コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  【勝沼】ワイナリーめぐり♪国産ワインを知ろう!

【勝沼】ワイナリーめぐり♪国産ワインを知ろう!

by mapple

更新日:2018年6月16日

世界的に評価の高いワインを生み出す勝沼は、国産ワインの故郷。数ある個性的なワイナリーをめぐり、熟成されたワイン文化を味わおう。

シャトー・メルシャン

古い歴史が息づく体験型ワイナリー
大日本山梨葡萄酒会社をルーツとする、日本ワインのパイオニア。カフェやショップ、資料館が点在する。見学ツアーに申し込めば、地下セラーや見本ブドウ園も見学できる。

シャトー・メルシャン山梨甲州(白・750mℓ)オープン価格
日本固有品種の「甲州」を使用した、しっかりとしたうまみと厚みのある辛口ワイン

こんなツアー!

ワイン造りへのこだわりを体感!
ツアーは「ベーシック」「スペシャル」「エクスクルーシヴ」の3種類あり、所要時間や試飲の内容が異なる。ブドウ栽培やメルシャンのワイン造りについて詳しく説明してくれる。

【Basic course】
[1] セラー見学
温度管理された広大な樽育成庫はツアー参加者のみ見学できる。

[2] テイスティング
山梨県主要栽培ブドウ品種のワインなど3種類テイスティングできる。

[3] 祝村ヴィンヤード
ワイン醸造用のブドウを20品種以上植栽する見本ブドウ園を見学。

こんな体験もできる!

明治37(1904)年に建てられた旧宮崎第二醸造所を利用したワイン資料館はツアー参加者以外も見学可能。当時の醸造器具や日本最古のワインが展示されている。

現存する日本最古の木造ワイン醸造所を利用

テラスでカフェタイム♪

カフェではワインにぴったりのランチプレート1200円が人気。ワインはテイスティングセットもある。

4つのワインをテイスティングできる甲州飲み比べセット700円

ワインにぴったりの料理を盛り合わせたランチプレート1200円

ロリアンワイン白百合醸造

体験メニューが楽しい個性派ワイナリー
ロリアンはフランス語で「東洋」の意味。和食に合うワインとして漫画『美味しんぼ』でも紹介された。ぶどう踏みなどの体験型ツアーがあり人気を博している。

白で統一された清楚な外観。柵にはブドウの樹がからまる

勝沼甲州2016(白・720mℓ)1998円
勝沼産甲州種を使用した、すっきりとしながらコクのあるバランスの良い辛口白ワイン

こんなツアー!

ワイン初心者も楽しめる!
風土にあったブドウで最良のワイン造りをめざすロリアンワインでは、ブドウ栽培についてもじっくり教えてもらえる。畑の散策、工場見学のあとは数種類のワインを試飲できる。

【Basic course】
[1] ワインセラー
オーストリアの古城で使われていたレンガで造ったワインセラー。

[2] 甲州種のブドウ畑
日本固有種の甲州種は、枝が横方向に伸びるために棚栽培が主流。

[3] 垣根栽培の畑
日光がよく当たる垣根栽培は粒が甘くなり、高品質なワインになる。

こんな体験もできる!

人気の「ぶどう踏み体験」では、機械がなかった時代のワイン造りを体験できる。8~10月、5名以上にて受付。料金は1人918円で、前日までに要予約。

大きなたらいにブドウを入れたら準備完了

やさしく踏まず、しっかりとていねいに潰していくのがコツ

果汁を濾したら、無添加のブドウ100%ジュースが完成!

グランポレール勝沼ワイナリー

ワインの魅力をまるごと理解する
大手メーカー、サッポロの自社ワイナリー。国産ブドウ100%のプレミアムワイン「グランポレール」のみを製造。実際の造り手が案内するワイナリーツアーや試飲も体験できる。

赤い屋根が印象的なグランポレールワインの情報発信基地

山梨甲州 樽発酵 2016(白・750mℓ)2480円
甲州の香りと樽の香りがマッチング。爽やかな酸味がある辛口ワイン

こんなツアー!

専門家が教えてくれる!
はじめに映像などを鑑賞したあと、自社畑の見本園と製造設備を見学。醸造や栽培の専門家などによる説明を受けながら、小ロット製造の醸造設備を間近で見ることができる。

【Winery Tours】
テイスティング
見学の最後はゲストルームで5種類のワインを試飲できる。

ゲストルームにはソファもありゆったりくつろげる

MGVsワイナリー

精密な管理が生み出す新しい理系ワイン
2017年4月にオープンしたばかりのワイナリー。「甲州」と「マスカット・ベーリーA」の日本固有品種に特化し、畑ごとのブドウのおいしさをダイレクトに味わえるワイン造りを行う。

原料となるブドウ作りから販売まで一貫して行う

明るく広々としたショップでは有料で試飲もできる

K131(白・750mℓ)2700円
勝沼町の甲州ブドウを使用。華やかでフルーティな香りの辛口ワイン

ここがユニーク!

半導体メーカーが営むワイナリー
その土地ならではの味わいを引き出すため、畑ごとにワインを醸造。ブドウ品種、栽培する畑、仕込みや発酵などの製造方法を体系的に管理することで、高品質のワインを生み出す。

土地の恵み、テロワールを大切にして造られる

ガラス越しにワイン醸造が見られます!

タンク室やビン詰室など、工場内の様子をガラス越しに見学することができる。

まるき葡萄酒

現存する日本最古のワイナリー
明治時代に渡仏してワイン造りを学んだ日本ワインの先駆者・土屋龍憲が創設した歴史あるワイナリー。ブドウ畑に羊を放牧し、自然に敬意を払いながらワイン造りに取り組んでいる。

三角屋根のオレンジ色の外観が目印

レゾン甲州(750mℓ)3500円(税別)
自社農園産甲州種100%で長期低温発酵を行なう、ドライでキレのある白ワイン

ここがユニーク!

羊と一緒にワイン造り
原料のブドウは不耕起草生栽培で雑草と共存させることにより、力強く風味豊かに実る。羊が畑の雑草を食べ、その廃泄物が肥料となることで、持続可能な自然のサイクルを保っている。

地下セラーには約3万5000本の古酒が熟成されている

自慢のワインが並ぶ売店。試飲してワインを選べる

直営のカフェもあります!

向かいにはブドウ園とカフェがオープン。熟成ワインで煮込んだカレーなどが味わえる。

丸藤葡萄酒工業

ワイン造りを4代にわたり追求するワイナリー
日本ワインコンクールで金賞受賞歴多数。「ルバイヤート」のブランド名で知られる老舗ワイナリー。風格ある母屋を改装した売店や、酒石が光る貯蔵庫など、歴史を感じる見どころが多い。

ワイナリーの周辺にある複数の畑でブドウを栽培する

ルバイヤート甲州シュール・リー(白・720mℓ)1944円
シュール・リー製法特有の香味と厚みを持つワイン。和食全般と好相性

ここがクラシック

古民家をリノベーション
醸造所の脇にある母屋は築150年の古民家。2017年に改修し、新たなショップとしてオープンした。古い梁などが歴史を物語る、温かみのある空間でワイン選びや有料試飲を楽しめる。

1階にカウンターバー風のショップがある

吹き抜けで開放感があり、調度品も美しいホール

週末限定の有料試飲なども用意されている

ワイナリーツアーもあります!

資料を展示したギャラリーや貯蔵庫を見学できる。貯蔵庫壁面の酒石の結晶と美しいステンドグラスは一番の見どころ。

瓶貯蔵庫
かつてコンクリートタンクだった瓶貯蔵庫。ワインのミネラル分が結晶化した酒石がきらめく

くらむぼんワイン

日本家屋のワインサロンでテイスティング
創業は大正2(1913)年。築130年の母屋内では売店や資料室が見学できる。自社畑では自然にそくした栽培を行ない、ブドウ本来の風味が生きたワイン造りをしている。

フォーシーズンズ(白・720mℓ)2120円
勝沼産甲州種100%の白ワイン。柑橘類の香りにオークの香りがほのかに漂う

ここがクラシック

築130年の日本家屋
母屋はかつて養蚕農家だった日本家屋を移築したもの。ワイン造りに関する資料の展示、テイスティング、ワインの販売を行うサロンとして利用されている。

自然な味わいのワイン造りに取り組む老舗ワイナリー

見学後は広い座敷で休憩することもできる

テイスティングルームでお気に入りを見つけよう

麻屋葡萄酒

【試飲約20種】
勝沼の風土を生かした隠れ家ワイナリー
ワインが飲めない人でも親しめる低アルコールワインから本格的な高級ワインまで、幅広く用意している。一升瓶のワインも数多く製造。窓の外にはブドウ畑が広がる。

入口は細い路地に面しており隠れ家のような雰囲気

ワイナリー内には古い醸造器具なども展示されている

甲州辛口シュールリー仕込み 2016(白・720mℓ)1400円
甲州種100%使用。柑橘系の爽やかな香りと溌剌とした酸味のハーモニーを楽しめる

こんな試飲

自由に試飲
明るい光が差し込むショップには試飲用ワインが並べられている。自分で手に取って自由に試飲することができる。

試飲しながらワインを購入できるショップ&試飲室

テーブルの上にはたくさんの試飲可能なワインが並んでいる

フジッコワイナリー

【試飲10種以上】
日本食に合うワイン造り
食品会社「フジッコ」のワイナリー。日本ならではの、食とワインの関係を提案。大量生産ではなく、手づくりで限定生産を行なっている。

クラノオト甲州辛口(白・720mℓ)1620円
無濾過で造ったワイン。ブドウの特徴をそのまま生かしたフレッシュな味わい

こんな試飲

眺めも抜群
ワイナリーは丘の上にあり、2階のテイスティングルームは眺望抜群。緑豊かな風景とともに試飲が楽しめる。

ナタデココなどのデザート試食もできる

蒼龍葡萄酒

【試飲約40種】
甲州ワインの伝統を守る
創業明治32(1899)年の老舗ワイナリー。勝沼町内の水はけの良い自社畑で、ブドウの栽培からこだわる。漫画『美味しんぼ』にも紹介された。

勝沼の甲州(白・720mℓ)1728円
100%勝沼産甲州種を樽熟成させた辛口の白ワイン。和食との相性が抜群

こんな試飲

種類が豊富
たくさんのワインが並ぶショップでは、約40種もの試飲が可能。

売店はプロヴァンス風の建物の1階

宮光園

【ワイン産業遺産】
ワイン醸造の始まり
日本のワイン産業を確立した宮崎光太郎の自宅兼醸造所。ワイン資料館として明治時代からの写真や映像資料などを展示する。

お楽しみポイント

明治時代のワインボトルが見学できる。

2階展示室ではワイン造りの歴史を学べ、1階では貴重な映像が見られる

看板のある正門も当時のまま残されている

日本のワインの歴史を伝える資料館

大善寺

【国宝のぶどう寺】
甲州ブドウのルーツ
僧行基がブドウを法薬として伝え、本尊の葡萄薬師を刻んだといわれている。本尊の木造薬師如来は国の重要文化財に指定されている。

お楽しみポイント

お寺で醸造したワインを購入できる。

養老2(718)年に創建された古刹

トンネルワインカーヴ

【トンネルに貯蔵庫】
扉の向こうにはワインがズラリ!
明治36(1903)年建造の旧深沢トンネルを利用した貯蔵庫。年間を通じて温度の変動が少なく、ワインの長期熟成に適した条件がそろっている。

お楽しみポイント

約100万本のワインが並ぶ様子は圧巻!

トンネル入口付近の見学が可能

トンネル内の観光案内とワインの販売を行なう管理棟

管理棟で受付をしてから扉を開けよう

ワイン民宿鈴木園

【ワイン民宿】
ワイナリーめぐりにぴったり!
古民家を改装したワイン民宿鈴木園は夕食が付かないB&Bスタイル。夜は勝沼町内のレストランでワインと食事を楽しみたい。

お楽しみポイント

宿の地下にはワインセラーとギャラリーがある。

筆者:mapple

まっぷる山梨 富士五湖・勝沼・甲府・清里’19

発売日:2018年02月13日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる山梨 富士五湖・勝沼・甲府・清里'19」です。掲載した内容は、2017年12月~2018年1月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×