エリア・ジャンルからさがす

トップ > 日本 x 城・城址 > 関東・甲信越 x 城・城址 > 山梨・富士山 x 城・城址 > 甲府・勝沼 x 城・城址

甲府・勝沼 x 城・城址

甲府・勝沼のおすすめの城・城址スポット

甲府・勝沼のおすすめの城・城址スポットをご紹介します。かつて甲府城にあった、山手門、山手渡櫓門を当時の技法で再現「甲府市歴史公園」、戦国大名武田氏の領国経営における中心地「武田神社(躑躅ヶ崎館跡)」、甲府市民の憩いの場「舞鶴城公園(甲府城跡)」など情報満載。

  • スポット:3 件
  • 記事:1 件

甲府・勝沼のおすすめエリア

甲府・勝沼の新着記事

1~20 件を表示 / 全 3 件

甲府・勝沼のおすすめの城・城址スポット

甲府市歴史公園

かつて甲府城にあった、山手門、山手渡櫓門を当時の技法で再現

かつて甲府城にあった山手御門を復元。北門だった山手門、見張り台などに使われていた山手渡櫓門を再現。野面積みといわれる石の積み方など、当時の技法が活かされている。

甲府市歴史公園
甲府市歴史公園

甲府市歴史公園

住所
山梨県甲府市北口2丁目
交通
JR甲府駅からすぐ
料金
情報なし

武田神社(躑躅ヶ崎館跡)

戦国大名武田氏の領国経営における中心地

甲斐の名将・武田信玄公を祀った神社で、大正8(1919)年に建立された。武田信虎、信玄、勝頼の武田氏3代、60余年の館跡。躑躅ヶ崎の突端部であることから「躑躅ヶ崎館跡」とも呼ばれる。

武田神社(躑躅ヶ崎館跡)

住所
山梨県甲府市古府中町2611
交通
JR甲府駅から山梨交通武田神社行きバスで8分、終点下車すぐ
料金
宝物殿入館料=大人300円、小・中学生150円/ (障がい者手帳持参者は宝物殿入館料半額)

舞鶴城公園(甲府城跡)

甲府市民の憩いの場

武田氏の滅亡後、豊臣秀吉の命により築城された甲府城。その壮麗な姿から「舞鶴城」とも呼ばれ、江戸時代には西側への備えとして特別な役割を果たしたという。現在は城跡の一部が公園として市民の憩いの場となっていて、平成25(2013)年には本丸南側に2階建ての櫓門「鉄門(くろがねもん)」が復元されている。甲府城にまつわる文化や歴史について、観光ボランティアから詳しい説明を受けながら見学してみるのもよい。

舞鶴城公園(甲府城跡)
舞鶴城公園(甲府城跡)

舞鶴城公園(甲府城跡)

住所
山梨県甲府市丸の内1丁目
交通
JR甲府駅から徒歩3分
料金
情報なし