トップ > 全国 > 中国・四国 > 山陰 > 萩・津和野 > > 萩市街 > 萩焼まつり

ハギヤキマツリ

萩焼まつり

長い歴史をもつ萩焼の魅力にふれる

約400年の伝統を持つ萩焼。多種多様な萩焼を市価より安く購入できるとあって大勢の人でにぎわう。期間中は、抽選会やろくろ体験などのイベントも満載。

住所
山口県萩市椿3395-1萩市民体育館 (大きな地図で場所を見る)
電話
0838-25-3333(萩焼まつり実行委員会事務局)
交通
JR山陰本線萩駅から徒歩5分
営業期間
5月1~5日
営業時間
9:00~17:30
休業日
情報なし
料金
ろくろ体験コーナー=2500円(送料別)/(他商品により異なる)
ID
35000613

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

同じエリアに関連する記事

萩【明倫学舎】藩校跡に建つ日本最大級の木造校舎!

かつて萩藩の志士が通った藩校明倫館。2014年まで小学校として実際に使用されていたが、現在は萩の観光起点としてさまざまな情報を発信している。本館、2号館、旧萩藩校明倫館の3つの見どころを詳しく解説。

【萩】毛利家ゆかりの地の歴史を深く知ろう!

中国地方の覇者、戦国大名の毛利元就。孫の輝元が萩の地に居城を構えて以来、毛利家が周防・長門(現在の山口県)を271年に及び治めた。萩には毛利家ゆかりの地や史料も多く、その歴史を深く知ることができる。

萩【世界遺産 萩反射炉】どんなトコ?基本情報をチェック!

2015年に「明治日本の産業革命遺産」として世界遺産に登録された構成資産は九州・山口を中心に23あり、そのうち5つが山口県の萩にある。松下村塾はもちろん、日本の近代化を担った萩の世界遺産を見てみよう。

【萩・津和野・山口】エリア&基本情報をチェック!

昔のたたずまいが今に残る歴史ある町がこのエリアの魅力で、世界遺産や国宝など価値の高い文化財も多い。江戸時代に長州毛利家の城下町として産業が発展した萩、山間にあって江戸時代以来の景観と文化を今に残す津和...

【萩】城下町でカフェ&ランチ♪おすすめ店をチェック!

町全体がノスタルジアな雰囲気の萩には、景観、器、味を楽しめるカフェが点在する。そのなかでもランチ、カフェともに利用できる人気店をご紹介。各店自慢の料理を城下町の風情と一緒に味わって。

山口【萩】名物グルメ! 日本海の新鮮食材等が勢ぞろい!

日本海に面した萩は、好漁場が近いため鮮度の高い海の幸の宝庫。甘鯛や瀬付きあじ、剣先イカなどの魚介をはじめ、見蘭牛やむつみ豚など希少なブランド肉にも注目だ。食通を感動させる萩の味を召し上がれ!

【山口】絶景・美景!フォトジェニックスポット!

日本海に面した山口県北西部の海岸は起伏に富んだ海岸線と緩やかな砂浜が入り混じった美しい景観で、北長門海岸国定公園に指定されている。透き通った海に架かる角島大橋や赤い鳥居と青い海が印象的な元乃隅稲成神社...

萩【夏みかん】城下町の堀から顔を出す名産品!

萩の名産といえば、夏みかん。町のいたるところで見かけるが、実は明治初期に日本初の経済栽培として広まったもの。甘酸っぱい風味を生かした菓子や加工品は萩みやげの定番として人気を集めている。

山口【萩】世界遺産 松下村塾とはどんなトコ? 基本情報をチェック!

奇兵隊を結成し倒幕に奔走した高杉晋作、攘夷派のリーダー的存在の久坂玄瑞、幕末の動乱を乗り越え初代内閣総理大臣となった伊藤博文など、多くの門下生が日本の近代化に重要な役割を果たした。日本の産業革命を担っ...

【山口】おすすめ宿!多彩なスタイルが勢揃い!

山口県内には良泉を引く温泉宿が数多くある。名湯と合わせて料理や雰囲気なども楽しめるくつろぎの宿を紹介。

エリア × テーマ

 >  >   >   >   >   > 
 >  > 
 >  >   >   >   >   > 

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください