トップ >  九州・沖縄 > 福岡・北九州 > 福岡 > 福岡 > 中洲・川端 > 

福岡【川端】博多の下町をさんぽ お櫛田さんから商店街へ

まっぷるマガジン編集部

更新日: 2024年2月12日

この記事をシェアしよう!

福岡【川端】博多の下町をさんぽ お櫛田さんから商店街へ

博多と天神のほぼ中間にある川端は、博多川のほとりに開けた商人の町。昔ながらの下町風情が残り、ノスタルジックな雰囲気の上川端を歩いてみよう。

櫛田神社

「お櫛田さん」の名で親しまれる博多の総鎮守
上川端商店街の南端近くにある博多の総鎮守。博多祇園山笠のフィナーレを飾る「追い山笠」の出発地点でもある。境内の博多歴史館には、文化財の山笠の絵馬をはじめ、社宝を展示。

櫛田神社

上川端商店街の南端入り口近くに建つ

櫛田神社

住所
福岡県福岡市博多区上川端町1-41
交通
地下鉄中洲川端駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
4:00~22:00(参拝時間)、9:00~17:00(札所、問合せ)
休業日
無休、博多歴史館は月曜、祝日の場合は翌日休
料金
入館料(博多歴史館)=大人300円、大学・高校生200円、小・中学生150円/

鈴懸本店

和カフェでのんびり+みやげを買いに!
「現代の名工」である菓子職人、中岡三郎氏が創業した和菓子店で、喫茶室をそなえる。かすてぃらバター焼き、すずのパフェなど、和洋にとらわれないデザートが好評。

鈴懸本店

すずのパフェ 970円
フルーツ、水ようかん、アイスクリームがグラスいっぱいに!

鈴懸本店

すず籠10個入 1566円
新潟県産のもち米を使った看板商品の鈴乃最中

鈴懸本店

住所
福岡県福岡市博多区上川端町12-20ふくぎん博多ビル 1階
交通
地下鉄中洲川端駅からすぐ

「博多町家」ふるさと館

昔の博多にタイムトラベル
「町家棟」「展示棟」「みやげ処」の3つのゾーンがあり、古きよき時代の文化や暮らしを紹介。博多の伝統工芸の実演見学や博多織の手織り体験などができる。

「博多町家」ふるさと館

町家棟とみやげ処は無料で見学、利用することができる

「博多町家」ふるさと館

住所
福岡県福岡市博多区冷泉町6-10
交通
地下鉄祇園駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
10:00~17:30(閉館18:00)、7・8月は9:00~
休業日
第4月曜、祝日の場合は翌日休(みやげ処は営業)(12月29~31日休)
料金
展示棟入館料=一般200円、中学生以下無料/町家棟・みやげ処入場料=無料/博多よかとこおは磁気=530円(1個)/献上名刺入れ=1650円~/博多曲物ぽっぽ膳=8250円/博多張子(たい・ふく)=1210円/絵付け体験=1500円(入館料別)/(証明書提示で障がい者と福岡市、北九州市、熊本市、鹿児島市内在住の65歳以上は入館無料)

上川端商店街

博多っ子のなじみの店がズラリ
福岡で古くから商いの町として栄えた地で、現在は全長およそ400mのアーケードを中心に、博多っ子に親しまれる老舗から話題の新店まで新旧あわせて120軒ほどの店が軒を連ねる。

松田ネーム刺繍店

博多にわかのキャラグッズがそろう
博多の伝統芸能「博多にわか」で使う面をモチーフにしたゆるカワ系キャップをはじめ、博多ならではのユニークな品ぞろえ。

松田ネーム刺繍店

下り目が愛くるしいにわかキャップ

松田ネーム刺繍店

住所
福岡県福岡市博多区上川端町10-261
交通
地下鉄中洲川端駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
10:00~18:00(閉店)
休業日
日曜(7月15~17日休、8月14~16日休、12月31日~翌1月4日休)
料金
博多二○加(にわか)ワッペン=324円~(小)/博多二○加キャップ=2160円/

川端ぜんざい広場

大正期のぜんざいの味を今に伝える
博多祇園山笠の飾り山笠を展示した広場。週末など特定日に開く甘味処があり、大正期の味を復元したぜんざいが味わえる。

川端ぜんざい広場

川端ぜんざいは一杯500円

川端ぜんざい広場

住所
福岡県福岡市博多区上川端町10-256
交通
地下鉄中洲川端駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
11:00~18:00(閉店)
休業日
月~木曜(商店街のイベント開催時は無休、連休時は営業の場合あり)
料金
ぜんざい=500円(1杯)/氷ぜんざい(夏期のみ)=500円/

上川端商店街

住所
福岡県福岡市博多区上川端町
交通
地下鉄中洲川端駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
店舗により異なる
休業日
店舗により異なる
料金
店舗により異なる

博多リバレイン

上川端商店街から歩いてすぐ
ファッションからインテリア、グルメ、エンターテインメントなど、さまざまなショップが集合する「博多リバレインモール」、歌舞伎をはじめバラエティー豊かな演目を上演している「博多座」、アジアの近代美術作品をコレクションした「福岡アジア美術館」、名門ホテル「ホテルオークラ福岡」からなる。

博多リバレイン

博多川沿いに建つ

福岡アンパンマンこどもミュージアム in モール

アンパンマンといっしょに遊ぼう
アニメ『それいけ! アンパンマン』の世界が広がる参加・体験型ミュージアム。遊具、劇場、キャラクターにちなんだショップなどが集まる。【博多リバレインモール5・6F】

福岡アンパンマンこどもミュージアムinモール

住所
福岡県福岡市博多区下川端町3-1博多リバレインモール 5~6階
交通
地下鉄中洲川端駅直結
営業期間
通年
営業時間
10:00~16:00(閉館17:00)
休業日
無休(1月1日休、点検期間休)
料金
入館料=1歳以上1800円/(障がい者手帳持参で本人と同伴者1名50%割引)

博多座

歌舞伎やミュージカルが楽しめる
歌舞伎、ミュージカル、宝塚歌劇など幅広いジャンルの演劇を月替わりで上演する演劇専用劇場。1500の客席は、どの席からも迫力ある舞台が楽しめる3層構造になっている。【博多リバレイン東棟】

博多座

重厚感のある和洋折衷の造り

博多座

住所
福岡県福岡市博多区下川端町2-1
交通
地下鉄中洲川端駅直結
営業期間
通年
営業時間
公演により異なる
休業日
公演により異なる
料金
公演により異なる

博多リバレイン

住所
福岡県福岡市博多区下川端町3-1~2、2-1
交通
地下鉄中洲川端駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
施設により異なる
休業日
施設により異なる
料金
施設により異なる

SHIP’S GARDEN

水辺のランドマーク地下鉄中洲川端駅から天神方面へ歩いて5分ほど。川端と天神のほぼ中間にある水上公園に新たな名所が誕生。1階は「世界一の朝食」として有名な「bills 福岡」が西日本初出店し、2階は地元で人気の中国料理店が手がける「星期菜 NOODLE & CHINOIS」が入る。【平成28年7月OPEN】

SHIP’S GARDEN

博多湾に向かって帆を上げる船がモチーフの建物

天下の焼鳥 信秀本店

焼き鳥も大将も博多名物
博多っ子になじみのチューリップ手羽先や酢ダレ味の生キャベツは、店主安岡英雄さんの発案。人懐っこい笑顔や軽妙な会話で楽しませてくれる。

天下の焼鳥 信秀本店

有名人の写真がズラリと並ぶ

天下の焼鳥 信秀本店

住所
福岡県福岡市博多区下川端町8-8
交通
地下鉄中洲川端駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
16:30~23:30(閉店24:00)
休業日
月曜(盆時期休、年末年始休)
料金
バラ=172円/鳥ミンチボール=172円/ミニトマト=270円/バラのシソ巻き=270円/
1 2

中洲・川端の新着記事

【福岡・平日ランチ】仕事や買い物の合間におすすめの美味しいランチスポット8選

仕事や買い物の途中でお腹が減ったら、美味しいランチを食べて午後も充実した時間を送りたいですよね。 そこで今回は、平日の福岡でランチが出来るお店をご紹介します。 博多っ子のなまりをそのまま店名に...

【中洲川端駅】ゴールデンウィーク暇すぎる人、絶対ここ行って!すぐ行けるおでかけスポット5選

ゴールデンウィークの予定を「まだ決めていない」という方へ、耳寄りな情報をお届けする今回の特集記事。 大型連休だからといって遠出をする必要はありません。本日は編集部厳選の、中洲川端駅周辺(徒歩20...

【大人編】博多の遊ぶところ2024 絶品もつ鍋に映画館、温泉に人気の屋台飯までおすすめ10選!

美味しいものであふれる街、福岡県・博多。 グルメのイメージが強い博多ですが、美味しいものだけでなく楽しいスポットがたくさんあるのをご存じですか? 今回は定番のグルメはもちろん、大人の時間ならで...

【福岡・美術館】定番の県立美術館から地元出身作家の作品展示をしている美術館など個性的な穴場ギャラリーまで!福岡のおすすめ美術館&ギャラリー15選ご紹介!

福岡にある美術館を、定番から穴場まで15スポットをご紹介します。 アジア諸国の近現代美術作品を専門に展示している「福岡アジア美術館」や世界のガラス製品などが見られる「赤煉瓦ガラス館」、コンテンポ...

【福岡市・神社】「開運」「縁結び」「学業成就」などご利益授かり&都会の癒しタイムにも♪ 福岡市でおすすめの神社9選!

福岡県で神社といえば有名な太宰府天満宮は、大宰府市。福岡からは車で1時間ほどの距離です。今回は、福岡市内でおすすめの神社のご案内しましょう。 特におすすめしたいのは、「櫛田さん」の名で親しまれる...
もっと見る

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。