コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  阿蘇グルメ【郷土料理】地元に受け継がれる故郷の味!

阿蘇グルメ【郷土料理】地元に受け継がれる故郷の味!

by mapple

更新日:2018年10月6日

阿蘇に古くから伝わる料理といえば、囲炉裏であぶる田楽と地元の恵みが詰まった高菜めし、だご汁。ほっかほかのおふくろの味で心も体もあたたまろう。

高菜めし&だご汁

高菜めしは阿蘇の特産、高菜の漬け物とご飯を混ぜたもの。だご汁はだごと呼ばれる手ごね団子が入る味噌汁のこと。農作業で忙しい農家の人々が、簡単に作れて腹もちがいい料理として食べていた。

郷土料理 ひめ路

米から野菜まで素材自慢の店
無農薬栽培の新鮮な米や野菜で作る郷土料理が魅力。だご汁は、野菜のうまみを生かすあっさりめの白みそを使う。高菜めしは、自家製の高菜漬の歯ごたえがよく、ゴマの風味が食欲をそそる。

高菜めし定食 1380円
錦糸卵と辛めの高菜がマッチする高菜めしと、モチモチの団子が入るだご汁

・高菜めし
炒めた高菜を使っている(店による)。米塚のようにこんもりと盛られるのが特徴
・だご汁
小麦粉を練って作っただごが入る。具はニンジンやネギ、カボチャなどさまざま
・ホルモン煮込み・お煮しめ・豆腐・大根と山芋のおろし・酢の物・漬け物

Menu
●ひめ路定食 1180円
●だご汁定食 1180円

地元の肉や野菜を使ったメニューがそろっている

国道57号沿いにありわかりやすい

若菜うどん

阿蘇出身の主人が作る伝統の味
国道57号沿いに建つ和食店。阿蘇のコシヒカリを使った高菜めしは米の粒が生きており、ザク切りされた高菜と相性抜群で風味や食感がクセになる。うどんやそばには自家製の手打ち麺を使う。

高菜だご汁定食 1180円
茶碗いっぱいの高菜めしと丼に入るだご汁はボリューム満点

Menu
●高菜めし(吸い物、漬物付) 650円
●おろしそば 850円

民芸調の広い店内

山賊旅路

フカフカの高菜めしが名物
高菜めしがメインの定食が看板メニュー。有機栽培で丹精込めて作る自家製のブレンド米はふっくらもちもちした食感で、細かく刻まれた高菜漬けとよく合う。だご汁は具だくさんな内容。

だご汁定食(高菜めし) 1250円
油で炒めた高菜を混ぜた高菜めしと大きめの器でボリュームあるだご汁の定食

Menu
●ホルモン煮込定食(だご汁付) 1600円
●だご汁定食(山賊めし) 1250円

国道57号沿いに建つ民芸調の店

千年の蔵 さ-蔵

自家栽培の高菜で作る家庭の味
築約200年の米蔵を復元した趣深い店構え。田舎高菜めし定食に付くチャーハン風に炒めた高菜めしやこくのあるだご汁、歯ごたえのいい漬け物などは、母から受け継いだ家庭の味。

地鶏の炭火焼き定食 1620円
こだわりのタレに漬け込んだ国産地鶏を炭火で焼き上げていただく。自家製白米をプラス100円でたかな飯に変更できる

Menu
●地鶏炭火焼定食 1620円
●阿蘇王の炭火焼御膳 2160円

敷地内にはカフェも併設

田楽

250年以上前、諸国行脚に出た村人が京都や島根の豆腐田楽を食べ、それを高森地方特産の鶴の子芋に応用したのが始まりといわれる。地元の食材に味噌を付けて囲炉裏であぶる滋味深い料理。

田楽のおいしい食べ方

❶食材が運ばれてくる
鶴の子芋、ヤマメ、豆腐、コンニャクなどがある

❷囲炉裏で炙る
炭の回りに串を刺して15分ほど焼く

❸田楽味噌を付けていただく
各店オリジナルの田楽味噌を付けて食べる

高森田楽の里

地元の食材を囲炉裏端で楽しむ
築200年以上の古民家を利用した店。高森特産の鶴の子芋(入荷がある日のみ)、清流でとれた沢ガニやヤマメ、自家製コンニャクや豆腐などがある。田楽はユズと山椒、季節の味噌を付ける。

田楽定食 1890円
地元の産物を目の前の囲炉裏であぶる(写真は2人前)
・ヤマメナスと沢ガニ・豆腐・鶴の子芋・地元の野菜・鶏焼

Menu
●山里定食 1980円
●炭火鶏焼定食 1790円

天井には重厚な梁がめぐる

国道265号沿いにある

郷土料理 高森田楽保存会

うまみたっぷりの味噌ダレが決め手
鎌倉時代から続く高森田楽の老舗。田楽コースは地元の主婦が作った豆腐やコンニャクをはじめ、山の幸が並ぶ。3年間寝かせた深みのある田楽味噌が、食材の味を引き立てる。

田楽基本コース 1890円
はじめに揚げたての厚揚げ、田楽の頃合いを見てだご汁やご飯がでてくる

Menu
●特上馬刺 1630円
●竹の子の刺身 500円

全席に囲炉裏を配している

阿蘇乃やまぼうし

とれたての厳選素材を囲炉裏で
手作りの囲炉裏を配した店内で、田楽やあか牛の炭火焼などを味わえる。自家生産の清流米、野菜、とれたての川魚など品質にこだわった素材を使用している。

田楽料理 2052円
活きヤマメやヨモギ入りの手作り団子、オリジナルの厚揚げ、旬の野菜など6種

Menu
●本格炭火地鶏焼き 3024円
●阿蘇あか牛炭火焼 4104円

太い柱や梁が重厚な趣の店内

高森田楽村

体にやさしい味わいの田楽味噌が自慢
炭火でじっくり焼く田楽は、高森地方特産の鶴の子芋や、鶴の子芋と白飯を混ぜたいもたんぽなど6種。秘伝の田楽味噌は化学調味料を一切使用せず、黒砂糖で甘みとコクを出している。

田楽定食(写真は2人前) 1890円
鶴の子芋、豆腐、コンニャク、ヤマメ、季節の野菜、いもたんぽの田楽に、だご汁と高菜めし付き

Menu
●地鶏定食 1780円
●肥後のあか牛ロース定食 3900円

大地の恵みが詰まった田楽を味わえる

筆者:mapple

まっぷる熊本・阿蘇 黒川温泉・天草’19

発売日:2018年04月19日

Amazonで購入する

エリア

 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×