>  >  >  >  > 

風穴庵

やさしい甘さのとろろと静かな山間の空気を満喫

神鍋高原の奥まった一角にある麦めしとろろが名物の店。ゼンマイやワラビ、フキなどの山菜を使った佃煮や炊き合わせ、マスの甘露煮、ゴマ豆腐など、山里ならではのさまざまな味を楽しめる。

風穴庵

麦めしとろろ1000円〜。地元のツクネイモを使ったとろろはきめ細かくなめらか

風穴庵

住所
兵庫県豊岡市日高町栗栖野841
交通
JR山陰本線江原駅から全但バス神鍋方面行きで30分、栗栖野下車、徒歩3分

阿瀬

渓流の女王・ヤマメのしっとりやわらかな身を堪能

阿瀬渓谷の清流に育まれたヤマメと山菜を使ったコース料理が味わえる。手作りの囲炉裏で焼き上げるヤマメの塩焼きは、皮は香ばしく、身はふんわり。周辺で採れた山菜の天ぷらや山菜ご飯も美味。

阿瀬

目の前にある囲炉裏で焼かれるヤマメに期待が高まる

阿瀬

住所
兵庫県豊岡市日高町金谷
交通
北近畿豊岡自動車道八鹿氷ノ山ICから県道6・267・268・259号を金屋方面へ車で15km

神鍋山荘 わらく

イワナにニジマスと山川のめぐみいっぱい

古民家をイメージした造りの風情ある建物のそば店。神鍋地方独特の豆腐をつなぎにしたそば、ニジマスや但馬牛を盛り込んだ会席、囲炉裏料理などが味わえる。離れの宿泊棟が一棟ある。

神鍋山荘 わらく

高原の森会席3550円〜。神鍋地方独特の豆腐をつなぎにしたそばや川魚など全12品

神鍋山荘 わらく

住所
兵庫県豊岡市日高町太田梅ヶ坪1348
交通
JR山陰本線江原駅から全但バス神鍋方面行きで20分、太田下車、徒歩10分

豊岡市立美術館-伊藤清永記念館-

洋画・邦画・版画など地元芸術作品を満喫

豊岡市(出石町)出身で文化勲章を受章した洋画家・伊藤清永など、豊岡ゆかりの芸術家による作品を常設展示。また、年2~3回の特別展も実施する。

豊岡市立美術館-伊藤清永記念館-

町並みに溶け込む落ち着いた建物

豊岡市立美術館-伊藤清永記念館-

住所
兵庫県豊岡市出石町内町98
交通
JR山陰本線豊岡駅から全但バス出石行きで30分、終点下車、徒歩5分

家老屋敷

重厚なたたずまいの武家屋敷

江戸後期の上級武士が住んでいた屋敷を公開。一見すると平屋建てに見えるが、不意の襲撃に備えた隠し二階がある。大名行列の道具なども展示している。

家老屋敷

長屋門にも注目して

家老屋敷

住所
兵庫県豊岡市出石町内町98
交通
JR山陰本線豊岡駅から全但バス出石行きで30分、終点下車、徒歩5分

宗鏡寺(沢庵寺)

たくあんを広めた沢庵和尚ゆかりの寺

元中9(1392)年に京都東福寺の大道一以禅師が開山。元和2(1616)年に沢庵和尚が中興の祖となったことから沢庵寺とも呼ばれている。和尚作の庭園や夢見の鐘などは必見。

宗鏡寺(沢庵寺)

拝観と坐禅、精進料理、お茶を体験できるコースあり。1人2800円(要予約)

宗鏡寺(沢庵寺)

住所
兵庫県豊岡市出石町東條33
交通
JR山陰本線豊岡駅から全但バス出石営業所行きで30分、沢庵寺口下車、徒歩10分

ice cafe KANO ボク

牛舎の隣にある癒しのカフェ

ブラウンスイスとホルスタインを育てる牧場にある、木のぬくもりあふれる素朴なカフェ。搾りたての牛乳を使ったソフトクリームやジェラートなどがある。

ice cafe KANO ボク

牛舎に併設するカフェは青い外観が目印

ice cafe KANO ボク

住所
兵庫県豊岡市出石町伊豆788
交通
JR山陰本線豊岡駅から全但バス出石営業所行きで20分、伊豆下車、徒歩5分
1 2 3

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリアとジャンルを指定してください