トップ > 中国・四国 > 山陰 > 萩・津和野 >  > 萩市街 > 

萩・津和野・山口 観光の基本情報&モデルコースをご紹介

まっぷるマガジン編集部

更新日:2021年12月3日

この記事をシェアしよう!

萩・津和野・山口 観光の基本情報&モデルコースをご紹介

山口県の萩、津和野、山口タウンの基本情報をご紹介。
昔のたたずまいが今に残る歴史ある町がこのエリアの魅力で、世界遺産や国宝など価値の高い文化財も多いのが特徴です。
江戸時代に長州毛利家の城下町として産業が発展した萩、
山間にあって江戸時代以来の景観と文化を今に残す津和野、
戦国時代の大名大内氏の拠点で「西の京」と称された山口。
2018年には明治維新150年を迎え、ゆかりの深い場所が多い注目のエリアとなっています。

萩・津和野・山口タウンへの行き方アドバイス

三角形の位置関係にある萩・津和野・山口

萩と津和野と山口はちょうど左図のような三角形の位置関係にあり、それぞれ車での移動時間が1時間から2時間くらいが目安となります。

まずは山口タウンに向かいましょう。旅の始点に好適

新幹線利用の場合は新山口飛行機利用の場合は便数の多い山口宇部空港から、まずは山口を目指すのがスタンダード。高速道路でのアクセスでは中国自動車道の山口ICが山口の市街地に近いのみで、萩や津和野は高速道路のICまで距離があるのに注意したい。山口を始点に萩・津和野をめぐるとスムーズです。

山口 湯田温泉
⇩  JR山口線特急「スーパーおき」50分 1日3便 2720円
普通列車 1時間15分 1日8便 990円
クルマ 約1時間15分
津和野
⇩  防長交通バス 1時間37分 1日5便 2220円
クルマ 約1時間15分

⇩  中国JRバス 1時間22分 1日9便 1800円
クルマ 約1時間
山口 湯田温泉

萩 めぐり方モデルコース

大河ドラマ『花燃ゆ』の関連スポットから、萩グルメ、萩焼など萩を満喫できるぜいたくプラン。初めて萩を訪れるあなたはぜひ参考に!

モデルコース①松陰神社

モデルコース①松陰神社

大河ドラマにも登場する吉田松陰を祀る神社。敷地内に松下村塾や歴史館、宝物殿などがあります。

↓ 約3㎞(車で10分)

モデルコース②城下町散策

モデルコース②城下町散策

歴史的建造物が点在する城下町エリア。萩博物館を起点に菊屋横町や高杉晋作誕生地、円政寺など散策を楽しもう。

↓ 約7㎞(車で15分)

モデルコース③ランチタイムは萩名物!

モデルコース③ランチタイムは萩名物!

見蘭牛ダイニング 玄でランチタイム!山口のブランド牛、見蘭牛100%のハンバーグが味わえます。

↓ 約8㎞(車で15分)

モデルコース④萩焼窯元 千春楽 城山で萩焼見学

モデルコース④萩焼窯元 千春楽 城山で萩焼見学

作業風景が見学でき、絵付けや手びねり、ろくろなど体験もできる窯元。普段使いしやすい萩焼の販売も行っています。

↓ 徒歩5分

モデルコース⑤菊ヶ浜

モデルコース⑤菊ヶ浜

大河ドラマロケ地にもなった海岸。波の音を聞きながら眺めるサンセッ
トは、萩の旅を締めくくるのにもってこいです。

萩 -エリア&基本情報をチェック!-

萩のめぐり方のポイント

ポイント①「まぁーるばす」を活用しよう

萩の移動には、城下町地区や博物館など見どころを網羅する萩循環まぁーるバスが便利。萩市役所を始点に東回りコースと西回りコースに分かれています。どこまで乗っても100円

ポイント②自転車でめぐるとちょうどよいコンパクトな町

主要観光地をクルマで転々とすることもできるが、萩はレンタサイクルで町めぐりするのにちょうどよいサイズの町なのでおすすめです。とくに鉄道やバスを利用した場合はバスセンターや駅の前にレンタサイクル店があるので便利。いくつか観光の核になる場所の駐車場にクルマをとめて周辺を徒歩でめぐる方法もGOOD!

ポイント③萩の駐車場事情

萩・明倫学舎をはじめ、萩博物館、松陰神社、指月(萩城跡)など主要観光スポット近くに駐車場があります。

観光の拠点、萩・明倫学舎

2017年に開館した萩・明倫学舎は駐車場が整備され、萩の観光について情報が得られるため、ここを拠点に萩を観光すると便利です。

萩・明倫学舎

住所
山口県萩市江向602
交通
JR山陰本線東萩駅からタクシーで10分
料金
入館料(本館)=無料/入館料(分館)=大人300円、高校生200円、小・中学生100円/

萩の見どころ

見どころ①世界遺産

明治日本の産業革命遺産のひとつで、近代化の担い手を育成した地として、松下村塾萩城下町が選ばれています。ほかにも萩反射炉、恵美須ヶ鼻造船所跡、大板山たたら製鉄遺跡も登録させていますが、萩の主要観光地から離れているため注意しましょう。

見どころ②古い町並み<重要伝統的建造物群保存地区>

堀内
萩城の三の丸だった区域で、武士でも重臣クラスの屋敷があったため現在も区画が大きい。口羽家住宅をはじめ旧周布家長屋門などが今も残る閑静な雰囲気です。

平安古
武家屋敷の形跡が残る区域。とくに鍵曲は萩の町並みを象徴する風景で、撮影ポイントになっています。久坂玄瑞の誕生地があります。

浜崎
北前船の水揚げ港として栄えた商家が連なる区域。商家では旧山村家住宅をはじめ、なまこ壁の土蔵や格子や虫籠窓の町家がみどころです。

萩城城下町

住所
山口県萩市呉服町、南古萩町
交通
JR山陰本線萩駅からまぁーるバス西回りで34分、萩博物館前下車、徒歩3分
料金
情報なし

松下村塾

住所
山口県萩市椿東1537
交通
JR山陰本線東萩駅から徒歩15分
料金
無料(外観のみ見学可)

萩反射炉

住所
山口県萩市椿東4897-7
交通
JR山陰本線東萩駅からまぁーるバス東回りで10分、萩しーまーと下車、徒歩5分
料金
情報なし
1 2 3

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください