トップ > 全国 x 日帰り入浴専用施設 > 中国・四国 x 日帰り入浴専用施設 > 山陰 x 日帰り入浴専用施設 > 石見 x 日帰り入浴専用施設 > 三瓶山 x 日帰り入浴専用施設

三瓶山 x 日帰り入浴専用施設

三瓶山のおすすめの日帰り入浴専用施設スポット

三瓶山のおすすめの日帰り入浴専用施設スポットをご紹介します。地底から湧き出る神秘の温泉で湯の生命力を体感する「千原温泉」、岩風呂と石風呂、どちらも遠赤外線サウナがある「飯南町健康増進施設 加田の湯」、湯色が変化するめずらしい特徴を持った歴史ある温泉「頓原天然炭酸温泉 ラムネ銀泉」など情報満載。

三瓶山のおすすめの日帰り入浴専用施設スポット

  • スポット:5 件

1~20 件を表示 / 全 5 件

三瓶山のおすすめの日帰り入浴専用施設スポット

千原温泉

地底から湧き出る神秘の温泉で湯の生命力を体感する

明治時代に開設された、湯治が目的の温泉。素朴な造りの浴槽は岩盤の真上に板が敷いてあり、板と板の隙間から絶え間なく湯が湧き出している。やけど、ヒフ病を癒すのに適している。

千原温泉

住所
島根県邑智郡美郷町千原1070
交通
JR山陰本線大田市駅から石見交通粕渕方面行きバスで50分、粕渕駅下車、タクシーで20分
料金
入浴料=大人500円、小人(小学生以下)300円/

飯南町健康増進施設 加田の湯

岩風呂と石風呂、どちらも遠赤外線サウナがある

神戸川のほとりの静かな田園風景の中に建つ温泉施設。岩風呂「ごんべえの湯」と、石風呂「さくら姫の湯」があり、どちらも遠赤外線サウナがある。1週間ごとに男女湯の入れ替えをしている。

飯南町健康増進施設 加田の湯

飯南町健康増進施設 加田の湯

住所
島根県飯石郡飯南町下来島707-2
交通
JR芸備線三次駅からタクシーで50分
料金
入浴料=大人400円、小・中学生200円/ (回数券12枚綴大人4000円、小人2000円)

頓原天然炭酸温泉 ラムネ銀泉

湯色が変化するめずらしい特徴を持った歴史ある温泉

明治14(1881)年開催のドイツ万国博覧会で褒賞を受賞した温泉。源泉は冷泉でラムネのように気泡を含む炭酸泉。源泉掛流しで湯色が透明・グリーン・イエロー・オレンジに変化する。

頓原天然炭酸温泉 ラムネ銀泉
頓原天然炭酸温泉 ラムネ銀泉

頓原天然炭酸温泉 ラムネ銀泉

住所
島根県飯石郡飯南町頓原1070
交通
JR芸備線三次駅から備北交通赤名方面行きバスで1時間10分、頓原下車、徒歩15分
料金
入浴料=大人500円、小・中学生250円/貸切風呂(1時間)=1900円、以後30分ごとに500円/ (回数券11枚綴5000円)

三瓶温泉 亀の湯

地元で愛される銭湯みたいな温泉

温泉街から少し離れた無人の共同浴場。小判形の浴槽に湯が注がれ常時湯船からあふれている。36度の源泉をそのまま使っているので湯はややぬるいが、夕方からは少し加温する。

三瓶温泉 亀の湯

三瓶温泉 亀の湯

住所
島根県大田市三瓶町志学ロ357-1
交通
JR山陰本線大田市駅から石見交通三瓶温泉方面行きバスで42分、下の町下車すぐ
料金
入浴料=大人200円、小人(15歳以下)100円/

三瓶温泉 志学薬師 鶴の湯

温泉街の中心にある共同浴場

昭和34(1959)年まで、志学温泉の名で湯治湯として親しまれた名残の共同浴場。四角いタイル張りの浴槽はやや深めにできている。源泉から引いている湯は、胃腸病などに効果あり。

三瓶温泉 志学薬師 鶴の湯
三瓶温泉 志学薬師 鶴の湯

三瓶温泉 志学薬師 鶴の湯

住所
島根県大田市三瓶町志学932-1
交通
JR山陰本線大田市駅から石見交通三瓶温泉方面行きバスで40分、三瓶温泉下車すぐ
料金
入浴料=大人300円、小人(5歳~小学生)150円/ (会員1か月3000円)