トップ > 全国 > 関西 > 神戸・姫路・淡路島 > 姫路・播磨 > 赤穂・相生 > 赤穂市街 > 息継ぎ井戸

イキツギイド

息継ぎ井戸

凶報を知らせる早かごが一息ついた場所

元禄14(1701)年、江戸で起きた君主浅野内匠頭の一件を大石邸に伝達した早水藤左衛門と萱野三平両氏が、邸宅に入る前に一息ついた井戸とされ、息継ぎ井戸と呼ばれている。

住所
兵庫県赤穂市加里屋 (大きな地図で場所を見る)
電話
0791-43-6839(赤穂市産業観光課)
交通
JR赤穂線播州赤穂駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
無休
料金
情報なし
カード
利用可能
ID
28010363

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

エリア × テーマ

 >  >   >   >   >   > 
 >  >   >   > 
 >  >   >   >   >   > 

同じエリアに関連する記事

【赤穂】塩と忠臣蔵で知られる町のおすすめスポット!

忠臣蔵の歴史ドラマで知られる赤穂は歴史の趣が随所に漂う。海岸沿いにはかつて塩田が広がり、現在も製塩業が盛んな「塩の町」でもある。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください