コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【萩】城下町でカフェ&ランチ♪おすすめ店をチェック!

【萩】城下町でカフェ&ランチ♪おすすめ店をチェック!

by mapple

更新日:2018年10月10日

町全体がノスタルジアな雰囲気の萩には、景観、器、味を楽しめるカフェが点在する。そのなかでもランチ、カフェともに利用できる人気店をご紹介。各店自慢の料理を城下町の風情と一緒に味わって。

指月茶寮

グランドピアノが目を引く
萩博物館前にあるシックな外観のカフェ。ドリンクは萩焼やマイセン、ウェッジウッド、ヘレンドの器で提供する。テラス席にはペットを同伴できる。

くつろぎポイント
店内中央にはグランドピアノがあり定期演奏会を行っている。テラス席から見る夕日も絶景

MENU
●ケーキセット…600円
●カルボナーラ(サラダ、ドリンク付)…1000円

【Cafe】
アフタヌーンティーセット(2500円)
は2名からで前日までの要予約。ケーキやスコーンなどすべて手作り

【Lunch】
指月ランチ1000円
地元でとれた旬の食材を使ったランチは毎日10食限定

60種以上ある紅茶マリアージュとこだわりの食器が並ぶカウンター

店内では波多野指月窯の作品を販売している

看板娘のすももちゃんがお出迎え

立ち寄りやすい角地に建つ

Kimono Style Café

着物で訪れたい古民家カフェ
予約制で着物のレンタル、着付けなどを行うカフェ。メニューはすべて萩焼で出され、抹茶や夏みかんジュース、ケーキなどのドリンクやスイーツが充実する。

おすすめポイント
毛利藩士がすごした古民家をリノベーション。現代にはない風情を感じられる

MENU
●萩にゅうめん…580円
●柚子ホイップトースト…370円

【Cafe】
夏みかんチーズケーキ(390円)とアイス抹茶オレフロート(590円)

【Lunch】
長州そば 680円
麺には萩のそば粉を使用。自家製のだしは日本海や海の幸からとるさっぱりめの味

男女ともに種類やサイズが豊富にそろえてある

夏みかんのコースター(378円)、小風呂敷(680)円などの和雑貨も人気

店内からは風情ある日本庭園を眺める

着物がよく映える外観

庭園カフェ 畔亭

広大な枯山水の庭を眺める
およそ800坪を誇る古い屋敷を利用した食事処。店内にはソファや座敷の席を配し、どの席からも優雅な庭園を眺める。萩産の黒毛和牛や県産野菜を使った料理を味わえる。

くつろぎポイント
四季の移ろいが美しい広大な庭園を眺めながら食事ができる

MENU
●赤米ロールとコーヒー……750円
●抹茶ロール……500円

【Cafe】
抹茶ロールとアイスコーヒーのセット 750円
抹茶を練り込んだふんわりした生地に抹茶のクリームが入る

【Lunch】
ハンバーグプレート1500円
サラダやスープがセットになったプレートランチ。特製ソースのかかったハンバーグはジューシーな味わい

店内には洋風のスペースもある

石や砂などを配して山水の風景を表現した枯山水の庭園

喫茶 場々居茶

びっくり価格でパワーチャージ
萩焼には珍しいビビッドなピンクやブルーの器で料理を出す喫茶店。コーヒーやスイーツのほか、全国各地の食材を取り入れた家庭料理が楽しめる。萩焼は店内でも販売している。

おすすめポイント
ランチで元気になってほしい!というオーナーの気持ちがこもった驚きの価格が魅力

MENU
●焼そば…400円
●黒豚とんかつ定食…1000円

【Cafe】
コーヒー(300円)と2、3種からケーキ(300円)を選べる(写真はイメージ)

【Lunch】
日替わりランチ 300円
使う野菜にも喜んでほしいという思いのこもったランチ。この日のメインは生姜焼き

木のあたたかみを感じる店内

珈琲 蔵

県外からも問い合わせ殺到の幕末パン
150年前のレシピを参考に作った幕末パンが店の看板メニュー。弾力がありモチっとした食感で甘みが強いのが特徴。コーヒーは注文を受けてからひき、萩焼のカップに注いでくれる。

おすすめポイント
ケーキはオーナー夫人の手作り。3、4種から選ぶことができる

MENU
●オムライスセット…950円
●ピザセット…750円

【Cafe】
ケーキセット(600円)
の内容は季節により異なる。この日はモンブラン

【Lunch】
カレーセット(サラダ、ドリンク付) 950円
10種以上のスパイス、大量のタマネギ、ハチミツなどをブレンドしたルーはこくがありピリっと辛い

幕末パンを味わうならパンセット(750円)がおすすめ

萩の城下町に馴染んだ蔵風の外観

晦事

萩焼の器と調和する町家カフェ
築200年の町家を改装したカフェ。萩焼の窯元大屋窯の陶器や磁器を使っている。白や黒を基調としたハイセンスな器が、店内に置かれた北欧家具とマッチしている。

くつろぎポイント
店内からは金魚が泳ぐ坪庭を眺める。商品として販売もする北欧家具も見逃せない

MENU
●萩のはちみつトースト…400円
●萩産プレミアムジンジャーエール…500円

【Cafe】
手づくりの生羊かんを味わえる(300円)

【Cafe】
萩マルマレットトースト 400円
萩名物の夏みかんを使ったマーマレードのトーストは、散歩途中のおやつにおすすめ

お手頃価格なフェイスシリーズ角皿(1296円)

店内で購入できる萩焼のカップ(3240円)と皿(1680円)

オランダ製のイスを配する店内

筆者:mapple

まっぷる山口・萩・下関 門司港・津和野’18

発売日:2017年12月06日

Amazonで購入する

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×