トップ > 全国 x 展望台 > 北海道 x 展望台 > 札幌・函館・旭川 x 展望台 > 函館・道南 x 展望台

函館・道南 x 展望台

函館・道南のおすすめの展望台スポット

函館・道南のおすすめの展望台スポットをご紹介します。四季折々いろいろな表情を見せる夜景「函館山山頂展望台」、特異な地形が描き出す幻想的な夜景「函館山」、ダイナミックな景観に惚れぼれ「きじひき高原パノラマ展望台」など情報満載。

函館・道南のおすすめの展望台スポット

  • スポット:8 件
  • 記事:4 件

1~20 件を表示 / 全 8 件

函館山山頂展望台

四季折々いろいろな表情を見せる夜景

標高334mの高さにあり、函館市街の夜景を思う存分観賞することができる。テレビや観光パンフレットなどでよく見る独特の形をした夜景は、ほとんどがここから撮影したもの。屋内には、夜景を独り占めしながら食事を楽しめるレストランや、夜景グッズも買えるみやげ店がある。

函館山山頂展望台
函館山山頂展望台

函館山山頂展望台

住所
北海道函館市函館山
交通
JR函館本線函館駅から市電十字街方面行きで6分、十字街から徒歩10分の函館山ロープウェイ山麓駅で函館山ロープウェイに乗り換えて3分、山頂下車すぐ
料金
山頂展望台内入場=無料/ロープウェイ乗車料(往復)=大人(中学生以上)1500円、小人700円/ (その他の料金は要問合せ)

函館山

特異な地形が描き出す幻想的な夜景

函館市を見下ろす山。山頂から眺める夜景は、香港、ナポリと並ぶ世界3大夜景として有名だ。ロープウェイを使うと約3分で山頂に到着。展望がすばらしいレストランもある。

函館山
函館山

函館山

住所
北海道函館市元町19-7
交通
JR函館本線函館駅から市電十字街方面行きで5分、十字街から徒歩10分の函館山ロープウェイ山麓駅で函館山ロープウェイに乗り換えて3分、山頂下車すぐ
料金
ロープウェイ(往復)=大人1500円、小人700円/ (障がい者手帳持参でロープウェイ割引あり、要問合せ)

きじひき高原パノラマ展望台

ダイナミックな景観に惚れぼれ

きじひき高原は標高684mの木地挽山に広がる景勝地。展望台は標高560mのところにある。屋内展望台もあり、函館の市街地や函館山の景色も楽しめ、晴天なら遠くに噴火湾や羊蹄山も。

きじひき高原パノラマ展望台
きじひき高原パノラマ展望台

きじひき高原パノラマ展望台

住所
北海道北斗市村山174
交通
JR北海道新幹線新函館北斗駅からタクシーで20分
料金
無料

日暮山展望台

眺望の美しさに気がつくと日暮れであったことからこの名が付いた

眺望のあまりの美しさに気がつくと日暮れであったことからこの名があるといわれる景勝地。駒ヶ岳の裾野に広がる3つの湖沼や、山野の織り成すパノラマが素晴らしい。

日暮山展望台
日暮山展望台

日暮山展望台

住所
北海道亀田郡七飯町西大沼
交通
JR函館本線大沼公園駅からタクシーで7分
料金
情報なし

戸井憩いの丘公園(武井の島展望台)

武井の島が一望できる景勝ポイント

ムイと呼ばれる貝とアワビに関する伝説が残る「武井の島」を眼下に望める高台がある。島の先には津軽海峡や下北半島が眺められる。

戸井憩いの丘公園(武井の島展望台)

戸井憩いの丘公園(武井の島展望台)

住所
北海道函館市浜町
交通
JR函館本線函館駅から函館バス恵山御崎行きまたは戸井原木行きで70分、新二見下車、徒歩5分
料金
情報なし

重内展望台

重内神社にある小高い山の上に建っている

重内神社がある小高い山の上に建っている。走ってきた道が津軽海峡までまっすぐに延びるのが見え、山側は空撮写真を見ているような田園風景が望める。

重内展望台

重内展望台

住所
北海道上磯郡知内町重内125-10重内神社
交通
JR北海道新幹線木古内駅からタクシーで30分
料金
情報なし

北海道新幹線ビュースポット

北海道新幹線ビュースポット

住所
北海道上磯郡木古内町新道

立象山展望台

巨象が立つ姿に似ていることでこの名が付く。頂上には展望台も

せたな町中心部に位置する立象山は巨象が立っている姿に似ていることから名付けられた。頂上には展望台があり、360度のパノラマが楽しめる。夜には漁火が見られることもある。

立象山展望台

立象山展望台

住所
北海道久遠郡せたな町瀬棚区西大里
交通
道央自動車道国縫ICから国道230・229号、道道447号、一般道をせたな町瀬棚区方面へ車で51km
料金
情報なし

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください