トップページ > 博多あかちょこべ

ハカタアカチョコベ

博多あかちょこべ

博多うどんのニュースタイル

麺は小麦に胚芽を加えた自店製の古式胚芽うどん、だしは京都から取り寄せた材料を使う。やかんに入った「ずぼらうどん」が名物。夜はリーズナブルな居酒屋メニューが充実。夜は予約が望ましい。

住所
福岡県福岡市博多区冷泉町7-10(大きな地図で場所を見る)
電話
092-271-0102
交通
地下鉄祇園駅から徒歩6分
営業期間
通年
営業時間
11:30~15:00(閉店)、18:00~23:30(閉店24:00)、日曜は11:30~18:00(閉店)
休業日
不定休
料金
ずぼらうどん=660円/元祖キーマカレーうどん=720円/海老のアヒージョ(夜のみ)=820円/博多ひと口ギョーザ=580円/ 平均予算(昼):600円, 平均予算(夜):2500円
カード
利用可能
駐車場
なし
ID
40011589
エリア
全国 | 九州・沖縄 | 福岡・北九州 | 福岡 | 福岡 | 中洲・川端
テーマ
グルメ | 和食 | その他和食
エリア × テーマ
全国 x その他和食 | 九州・沖縄 x その他和食 | 福岡・北九州 x その他和食 | 福岡 x その他和食 | 福岡 x その他和食 | 中洲・川端 x その他和食
エリア
全国 | 九州・沖縄 | 福岡・北九州 | 福岡 | 福岡 | 中洲・川端
テーマ
グルメ | 和食 | その他和食
エリア × テーマ
全国 x その他和食 | 九州・沖縄 x その他和食 | 福岡・北九州 x その他和食 | 福岡 x その他和食 | 福岡 x その他和食 | 中洲・川端 x その他和食

同じエリアに関連する記事

福岡で本場の「もつ鍋」を食べたい!人気おすすめ店は!?

終戦まもなく福岡で誕生したもつ鍋は、もつとにらをアルミ鍋で炊いたホルモン焼きをアレンジしたもの。プリップリのもつにキャベツ、にらなどの野菜が盛りだくさんで、栄養満点。

福岡エリア別おすすめ宿泊ガイド 多彩なホテルが勢揃い!

福岡市内には、リーズナブルなビジネスホテルから高級ホテルまで多彩なホテルがそろい、好みに合わせて選ぶことができる。アクセス抜群の博多駅周辺、繁華街の天神などエリア別に紹介。

福岡はこんなところ!エリア&移動手段をチェック!

九州最大のビッグシティ。都心部は新幹線の停車駅、JR博多駅がある「博多」と、商業地の「天神」に二分され、周辺には昔ながらの下町情緒が漂う「中洲・川端」、海辺のリゾートが過ごせる「シーサイドももち」など...

福岡【屋台】エリア&おすすめ人気店をご紹介!

屋台デビューの場合、「いざ、屋台!」と意気込んでも、なかなかその一歩が踏み出せない。そんな読者には、本誌がおすすめするこちらの屋台はいかが?

福岡でラーメンを食べるならココ!超人気おすすめ5軒

白濁したとんこつスープに細めのストレート麺が主流の博多ラーメン。一見、シンプルながら、各店ともに個性を追求していて味のバリエーションは無限だ。地元っ子からの支持を加味しつつ、まっぷる編集部がすすめる、...

福岡で食べる「博多の朝ごはん」一日の元気をチャージ!

旅先での朝ごはん。ホテルで食事をするのもいいけれど、食の宝庫といわれる福岡だからこそ、朝から食べ歩きを楽しむのもいい。早起きしてでも行く価値がある、おいしい朝食スポットはこちら。

福岡で九州の「海鮮」を味わう!鮮度もコスパも最高!

福岡・九州の魚はおいしい!全国でも屈指の豊かな漁場といわれる玄界灘の魚は、他県から訪れた人を感動させるほど鮮度が高く、弾ける食感、うまみが豊かで絶品だ!

福岡生まれの工芸品&雑貨 旅の記念に欲しくなる!

福岡で生まれ、育まれた工芸品や地元クラフト作家が手がけるご当地ブランド、地元のセレクトショップが選りすぐった雑貨など、福岡ならではのモノとの出会いを探しにでかけよう。

福岡の夜の社交場【屋台】へ行ってみよう!

福岡グルメのなかでも絶対はずせないのが屋台。日暮れとともに、街のあちらこちらに、のれんを掲げた屋台が並び、仕事帰りの地元の常連や観光客で大いににぎわう。

福岡【川端】博多の下町をさんぽ お櫛田さんから商店街へ

博多と天神のほぼ中間にある川端は、博多川のほとりに開けた商人の町。昔ながらの下町風情が残り、ノスタルジックな雰囲気の上川端を歩いてみよう。

×