>  >  >  >  >  >  【萩・津和野・山口】エリア&基本情報をチェック!

【萩・津和野・山口】エリア&基本情報をチェック!

【萩・津和野・山口】エリア&基本情報をチェック!

昔のたたずまいが今に残る歴史ある町がこのエリアの魅力で、世界遺産や国宝など価値の高い文化財も多い。江戸時代に長州毛利家の城下町として産業が発展した萩、山間にあって江戸時代以来の景観と文化を今に残す津和野、戦国時代の大名大内氏の拠点で「西の京」と称された山口。明治維新150年を迎える2018年、ゆかりの深い場所が多い注目のエリアだ。

アクセス★アドバイス

三角形の位置関係にある萩・津和野・山口

萩と津和野と山口はちょうど左図のような三角形の位置関係にあり、それぞれクルマでの移動時間が1時間から2時間くらいを目安にできる。

まずは山口へ。旅の始点に好適

新幹線利用の場合は新山口、飛行機利用の場合は便数の多い山口宇部空港から、まずは山口を目指すのがスタンダード。高速道路でのアクセスでは中国自動車道の山口ICが山口の市街地に近いのみで、萩や津和野は高速道路のICまで距離があるのに注意したい。山口を始点に萩・津和野をめぐるとスムーズだ。

山口 湯田温泉
⇩  JR山口線特急「スーパーおき」48分 1日3便 2670円
  普通列車 1時間15分 1日8便 970円
  クルマ 約1時間30分
津和野
⇩  防長交通バス 1時間37分 1日5便 2190円
  クルマ 約2時間

⇩  中国JRバス 1時間19分 1日8便 1760円
  クルマ 約1時間
山口 湯田温泉

萩のまわり方

観光の拠点、萩・明倫学舎

2017年に開館した萩・明倫学舎は駐車場が整備され、萩の観光について情報が得られるため、ここを拠点に萩を観光するのも手だ。

萩・明倫学舎

住所
山口県萩市江向602
交通
JR山陰本線東萩駅からタクシーで10分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00(閉館)、カフェ・レストランは~20:30(閉店21:00)
休業日
無休
料金
入館料(本館)=無料/入館料(分館)=大人300円、高校生200円、小・中学生100円/

萩の駐車場事情

萩・明倫学舎をはじめ、萩博物館、松陰神社、指月(萩城跡)など主要観光スポット近くに駐車場がある。

自転車でめぐるとちょうどよいコンパクトな町

主要観光地をクルマで転々とすることもできるが、萩はレンタサイクルで町めぐりするのにちょうどよいサイズの町なのでおすすめしたい。とくに鉄道やバスを利用した場合はバスセンターや駅の前にレンタサイクル店があるので便利だ。いくつか観光の核になる場所の駐車場にクルマをとめて周辺を徒歩でめぐる方法もとれる。

「まぁーるばす」を活用しよう

萩の主要観光地を周回するバスで2ルートあり、日中30分間隔で運行している。萩駅、東萩駅、萩バスセンター、萩・明倫学舎など観光拠点から乗車できる。

萩の見どころ

世界遺産

明治日本の産業革命遺産のひとつで、近代化の担い手を育成した地として、松下村塾と萩城下町が選ばれている、ほかにも萩反射炉、恵美須ヶ鼻造船所跡、大板山たたら製鉄遺跡も登録させているが、萩の主要観光地から離れているため注意したい。

古い町並み<重要伝統的建造物群保存地区>

堀内
萩城の三の丸だった区域で、武士でも重臣クラスの屋敷があったため現在も区画が大きい。口羽家住宅をはじめ旧周布家長屋門などが今も残る閑静な雰囲気だ。

平安古
武家屋敷の形跡が残る区域。とくに鍵曲は萩の町並みを象徴する風景で、撮影ポイントになっている。久坂玄瑞の誕生地がある。

浜崎
北前船の水揚げ港として栄えた商家が連なる区域。商家では旧山村家住宅をはじめ、なまこ壁の土蔵や格子や虫籠窓の町家がみどころ。

1【世界遺産】萩の城下町

1【世界遺産】萩の城下町

萩城城下町

住所
山口県萩市呉服町、南古萩町
交通
JR山陰本線萩駅からまぁーるバス西回りで34分、萩博物館前下車、徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
無休
料金
情報なし

2【世界遺産】松下村塾

2【世界遺産】松下村塾
2【世界遺産】松下村塾

松下村塾

住所
山口県萩市椿東1537
交通
JR山陰本線東萩駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
見学自由(外観のみ)
休業日
無休
料金
情報なし

3【世界遺産】萩反射炉

3【世界遺産】萩反射炉

萩反射炉

住所
山口県萩市椿東4897-7
交通
JR山陰本線東萩駅からまぁーるバス東回りで10分、萩しーまーと下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
見学自由(外観のみ)
休業日
無休
料金
情報なし

買いたい!食べたい!ご当地名物&グルメ

日本酒

造り酒屋が多く、それぞれ個性的な風味を醸している。近年では長門湯本温泉で安倍総理大臣がロシアのプーチン大統領をもてなして好評を得た「東洋美人」が有名になり、人気を博している。

長陽福娘(岩崎酒造)

Bd-14(八千代酒造)

東洋美人(澄川酒造場)

長門峡(岡崎酒造場)

宝船(中村酒造)

萩焼

約400年の歴史を持ち、使うほどに風合いが変化する「萩の七化け」という特色がある。窯元による高価な美術作品から、普段使いできる湯呑みまで多種に及ぶ。

夏みかん

萩を代表する名産品。丸漬、ジュース、ゼリーなどさまざまな加工品があり、萩みやげにぴったりだ。

かまぼこ(水産加工品)

日本海から揚がる魚が多く、加工品としてかまぼこが有名だ。萩では「焼き抜き」という蒸さずに遠火で時間をかけて焼き上げるのが特長だ。

筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事の出典元は「まっぷる山口・萩・下関 門司港・津和野」です。掲載した内容は、2017年8月~10月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  >  > 
×