トップ > 全国 x スタジアム > 九州・沖縄 x スタジアム

九州・沖縄 x スタジアム

九州・沖縄のおすすめのスタジアムスポット

九州・沖縄のおすすめのスタジアムスポットをご紹介します。PayPayドームでプロ野球観戦「福岡PayPayドーム」、プロ野球キャンプ地にもなる設備の整った球場「天福球場」、阪神タイガースに球春を告げるスタジアム「宜野座村野球場」など情報満載。

九州・沖縄のおすすめのスタジアムスポット

  • スポット:5 件

九州・沖縄の新着記事

1~20 件を表示 / 全 5 件

九州・沖縄のおすすめのスタジアムスポット

福岡PayPayドーム

PayPayドームでプロ野球観戦

ホークスファンの応援に沸く「福岡PayPayドーム」は、国内最大級のスケールを誇るスタジアム。バックステージが見学できるドームツアーで、福岡PayPayドームをたっぷり楽しむことができる。

福岡PayPayドーム
福岡PayPayドーム

福岡PayPayドーム

住所
福岡県福岡市中央区地行浜2丁目2-2
交通
JR博多駅から西鉄バス福岡タワー行きで20分、九州医療センター前下車すぐ
料金
ドームツアー(ドーム満喫コース)=大人(高校生以上)1600円、4歳~小学生850円、3歳以下無料/

天福球場

プロ野球キャンプ地にもなる設備の整った球場

天福球場は、昭和38(1963)年以来、カープがキャンプを行ってきた球場。キャンプ期間中、宿舎から自転車で通う選手も多く、身近さを感じさせる。

天福球場
天福球場

天福球場

住所
宮崎県日南市天福2丁目10
交通
JR日南線油津駅から徒歩5分
料金
要問合せ

宜野座村野球場

阪神タイガースに球春を告げるスタジアム

平成15(2003)年から阪神タイガースの春季キャンプ場になっている。練習試合はもちろん、オープン戦も開催され、毎年多くの阪神ファンがつめかけ、賑わいを見せている。

宜野座村野球場
宜野座村野球場

宜野座村野球場

住所
沖縄県国頭郡宜野座村宜野座188
交通
沖縄自動車道宜野座ICから国道329号を宜野座方面へ車で1km
料金
入場料=イベント・施設により異なる/

駅前不動産スタジアム

国際Aマッチも行なう通称「ベアスタ」

2万5000人を収容する球技専用スタジアム。Jリーグのサッカーチーム「サガン鳥栖」のホームとして知られる。メインスタンドとバックスタンドは全席個別席。サイドスタンドのビジター席は立ち見席だ。スタンドの支柱は、鳥栖市内の遺跡から出土した弥生時代の細型銅剣をモチーフにしている。

駅前不動産スタジアム
駅前不動産スタジアム

駅前不動産スタジアム

住所
佐賀県鳥栖市京町812
交通
JR鹿児島本線鳥栖駅から徒歩3分
料金
イベントにより異なる

SOKKENスタジアム

プロ野球のキャンプが行われる

宮崎市清武総合運動公園にある第一野球場の愛称。オリックス・バファローズが春季キャンプを行う。球場名は清武町出身の儒学者安井息軒に由来する。公園内には、ほかに第2野球場、屋内投球練習場、屋内球技場、多目的グラウンドなどがある。

SOKKENスタジアム
SOKKENスタジアム

SOKKENスタジアム

住所
宮崎県宮崎市清武町今泉甲530
交通
JR日豊本線清武駅からタクシーで5分
料金
要問合せ