トップ > 九州・沖縄 > 沖縄 > 宮古列島 > 伊良部島・下地島 > 

宮古島でランチをするならウワサの名物メニューはいかが?

エディターズ

更新日:2022年2月18日

この記事をシェアしよう!

宮古島でランチをするならウワサの名物メニューはいかが?

宮古島やその周辺の島々はまぐろやかつお、宮古牛やゆし豆腐など、海の幸も山の幸も豊富にそろっています。
そんな宮古島のおいしいものが詰まったメニューをそろえる食堂などが島内に点在しています。島内でうわさの必食メニューを味わいつくしましょう!

もちろん、ランチを楽しんだあとはスイートな、とっておきデザートのチェックも忘れずに。

宮古島のランチ①:おーばんまい食堂(伊良部・下地島)

宮古島のランチ①:おーばんまい食堂(伊良部・下地島)
いんしゃの駅・佐良浜に併設

漁港食堂で自慢の鮮魚料理を味わう

店名は、かつおが無料でふるまわれる佐良浜の名物行事“おおばんまい”からネーミング。鮮魚が集まる漁港ならではの海鮮メニューが味わえる。店内で魚介の加工品みやげを販売。


朝獲れプリプリの新鮮なかつおやまぐろを豪快に
海鮮丼1000円

厚めに切った刺身がのる海鮮丼は漁港食堂ならでは

宮古島のランチ①:おーばんまい食堂(伊良部・下地島)

かつおやまぐろの刺身に小鉢、ご飯、味噌汁が付くさしみ定食1100円

宮古島のランチ①:おーばんまい食堂(伊良部・下地島)

沖縄天ぷら(2個)100円

おーばんまい食堂

住所
沖縄県宮古島市伊良部池間添50いんしゃの駅・佐良浜 1階
交通
宮古空港から伊良部方面へタクシーで35分
料金
海鮮丼=900円/さしみ定食=1000円/沖縄天ぷら(2個)=100円/

宮古島のランチ②:ビックリ大将(中心部)

宮古島のランチ②:ビックリ大将(中心部)
店内はアットホームな雰囲気

宮古牛をリーズナブルに楽しめるステーキ専門店

宮古地域で育った黒毛和種、宮古牛は肉に甘みがあり、風味豊か。アツアツのステーキ肉を粗挽きのわさびで食べると、うまみがひき立つ。窓から宮古空港に着陸寸前の飛行機が眺められる。


うまみたっぷりの宮古牛をカジュアルに味わう
特撰宮古牛リブロースステーキ(250g)9900円

肉は最高級の宮古牛を使用。野菜や調味料までほぼ宮古島産

ビックリ大将

住所
沖縄県宮古島市平良西里1304-8
交通
宮古空港からタクシーで5分
料金
特選宮古牛リブロースステーキ(250g)=6800円/宮古牛サーロインステーキ(160g)=5000円/和風サイコロステーキ(160g)=1500円/

宮古島のランチ③:たまご家おかん(中心部)

宮古島のランチ③:たまご家おかん(中心部)
インテリアも夫妻で手作り。民泊(貸切or女性限定)も受け入れOK

モッチリとした宮古麺が味の決め手

神戸出身の夫妻が切り盛りするアットホームな店。神戸名物のそばめしとオムレツを組み合わせた、ふわとろのオムそばめしは、2~3㎝にカットされた宮古そば麺が絶妙にマッチ。


そばめしの上にふわトロのオムレツをオン
ふわとろ宮古オムそばめし 800円

味は4種類から選べる。サラダ、スープ付き

たまご屋おかん

住所
沖縄県宮古島市平良東仲宗根121

宮古島のランチ④:皆愛屋(前浜周辺)

宮古島のランチ④:皆愛屋(前浜周辺)
店内席のほか屋外にもテーブルがある

来間島の豆腐店ならではの絶品ゆし豆腐

昔ながらの製法で手作りを続ける来間豆腐の料理が食べられる店。できたての豆腐のほか、島豆腐おにぎりもテイクアウトOKで、黒米、じゅーしー、カレー、味噌の4種類の味がそろう。


大豆の甘みがふんわり広がるゆし豆腐
ゆし豆腐セット800円~

やわらかなゆし豆腐に豆腐おにぎり、豆乳などが付く

皆愛屋

住所
沖縄県宮古島市下地与那覇1450-62
交通
宮古空港からタクシーで10分
料金
ゆし豆腐そばセット=680円/ゆし豆腐そば=500円(小)、550円(大)/ゆし豆腐セット=500円/島豆腐おにぎり=150円/豆乳=150円/

宮古島のスイーツな名物はこちら

宮古島のスイーツ:観光農園ユートピアファーム宮古島

宮古島のスイーツ:観光農園ユートピアファーム宮古島
6~9月頃までの限定メニュー、フルーツサンデー1580円

50品種のブーゲンビリアが咲き誇るフラワー園、マンゴー園、フルーツ園からなる観光農園。パーラーでは農園直送の新鮮なフルーツを使ったソフトクリームやパフェなどが味わえる。

観光農園ユートピアファーム宮古島

住所
沖縄県宮古島市沖縄県宮古島市上野宮国1714-2
交通
宮古空港からタクシーで10分
料金
マンゴーとパパイヤのフルーツサンデー(6月下旬~8月末)=1380円/

楽園の果実

楽園の果実
宮古島産メロンパフェ(1~5月頃)1400円、パイナップルパフェ1300円

旬の時期には、自家栽培の完熟マンゴーやドラゴンフルーツを使ったスイーツが登場。フルーツケーキやジャムなどのおみやげも販売している。

楽園の果実

住所
沖縄県宮古島市下地来間476-1
交通
宮古空港からタクシーで20分
料金
マンゴーパフェ(7月上旬~8月末)=2160円/ドラゴンフルーツパフェ(7月中旬~10月上旬)=1600円/パイナップルパフェ=1200円/パパイヤパフェ(3月~6月上旬)=1300円/フルーツケーキ=各500円/完熟マンゴーフレッシュジュース=540円/オリジナルジェラートアイス=432円~/宮古和牛ステーキ丼=1296円/

岡山と沖縄にオフィスを構える、キャリア約30年の編集プロダクションです。旅行情報やタウン情報を中心に約1万件を超える取材や執筆の実績があります。旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」や「ことりっぷ」で岡山・四国・沖縄エリアの編集を担当しています。
旅好きな全スタッフがさまざまなアンテナを張りめぐらして情報を収集・編集し、「思わず旅に出たくなる」記事をお届けしていきます。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください