トップ > 関西 > 奈良 > 山の辺の道・長谷・室生 > 山の辺の道 > 天理 > 

【奈良】山の辺の道観光! ウォーキングおすすめスポット!

まっぷるマガジン編集部

更新日:2021年6月10日

この記事をシェアしよう!

【奈良】山の辺の道観光! ウォーキングおすすめスポット!

古代から多くの人々が行き交った道。素朴な農道沿いに名所旧跡が点在しており、のどかな風景を楽しみながら歴史散策が楽しめる。

【奈良・山の辺の道×観光】モデルコース

いにしえの道を歩き、古代に思いを馳せる歴史ロマン散策
●歩く距離:約17.0㎞
●歩く時間:約4時間30分

【START】天理駅
↓ 徒歩30分
1.石上神宮
↓ 徒歩45分
2.夜都伎神社
↓ 徒歩10分
3.竹之内環濠集落
↓ 徒歩45分
4.長岳寺
↓ 徒歩10分
5.崇神天皇陵
↓ 徒歩10分
6.景行天皇陵
↓ 徒歩45分
7.檜原神社
↓ 徒歩20分
8.狭井神社
↓ 徒歩10分
9.大神神社
↓ 徒歩10分
10.平等寺
↓ 徒歩5分
11.金屋の石仏
↓ 徒歩30分
【GOAL】桜井駅

【奈良・山の辺の道×観光】モデルコース
【奈良・山の辺の道×観光】モデルコース
【奈良・山の辺の道×観光】モデルコース

歴史散策にでかけよう!

【奈良・山の辺の道×観光】おごそかな雰囲気に包まれた古社「石上神宮」

古代の豪族・物部氏の総氏神。境内は深い緑に囲まれ、神さびた雰囲気。古代より朝廷の崇敬があつく、多くのご神宝を収蔵している。老杉に包まれた境内に建つ檜皮葺きの拝殿は、白河天皇が宮中の神嘉殿を寄進したと伝わる。

【豆知識】禁足地
拝殿の裏手にある、東西44.5m、南北29.5mの「布留社」と文字が刻まれた石垣に囲まれている禁足地は、境内で最も神聖な場所。石上神宮には本来本殿はなく、禁足地が祭祀の対象とされていた。明治時代に行なわれた発掘作業では数々の勾玉、剣、矛などが出土し、その多くが重要文化財に指定されている。

【奈良・山の辺の道×観光】おごそかな雰囲気に包まれた古社「石上神宮」

入母屋造りの拝殿は、平安時代末期の建築で国宝。その奥にある禁足地は立入不可

【奈良・山の辺の道×観光】おごそかな雰囲気に包まれた古社「石上神宮」

木々に包まれた境内。『日本書紀』にも登場する、国内最古級の由緒ある神社

石上神宮

住所
奈良県天理市布留町384
交通
近鉄天理線天理駅からタクシーで5分
料金
無料

【奈良・山の辺の道×観光】<立ち寄りスポット>人のつながりを生むネオ・コフン「天理駅前広場CoFuFun」

天理駅前にある古墳の形がユニークな複合施設。野外ステージ、カフェ、大型遊具などが集まり、幅広い人々の憩いの場に。観光案内や、山の辺の道を歩く人へのウォーキングポールの無料貸し出しサービスなどもある。

【奈良・山の辺の道×観光】珍しい茅葺きの拝殿が特徴「夜都伎神社」

古くから春日大社と深い関係を持ち、江戸時代末期まで蓮の御供という神饌を献上していた。本殿には春日大社のご祭神である四神を祀る。

【奈良・山の辺の道×観光】珍しい茅葺きの拝殿が特徴「夜都伎神社」

風情ある茅葺き屋根の拝殿

夜都伎神社

住所
奈良県天理市乙木町765
交通
JR桜井線長柄駅から徒歩20分
料金
情報なし

【奈良・山の辺の道×観光】村を守る知恵のなごり「竹之内環濠集落」

中世のころ大和地方にみられた集落で、周囲に濠をめぐらし外敵の侵入を防いだもの。奈良盆地でもっとも高い位置にあり、現在はその面影を小さな池に残すのみ。

【奈良・山の辺の道×観光】村を守る知恵のなごり「竹之内環濠集落」

奈良盆地内で最も標高の高い場所に作られた環濠集落

竹之内環濠集落

住所
奈良県天理市竹之内町
交通
近鉄天理線天理駅から奈良交通桜井駅行きバスで9分、三昧田下車、徒歩15分
料金
情報なし

【奈良・山の辺の道×観光】晩春のツツジなど四季の花が彩る「長岳寺」

天長元(824)年に弘法大師空海が創建。本尊の阿弥陀三尊やわが国最古という鐘楼門など、多くの文化財を有する。また、1万2000坪もの境内には、四季折々の花が咲き誇る。

【コレは必見!】極楽地獄図
狩野山楽による作品。毎年10月23日〜11月30日の間のみ、本堂で開帳される。住職によるコミカルな絵解き説法が行われる。

【奈良・山の辺の道×観光】晩春のツツジなど四季の花が彩る「長岳寺」

4月下旬〜5月上旬にはツツジ、5月初旬にはカキツバタ、初夏にはアジサイ、冬はヤブツバキなど、季節ごとの花々が楽しめる

【奈良・山の辺の道×観光】晩春のツツジなど四季の花が彩る「長岳寺」

寛永7(1630)年に建てられた旧地蔵院

長岳寺

住所
奈良県天理市柳本町508
交通
JR桜井線柳本駅から徒歩20分
料金
拝観料=大人400円、高・大学生350円、中学生300円、小学生250円/(30名以上の団体は割引あり、障がい者手持参で拝観料100円)

【奈良・山の辺の道×観光】大和王権を築いた天皇の墓とされる「崇神天皇陵」

全長242mで、古い文献には「山辺道勾岡上陵」と記されている。周囲には水をたたえた濠がめぐらされ、土堤沿いに一周歩くことができ、散歩コースとしてもおすすめだ。

【奈良・山の辺の道×観光】大和王権を築いた天皇の墓とされる「崇神天皇陵」

行燈山古墳ともいう。4世紀後半頃の建造

崇神天皇陵

住所
奈良県天理市柳本町
交通
JR桜井線柳本駅から徒歩10分
料金
無料
1 2

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください