コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  千葉【水郷佐原】レトロ懐かしい町並みあるき

千葉【水郷佐原】レトロ懐かしい町並みあるき

by mapple

更新日:2017年12月30日

かつて水運の町として栄えた佐原。利根川分流の小野川沿いを中心に、今でも多くの歴史的建造物が建ち並び、その面影を残している。見どころや老舗店をめぐりながら、往時の姿に思いを馳せよう。

水運で繁栄した町の歴史が息づく

佐原は古くから利根川水運の中継地として栄え、その繁栄ぶりは「江戸優り」ともいわれるほどだった。小野川や香取街道沿いには、今でも土蔵造りの商家や千本格子の町家が軒を連ね、江戸時代の名残をとどめている。

by fotolia - ©KinHei

小野川沿岸は関東で初めて国の重要伝統的建造物群保存地区に選定

もとは江戸時代に対岸の水田へ水を送るために造られた樋橋。現在は観光用に造り直されている

白壁の立派な蔵が商人の町としての歴史を物語る

格子窓の町家が続く風景に浴衣がよく似合う

by fotolia - ©horosuke

レトロで温かみのある町並みはどこを切り取っても絵になる

水辺で風に揺れる柳の枝が情緒を誘う小野川沿い

information

町並み観光中央案内処

地図やパンフレットを入手できるほか、スタッフが観光のアドバイスをしてくれる。さんぽ前に訪れてみよう。

小野川沿いにたたずむ。このほか佐原駅前など3か所に観光案内所がある

レトロな名所めぐり

樋橋

農業用水の運搬手段として長らく町を支えてきた
江戸時代から300年近く農業用水を送り続けた大樋の名残。現在も、大樋から川へ水が流れ落ちる様子を30分間隔で見られる。

伊能忠敬旧宅前に架かる。流れる水の音から「じゃあじゃあ橋」ともいう

正上

老舗醤油店が作る味わい深い加工品
寛政12(1800)年創業の醤油店。ワカサギを自家製の醤油ダレで味付けしたいかだ焼1串160円~など、醤油を使った加工品も手がける。

江戸時代後期に建てられたと伝わる店舗。隣の土蔵とともに県指定有形文化財でもある

佐原三菱館

築100年ほどのルネサンス様式の洋館
大正3(1914)年に銀行として建てられたレンガ造りの洋館。明治時代の西洋建築の流れをくんでいる。現在は、内部を見学することができない。

県指定有形文化財。2階建てで、木骨銅板葺きの屋根をもつ

水郷佐原山車会館

約300年の伝統佐原の大祭を知ろう
江戸時代から受け継がれてきた佐原の大祭を解説。祭りで実際に曳き廻された山車や囃子に使われる楽器の展示、ビデオ上映などを通して知ることができる。

3階建ての館内では展示物を間近で見られる

与倉屋大土蔵

明治時代に建てられた重厚感あふれる土蔵
江戸時代から醸造業などで栄えた商家、与倉屋。醤油醸造用に建てられた大きな土蔵が今も残り、イベントスペースなどとして親しまれている。

明治22(1889)年に完成。約500畳もの広さを誇り、コンサートなども開催される

佐原の大祭

祝ユネスコ登録!
関東三大山車祭りのひとつで、山車行事は国の重要無形民俗文化財に指定されている。開催は年2回で、夏は7月10日以降の金~日曜、秋は10月の第2土曜を中日に金~日曜。迫力ある山車の曳き廻しを見ようと、毎年多くの人が訪れる。

夏祭り(八坂神社)

秋祭り(諏訪神社)

小江戸佐原のみやげ選び

東薫酒造

こだわりの名酒ぞろい

淡麗でまろやかな大吟醸「叶」(720㎖)4110円

佐原張子 三浦屋

ぬくもりある姿の郷土玩具

佐原張子の郷土玩具・餅つきうさぎ3000円は年賀はがきのデザインに選ばれたことも

虎屋菓子舗

品ぞろえ豊富な菓子処

楽菓もなか1個140円は落花生入り(写真は断面)

油茂製油

古式製法で造るごま油

伝統製法で作る玉絞め一番搾り純正胡麻油(180g)650円

筆者:mapple

まっぷる千葉・房総’18

発売日:2017年11月07日

Amazonで購入する

この記事の出展元は「まっぷる千葉・房総’18」です。掲載している内容は、2017年7~10月の取材・調査によるものです。取材・調査後に、飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できなかったりする場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される可能性があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×