙煎工房 函館美鈴 大門店

コーヒーを使ったスイーツもおすすめ

珈琲焙煎工房 函館美鈴 大門店

北海道初の珈琲焙煎機

珈琲焙煎工房 函館美鈴 大門店

住所
北海道函館市松風町7-1
交通
JR函館本線函館駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
10:00~19:00(閉店)
休業日
無休
料金
おすすめコーヒー=450円/キャラメルコーヒー=500円/珈琲ロール=280円/珈琲屋さんのコーヒーそふとくりーむ=420円(イートイン)・300円(テイクアウト)/ピザセット(コーヒー付)=850円/ 平均予算(昼):500円

すし蔵

素材のうまみを引き出す熟練の技

近海の獲れたての魚を仕入れ、手間ひまかけて味を最大限に引き出す。地元客の信頼も厚い人気の寿司店だ。

すし蔵

おまかせ握りは3996円

すし蔵

大将の技を間近に見るのもいい

すし蔵

住所
北海道函館市本町4-21
交通
JR函館本線函館駅から市電湯の川行きで13分、中央病院前下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
17:00~翌2:00(閉店)
休業日
日曜(1月1日休)
料金
おまかせ握り=3996円/自家製のくじらベーコン=1620円/自家製いか醤油辛=324円/北寄もと焼き=972円/煮蛸=864円/ 平均予算(夜):8000円

グルメ回転すし函太郎 宇賀浦本店

函館で回転寿司といえばココ!

近海で獲れる各種ネタは鮮度が抜群。釣り船の生けすで生きたまま運ばれる「生け簀いか」は、この店ならではの人気メニューだ。

グルメ回転すし函太郎 宇賀浦本店

6~12月の夜は漁火を眺めながら

グルメ回転すし函太郎 宇賀浦本店

住所
北海道函館市宇賀浦町14-4
交通
JR函館本線函館駅から函館バス湯倉神社前経由日吉営業所行きで7分、宇賀浦町下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
11:00~22:00(閉店)
休業日
無休(12月31日~翌1月1日休)
料金
真いか=195円/活ほっき(一貫)=238円/はまち=238円/紅鮭筋子握り=324円/鯛一郎クン=432円/軍艦三昧(いくら・ねぎとろ・かに味噌)=454円/ 平均予算(昼):2200円, 平均予算(夜):2400円

海のダイニングshirokuma

函館湾を一望できる

地元産の新鮮な魚介や道産野菜など、素材にこだわったメニューが楽しめるレストラン。夜景の見える絶景スポットとしても人気だ。

海のダイニングshirokuma

ランチプレートは1200円

海のダイニングshirokuma

夏はテラスでも食事が楽しめる

海のダイニングしろくま

住所
北海道函館市末広町24-23
交通
JR函館本線函館駅から市電函館どつく前行きで8分、末広町下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
11:30~21:30(L.O.)
休業日
木曜(年末年始休)
料金
ペスカトーレ=1300円/包み焼きハンバーグシチュー=1500円/ランチプレート=1200円/パスタランチ=980円/ 平均予算(昼):1000円, 平均予算(夜):3000円

自家焙煎珈琲 箱館元町珈琲店

こだわりの深煎りコーヒーを

八幡坂沿いに建つおしゃれな自家焙煎コーヒー店。一杯ずつハンドドリップされたコーヒーは、風味豊かな香りと深いコクがある。自家製のケーキも人気。

自家焙煎珈琲 箱館元町珈琲店

深いコクとほろ苦さがある深煎珈琲Bitter

自家焙煎珈琲 箱館元町珈琲店

木の温もりあふれる店内

自家焙煎珈琲 箱館元町珈琲店

住所
北海道函館市元町31-11
交通
JR函館本線函館駅から市電函館どつく前行きで8分、末広町下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
10:00~17:30(L.O.)
休業日
火曜、祝日の場合は営業
料金
深煎珈琲Bitter=500円(25g・120cc)/店主のきまぐれサンドウィッチ=500円/ 平均予算(昼):500円

うに むらかみ 函館本店

口の中で広がる、ウニの甘み

ウニ加工会社の直営店だからこそ、こだわりとおいしさは折り紙付き。無添加の生ウニは、食べると甘さが口の中に広がる人気の品。

うに むらかみ 函館本店

無添加 生うに丼(4320円)

うに むらかみ 函館本店

落ち着いた和風造りの店内

うに むらかみ 函館本店

住所
北海道函館市大手町22-1
交通
JR函館本線函館駅から徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
9:00~14:00(閉店14:30、10~翌4月下旬は11:00~13:45)、17:00~21:00(閉店22:00)
休業日
水曜(年末年始休)
料金
無添加生うに丼=4320円・Sサイズ2592円/自家製うに屋のウニグラタン=918円/ウニルイベ=950円/生うに入りだし巻き玉子=1296円/ 平均予算(昼):3000円, 平均予算(夜):4500円

奥尻島

海岸線に奇岩が連なる奥尻島は、海の幸も魅力

北海道の南西端にある島。奥尻島のシンボルである鍋釣岩は、中心部が自然浸食され、ちょうど鍋のつるのように見えることから、この名がついた。夜は幻想的にライトアップされる。ウニやアワビなど、海の幸の宝庫としても知られており、ウニは6~8月、アワビは一年中味わうことができる。魚介料理によく合う「奥尻ワイン」も人気だ。

奥尻島

日本海の荒波によって形成された鍋釣岩

シエスタ ハコダテ

2017年4月22日オープン

市電五稜郭公園前近くに誕生した複合ビル。観光客には地下1階の函館フードマーケットホール「シエスタキッチン」がおすすめ。はこだて和牛の店や地元で人気の寿司店、老舗のベーカリー、イタリア料理店など、函館や北海道各地のグルメが楽しめる。

中央のテーブルで複数の店の料理を味わおう

地下1階の中央部分のスペースでは、さまざまな店で買ったフードやドリンクを自由に食べることができる。

0138-31-7011
●地下1階シエスタキッチン
10:00〜21:00  無休
函館市本町24-1  市電五稜郭公園前からすぐ
提携駐車場利用

シエスタ ハコダテ

1階にはレザーアートの「OZIO」のショップも

シエスタ ハコダテ

函館の食を買える、食べられる、その場で飲める

阿さ利 本店

地元の信頼が厚い老舗すきやき店

1階が明治34(1901)年創業の肉屋で、2階がすきやき専門店になっている。A5ランクの特上肉を秘伝のタレで味わえる。その味を求めて全国から客が集まる。

阿さ利 本店

ランチセットは1400円~

阿さ利 本店

風格のある造り

阿さ利本店

住所
北海道函館市宝来町10-11
交通
JR函館本線函館駅から市電谷地頭行きで7分、宝来町下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
11:00~20:30(L.O.)
休業日
水曜(1月1~4日休)
料金
すきやきセット=2600円~/すき焼牛ロースコース=2600円~/黒豚ロースコース=2200円/かしわたたき鍋コース=2500円/すき焼きのランチ(限定30食、月~土曜)=1400円~/お食事コース=2600~4300円/すきやき弁当(980円以外は要予約)=980~3000円/コロッケ=75円(1個)/

G4 Space

GLAYのオフィシャルスペース

函館出身のバンド「GLAY」のメンバーがライブで着た衣装や楽器、ゆかりの品々などを展示。TERU考案のキャラクター「ズラー」のオリジナルグッズも販売している。

G4 Space

G4 Space

住所
北海道函館市松風町6-18
交通
JR函館本線函館駅から徒歩7分
営業期間
通年
営業時間
11:00~20:00(閉館)
休業日
火曜、第3月曜
料金
スートライプーくまクッション=3500円/白ズラースノードーム=3500円/

函と館

函館の文化を伝えるおみやげ店

人気雑貨店「中川政七商店」と函館空港によるみやげ物店。大漁旗の技術を生かしたバッグなど、「函館ならでは」を伝えるおみやげがそろう。

函と館

函館ふきん(432円)

函と館

函館の風景が盛り込まれた店内

函と館

住所
北海道函館市高松町511 函館空港 2階
交通
JR函館本線函館駅から函館帝産バス函館空港行きバスで20分、終点下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
8:00~19:30
休業日
無休
料金
店舗により異なる

OZIO

アニマルペイントの革小物

鞄作家・永嶺康紀氏が創作するレザーアートを展示・販売している。街並みや動物の表情がハンドペイントされた美しいアイテムが好評だ。

OZIO

レトロな空間にカラフルな品が並ぶ

OZIO

ブックカバー(8640円)

OZIO

住所
北海道函館市元町29-14
交通
JR函館本線函館駅から市電十字街方面行きで5分、十字街下車、徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
11:00~19:00(閉店)
休業日
無休
料金
財布(キリン)=32400円/ICカードケース=10800円/グラスケース=12960円/アニマルトートバッグフラミンゴ=45360円、23760円(小)/

エリアの人気宿

観光スポットへのアクセスを重視するなら元町やベイエリアにある宿へ

ラビスタ函館ベイ

「朝食のおいしいホテルランキング」で毎年上位を獲得。最上階13階の大浴場からは美しい夜景が一望できる。

ラビスタ函館ベイ

ラビスタ函館ベイ

住所
北海道函館市豊川町12-6
交通
JR函館本線函館駅から市電十字街方面行きで5分、十字街下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
イン15:00、アウト11:00
休業日
無休(点検期間休)
料金
1泊朝食付=13500~27500円/

THE SHARE HOTELS HakoBA函館

歴史的建造物の旧安田銀行函館支店をリノベーション。1階には函館の魚介が味わえるレストランもある。

THE SHARE HOTELS HakoBA函館

HakoBA函館

住所
北海道函館市末広町23-9
交通
JR函館本線函館駅から市電函館どつく前行きで8分、末広町下車、徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
イン15:00、アウト10:00
休業日
無休
料金
ツイン=20000円~/エコノミーツイン=8500円~/シェアドルーム(1ベッド)=3600円~/

ラ・ジョリー元町

各部屋でデザインが異なるデザイナーズルームは全29室。少ない客室数だからこそのおもてなしで迎えてくれる。

ラ・ジョリー元町

ラ・ジョリー元町 by WBF

住所
北海道函館市末広町6-6
交通
JR函館本線函館駅から市電十字街方面行きで5分、十字街下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
イン15:00、アウト11:00
休業日
無休
料金
スタンダードツイン1泊朝食付=10000円~/

おみやげスポット

北海道四季彩館 JR函館店

北海道銘菓がそろう総合おみやげ店

駅構内にあり、各種スイーツなどの函館みやげはもちろん、加工食品などが豊富にそろい、専門店ゾーンでは函館有名菓子店も並ぶ。出発前のまとめ買いには最適。

北海道四季彩館 JR函館店

めん恋いちごオムレット 8個入り1555円
「はこだて恋いちご」を使う。(函館洋菓子 スナッフルス 函館エキナカ店)

北海道四季彩館 JR函館店
北海道四季彩館 JR函館店

新幹線カラー3色ルーレ 1080円
3種類のロールケーキが1箱に。(プレミアムロール専門店ガトー・ルーレ)

北海道四季彩館 JR函館店

ISIDATEチョコレート  1枚800円
函館の観光スポットの写真を使ったパッケージが目をひく板チョコレート(キングスイーツ JR函館店)

北海道四季彩館 JR函館店

函館観光の出発地点・函館駅内にあるので便利

北海道四季彩館 JR函館店

住所
北海道函館市若松町12-13 JR函館駅構内 1階
交通
JR函館本線函館駅構内
営業期間
通年
営業時間
6:00~20:00(店舗により異なる)
休業日
無休
料金
じゃがポックル(10袋)=885円/マルセイバターサンド(5個入)=650円/白い恋人(18枚入)=1142円/
筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事の出典元は「まっぷる北海道'19」です。掲載した内容は、2017年5月~12月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
×