トップ > 全国 > 中国・四国 > 四国 > 徳島・鳴門 > 徳島 > 徳島市街 > 阿波おどり会館

アワオドリカイカン

阿波おどり会館

1年中、阿波おどりが楽しめる

ホールでは毎日5回、専属連による阿波おどりが上演され、最終公演では有名連が登場する。踊り手のレクチャーを受けた後に舞台で踊る体験も可能。館内には衣装や鳴り物の資料を展示した阿波おどりミュージアムがある。

住所
徳島県徳島市新町橋2丁目20 (大きな地図で場所を見る)
電話
088-611-1611
交通
JR徳島駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
9:00~21:00(閉館)、施設により異なる
休業日
施設により異なる、2・6・10月は第2水曜、祝日の場合は翌日休(点検期間休、12月28日~翌1月1日休)
料金
入館料=無料/専属連による阿波おどり観賞料=大人800円、小・中学生400円/有名連による阿波おどり観賞料=大人1000円、小・中学生500円/ (20名以上の団体は2割引、障がい者手帳持参者割引あり)
駐車場
あり | 台数:26台 | 有料 | 1時間330円、以後30分ごとに170円
ID
36000391

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

同じエリアに関連する記事

【徳島】どんなトコ?エリア&基本情報をチェック!

約400年の歴史を誇る真夏の祭典、阿波おどりをはじめ世界三大潮流のうず潮、世界中の名画を陶板で再現した美術館、断崖絶壁の渓谷美が続く祖谷渓など見どころが点在。潮流が育む海の幸や、徳島ラーメンなどのグル...

【徳島・眉山】万葉集にも詠まれた美しい山をチェック!

徳島のシンボル眉山は、日本の自然百選に選ばれている優美な山。「眉の如雲居に見ゆる阿波の山」と万葉集に詠まれたことが名前の由来。標高290mの山頂・展望台からの眺めが素晴らしい。車で山頂へ登るなら、桜や...

【徳島タウン】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

優美な姿の眉山に抱かれた城下町に、藩主蜂須賀家ゆかりのスポットが点在。夏には阿波おどりが開催され、街が熱気に包まれる。

【徳島】おすすめ土産!買うべき逸品をチェック!

なると金時や阿波和三盆など、徳島に来たら買っておくべき王道みやげを5つのテーマ別にご紹介。

【香川】四国八十八礼所「涅槃の道場」めぐり

大師の誕生の地である善通寺や景勝地屋島に建つ屋島寺など、町のなかにある札所が続く。讃岐平野に建つ霊場をめぐれば、結願も近い。

【徳島スイーツ】地元食材がスイーツに変身!

なると金時や阿波和三盆など、徳島が誇る食材がスイーツに変身。店内で味わうのはもちろん、テイクアウトOKなものも♪甘い時間を心ゆくまで召し上がれ。

【徳島グルメ】阿波ブランド肉!牛、豚、鶏が勢ぞろい!

徳島のおだやかな気候と豊かな大地に育まれた徳島のブランド肉。素材のうま味をダイレクトに楽しめる一品をご紹介!

【徳島】産直市でショッピング! とくしまマルシェや阿波食ミュージアムに注目!

海、山、川の恵み豊かな徳島には、個性豊かな産物がめじろ押し。地元でも一目置かれる人気の2つの産直市で、地元客に交じって買い物を楽しもう。

【徳島】ご当地グルメ!地元食材をたっぷり味わう!

食材も、その使い方も徳島流で、小腹が空いたときのオヤツにもピッタリ。ケンミンに愛されるメニューに注目!!

【徳島ラーメン】見た目、味ともに超個性派ぞろい!

徳島を代表するご当地グルメ。草分け的存在の名店をはじめ、地元で愛される老舗や行列覚悟の人気店をドドンと紹介!

エリア × テーマ

トップ > 全国 >  中国・四国 >  四国 >  徳島・鳴門 >  徳島 >  徳島市街
トップ > 見どころ・レジャー >  文化施設 >  資料館・文学館など
トップ > 全国 x 資料館・文学館など >  中国・四国 x 資料館・文学館など >  四国 x 資料館・文学館など >  徳島・鳴門 x 資料館・文学館など >  徳島 x 資料館・文学館など >  徳島市街 x 資料館・文学館など

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください