>  >  >  >  >  > 

福岡のうどんといえば! 博多うどん!

まっぷるマガジン

更新日:2020年9月25日

この記事をシェアしよう!

福岡のうどんといえば! 博多うどん!

これまで博多っ子のソウルヌードルといえば、とんこつラーメンという意見が大方でした。
ですが、最近になって全国的に知られるようになったのが博多うどんの存在。
昔ながらの専門店はもちろん、アルコールも楽しめるうどん居酒屋が急増しています。
老舗から進化系まで、うわさの博多うどんをご紹介します!

【福岡×うどん】多極化&進化する! 今どきの博多うどん

博多うどんのキホンは、ふにゃっと太いやわやわ麺。時間が経つと麺がつゆを吸い込み、口の中でうまみが混然一体となります。ごぼう天は博多うどんならではのトッピングです。

かろのうろん

100年を超えて愛される伝統の味

創業明治15(1882)年、博多うどんを代表する老舗。博多の総鎮守、櫛田神社のすぐそばに建つ。羅臼昆布やかつお節、いりこでとっただしは、薄味ながら深みのあるうまみがしみわたる。前日に打ち、ひと晩ねかせた麺は、やわらかく、もっちりしている。【川端周辺】

かろのうろん

からし明太子うろん 880円

うどんと明太子、2つの博多名物が一度に楽しめて、観光客に人気

かろのうろん

店名は「角にあるうどん屋」を意味する博多弁。土・日曜、祝日の午前11時から午後2時までは行列がピークになる

かろのうろん

住所
福岡県福岡市博多区上川端町2-1
交通
地下鉄中洲川端駅から徒歩7分
料金
ごぼう天うろん=520円/からし明太子うろん=830円/ざるうろん=620円/きつねうろん=520円/丸天うろん=520円/かしわおにぎり=250円(2個)/

釜揚げ 牧のうどん空港店

どんどん増える不思議うどん!?

福岡市近郊を中心に展開するうどんチェーン店。太めの麺は、自社工場でつくった生地を各店舗でのばして仕上げる。丼に移すと、つゆを吸って、どんどん膨れるため「食べても減らない」との評判がたつ。【東平尾】

釜揚げ 牧のうどん空港店

ごぼう天うどん 430円

牧のうどんのごぼう天は、麺に負けないようゴロリと太め

釜揚げ 牧のうどん空港店

スープを継ぎ足す

麺がスープを吸うため、卓上に追加用のスープが用意されている

釜揚げ 牧のうどん空港店

休日の午前11時30分から午後1時30分までは行列必至。ただし、思いのほか回転が速いため、比較的早めに入店できる

釜揚げ 牧のうどん 空港店

住所
福岡県福岡市博多区東平尾2丁目4-30
交通
JR博多駅から西鉄バス月隈団地方面行きで19分、席田会館下車すぐ
料金
ごぼう天うどん=410円/肉うどん=550円/緑のてんぷらうどん=440円/豚キムチうどん=600円/

みやけうどん

昔スタイルのうどん屋が今もここに

大正時代の建物に藍染ののれんがかかる老舗。福岡でも屈指の極太麺が特徴で、つゆを吸ってぽってりと膨らんだ麺は、独特な歯ざわりとのどごしが味わえる。うどん(320円)に好みのトッピング(各80円)を注文するシンプルなスタイル。【呉服町】

みやけうどん

丸天うどん 400円

昔ながらの博多うどんの製法。麺はゆで置きのため、1分ほどで完成する

みやけうどん

くぐり戸から背を丸めて中へ。古民家の風情が味わい深い

みやけうどん

住所
福岡県福岡市博多区上呉服町10-24
交通
地下鉄呉服町駅から徒歩3分
料金
うどん=320円/えび天うどん=400円/ごぼう天うどん=400円/丸天うどん=400円/きつねうどん=400円/丸天=80円/

能古うどん製造所

古式切り麦法の細くて白いうどん

福岡で細麺はめずらしいが、「能古うどん」もまた、古くから福岡で親しまれるうどん。古式切り麦の製法により、ていねいに時間をかけて熟成させた麺は、細くつややかでこしがある。のどごしのよさが身上。【博多駅周辺】

能古うどん製造所

おろしぶっかけうどん (並) 500円

セルフ形式の店で、トッピングはごぼう天、丸天、えび天など約10種類

能古うどん製造所

キャナルシティ博多の地下に看板を掲げる

能古うどん製造所

住所
福岡県福岡市博多区住吉1丁目2-1キャナルシティ博多ノースビル B1階
交通
JR博多駅から徒歩10分
料金
おろしぶっかけ(並)=500円/かしわ飯セット=800円/たらいうどんセット=700円/肉玉・ごぼう天うどん=700円/

【福岡×うどん】飲んで食べてシメまで! うどん居酒屋

関東では「そば×酒」の文化が古くから息づいていますが、博多の場合「うどん×酒」。つまみの種類が多く、うどんを食べずに、たんに飲み屋として利用する人もいます。10年ほど前からちらほらと出ていましたが、東京に進出した店の影響やテレビの露出により、全国的に認知されるようになってきました。

釜喜利うどん

昼からうどんも酒盛りも、どっちもヨカヨカ

うどん、丼物など食事メニューを全面的にプッシュしながら、メニューをひっくり返すと気の利いたアテがズラリと並ぶ。営業時間中であればビール1杯を無料で出してくれる太っ腹なサービスもある。昼時は行列ができる人気店。夜も週末を中心に満席のときが多い。【天神周辺】

釜喜利うどん

すだちかけ 770円

名物の冷たいうどん。麺は福岡と讃岐のほぼ中間の食感で、糸島産の小麦の風味が感じられる (※すだちの入荷が困難な冬~春の期間は価格変動あり)

釜喜利うどん

かまぼこバター 520円

酒肴は丸天あぶりなど、うどん屋らしいものから、みょうが浅漬、鯛わたなど酒飲み好みの品もそろう

釜喜利うどん

グラスビール1杯サービス

希望者はスタッフに申し出を!

釜喜利うどん

住所
福岡県福岡市中央区大名1丁目7-8
交通
地下鉄赤坂駅から徒歩6分

宇どんヤ かまわん

昼から飲んでもカマワン!

人気うどん店「うどん大學」の2号店。麺は糸島産小麦を使用し、だしはかつお節、いりこ、干し貝柱、昆布など数種を水出ししたもので、雑味のない澄んだスープが印象的。昼飲みOKで、ランチも人気がある。外観はコンクリート打ちっぱなしでモダンな雰囲気。【春吉】

宇どんヤ かまわん

かけうどん 490円
+ごぼう天 220円

手打ちして手切りした麺は、微妙に幅が異なり、ほどよくつゆをまとっておいしい。ごぼう天は別皿で出されるため、酒のつまみとしても合う

宇どんヤ かまわん

一品料理は手羽先1本220円から。夜は手の込んだ酒肴が登場する

宇どんヤ かまわん

住所
福岡県福岡市中央区春吉3丁目21-30
交通
地下鉄天神南駅から徒歩4分
料金
かけうどん=450円/ごぼう天=200円/すじ煮=600円/ハンペンカツ=500円/もろこし天=480円/牛すじ玉丼=580円/

博多あかちょこべ

うどんも酒肴もひと工夫加えたオリジナル

「うどん発祥の地、博多にふさわしい麺」をと発案したのが胚芽の粒をそのまま生かした古式胚芽うどん。主人の井上さんは進取の気性に富んだ人柄でもあり、スペアリブ肉うどん、うどん冷麺など、変わり種のうどんが評判を呼ぶ。夜の居酒屋メニューもオリジナリティー豊かな創作料理。【川端周辺】

博多あかちょこべ

ずぼらうどん 660円

「東北地方にやかんに入ったうどんがあったよ~な」と記憶をたどってつくったずぼらうどん。が、調査の結果、そんなうどんはどこにもなく、同店の完全なるオリジナル

博多あかちょこべ

オリーブオイルとにんにくに漬けた「ハム仕立て塩豚」 650円、うどんの生麺を素揚げした「ポリポリ」 550円 など

個性的なメニューがずらり

博多あかちょこべ

住所
福岡県福岡市博多区冷泉町7-10
交通
地下鉄祇園駅から徒歩6分
料金
ずぼらうどん=660円/元祖キーマカレーうどん=720円/海老のアヒージョ(夜のみ)=820円/博多ひと口ギョーザ=580円/

二○加屋長介 本店

「うどん居酒屋」を全国に知らしめた!

2016年に東京進出を果たし、全国に「うどん居酒屋」の存在を広めた功労者的な店。ごまさば、牛すじなどの一品料理をつまみつつ、うどんで締めるのが、この店のスタイル。約9㎏の鶏ガラを6時間ほど炊いた鶏スープが味わい深い「鶏スープあつかけうどん」が看板メニュー。【薬院】

二○加屋長介 本店

鶏スープあつかけうどん 1026円

水炊きのように白濁したスープは、鶏のうまみが凝縮。手打ちの太麺がスープをたっぷり吸ってもっちりとした食感

二○加屋長介 本店

刺身や肉料理などレパートリーが広く、昭和レトロなメニューもそろう

二〇加屋長介

住所
福岡県福岡市中央区薬院3丁目7-1
交通
地下鉄薬院駅から徒歩7分
料金
鶏スープあつかけうどん=900円/雲仙ハムカツ=600円/

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください