トップ > 全国 > 東北 > 北東北 > 八戸・下北半島 > 八戸 > 八戸うみねこ朝市

ハチノヘウミネコアサイチ

八戸うみねこ朝市

八戸 / 朝市

通年楽しめる朝市

もともとは館鼻岸壁朝市の休止期間に暫定的に開催されていた朝市が、回を追うごとに客も集まり、地域に定着した朝市。冬季休業する朝市が多いなか、通年楽しめる朝市として人気を集めている。

八戸うみねこ朝市の詳細情報
住所
青森県八戸市江陽5丁目21ライジング江陽 (大きな地図で場所を見る)
電話
0178-51-9245(八戸うみねこ朝市協同組合)
交通
JR八戸線小中野駅から徒歩12分
営業期間
通年
営業時間
夜明け~8:00
休業日
日~金曜
料金
要問合せ
カード
利用可能
駐車場
あり | 台数:100台
ID
2011481

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

八戸うみねこ朝市と同じエリアの記事

【青森】早わかり!人気エリアの見どころをチェック!

本州の最北端に位置する青森県。各エリアの位置と特徴をおさえよう!

種差海岸 三陸復興国立公園 天然の芝生が広がる美しい海岸を散策

三陸復興国立公園の北の玄関口である種差海岸は、砂浜と荒々しい磯浜が交ざり合う独特の景観が広がっています。そんな種差海岸は散策するのにピッタリな場所です。変化に富んだ海岸線や、季節の草花を眺めながら散策...

【青森】見たい!食べたい!旅のモデルーコース

広くて見どころが多い青森。青森ビギナーにおすすめしたい弘前・青森タウンの1泊プランをベースに、「見たい」「食べたい」を叶えるプランを追加して、自分だけの旅をつくろう。

「青森」の縄文遺跡群を旅する①〜圧倒的スケール!青森市・八戸市編〜

2021年7月に「北海道・北東北の縄文遺跡群」が、世界文化遺産に登録されました!縄文時代は、1万年以上争いなく続いた日本独自の文化。「北海道・北東北の縄文遺跡群」は、青森県を中心に、北海道・岩手県・秋...

【奥入瀬・十和田湖畔】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

四季を通して神秘的な美しさを見せる十和田湖。そこから東に流れる奥入瀬渓流は、多くの文人にも愛された景勝地。自然のパワーみなぎる癒しのエリアだ。

八戸【TOHOKU EMOTION】列車旅を楽しもう!

JR東日本が誇る数々のイベント列車のなかでも、予約が殺到する人気のTOHOKUEMOTION。列車がまるごとレストランという空間で、料理と景色を心ゆくまで堪能しよう!

青森【八戸】八食センターでグルメ・ショッピングを楽しむ!

青森県八戸の人気スポット、八食センターをご紹介!獲れたての海の幸を筆頭に、めぇもの(おいしいもの)が豊富な港町八戸。おみやげを買ったり食事を楽しんだり、八戸の旬の味覚が集まる大型市場にぜひ立ち寄ろう!

青森【八戸名物】朝市の満喫ポイントをチェック!

港町・八戸は朝早くから活気にあふれた市場が開き、威勢のいい声が響き渡る。地元のお母さんたちとふれあい、元気いっぱいの八戸を朝から満喫しよう。
もっと見る

八戸うみねこ朝市のエリア × テーマ

トップ > 全国 > 東北 > 北東北 > 八戸・下北半島 > 八戸
トップ > ショッピング・おみやげ > 市場・フリーマーケット > 朝市
トップ > 全国 x 朝市 > 東北 x 朝市 > 北東北 x 朝市 > 八戸・下北半島 x 朝市 > 八戸 x 朝市