>  >  >  >  >  > 

福岡のスイーツといえば! 「あまおう」と「八女茶」のスイーツに大注目!

まっぷるマガジン

更新日:2020年9月28日

この記事をシェアしよう!

福岡のスイーツといえば! 「あまおう」と「八女茶」のスイーツに大注目!

全国的に人気のブランドいちご「あまおう」と、最上級の伝統本玉露のシェア1位を誇る八女茶の産地、福岡県。
あまおうが旬を迎える12月から5月ころまでは、果実をふんだんに使ったスイーツが多数登場します。
また、福岡県南部の八女市や筑後市を中心に栽培されるブランド茶の八女茶をぜいたくに使ったスイーツにも注目。
今回は、あまおうと八女茶をスイーツで楽しめる人気店をピックアップしました。

【福岡×スイーツ】福岡ブランドいちご「あまおう」スイーツ

福岡県産のブランドいちご「あまおう」。12月から5月ころまでの旬の時期には、あまおうをふんだんに使ったスイーツが多数登場します。おみやげにぴったりなスイーツもチェックしましょう。

あまおうって?

「あかい」「まるい」「おおきい」「うまい」の頭文字をとった「あまおう」は、日本一をめざして福岡県で生産された高級いちご。大粒で甘みが強く、全国的な知名度が高い。

【福岡スイーツ×あまおう】Fukuoka Parfait Lab パンシリオ

華やかな見ためにうっとり…

フランス料理の技法を用いた華麗なデコレーションのパフェが味わえる。メニューは定番のチョコレート系のものを含め、旬のフルーツが主役のパフェ3品にドリンク類。週末は行列必至。【唐人町】

【福岡スイーツ×あまおう】Fukuoka Parfait Lab パンシリオ

<12~4月頃限定> いちごの森 1980円

いちご1パック以上を使ったゴージャスないちごのパフェ。中はいちごのソルベ、クレームダンジュ、ワインゼリーなど10種類以上のスイーツでできている
※「あまおう」未入荷の際はほかの銘柄のいちごを使用

【福岡スイーツ×あまおう】大名パフェ フルーツプラネット

夜パフェであまおうを味わう

青果専門の卸業者が手がける。地元九州を中心に全国から選りすぐりの、旬のフルーツ、めずらしいフルーツをパフェで味わうことができる。【大名】

【福岡スイーツ×あまおう】大名パフェ フルーツプラネット

<12~4月限定> プレミアムフルーツパフェ あまおう 1980円

グラスの中はフルーツとアイスクリームのみ。アイスはバニラやほうじ茶、クリームチーズなど4、5種類から選べる

【福岡スイーツ×あまおう】キャンベル・アーリー

あまおうづくしのご褒美パフェ

フルーツの種類や熟し具合いにあわせて、いちばんおいしく食べられるよう、季節ごとにメニューづくりをする。パフェやパンケーキ、カクテルなどさまざま。【博多駅周辺】

【福岡スイーツ×あまおう】キャンベル・アーリー

<12~3月頃限定> あまおうパフェプリンセス 1815円

上から下まであまおうがたっぷり。ヨーグルトや自店製のジェラートと甘酸っぱいあまおうの相性がいい

【福岡スイーツ×あまおう】伊都きんぐ 天神店

SNSで爆発的ヒット!

カフェのメニューはほぼ100%あまおうスイーツ。通常はテイクアウトで販売している看板商品の「どらきんぐ」をバニラアイスや薬味を添えて、さらにおいしく味わえる。【天神周辺】

【福岡スイーツ×あまおう】伊都きんぐ 天神店

あまゴリ 1100円

凍らせたあまおう約10粒を削ったかき氷。舌の上ですっと氷が溶け、あまおうの上品な甘みが口いっぱいに広がる

【福岡スイーツ×あまおう】伊都きんぐ 天神店

博多あまびセット 1232円

あまおうの果実が入ったわらび餅で「あまび」。練乳やきなこをつけて味の変化を楽しみたい

【福岡スイーツ×あまおう】伊都きんぐ 天神店

<11月中旬~5月末> どらきんぐ生 459円

フレッシュなあまおうがまるごと1個入ったどら焼き。11月中旬から5月末までの期間限定

【福岡スイーツ×あまおう】IROHA’s カフェ

ジェンガ風!? 30cm超の名物パフェ

青果業を営むオーナーが手がけるカフェレストラン。名物パフェ「ストロベリーツリー」は、1.5から2パックのいちごをぜいたくに使っている。【周船寺】

【福岡スイーツ×あまおう】IROHA’s カフェ

ストロベリーツリー 2178円

いちご以外に、グラノーラ、スポンジ、ストロベリーアイスなどが層になって入っている
※11月初旬から5月初旬の収穫期はあまおうをはじめ、福岡県産のいちごを使う

【福岡スイーツ×あまおう】岩井屋

あったかスイーツにほっこり

元禄2(1689)年に旅籠屋として創業し、甘味処としては100年以上の歴史をもつ老舗。創業時から受け継ぐ「いわい餅」が名物。愛宕神社の近くにあり、多くの参拝客が訪れる。【西区愛宕】

【福岡スイーツ×あまおう】岩井屋

<2~5月限定> いちご大福 600円

あたたかくてやわらかい大福餅の中に、大粒のあまおうと粒あんが入る。あまおうの甘みとほどよい酸味が、やさしい甘さの粒あんとマッチ

【福岡×スイーツ】福岡ブランド茶「八女茶」スイーツ

日本有数の高級茶として全国的に知名度が高まる、八女茶の茶葉をアレンジしたスイーツをご紹介します。

八女茶とは?

福岡県南部の八女市、筑後市を中心に栽培されるブランド茶。甘みがあり、まろやかでこくのある味わい。新茶は4月上旬頃に出始め、5月上旬に最盛期を迎える。

【福岡スイーツ×八女茶】日本茶専門店 茶舗ふりゅう

日本茶インストラクターがていねいに解説

久留米市にある日本茶専門店の2号店。八女の高品質ブレンド茶と静岡産のシングルオリジンを中心に、地方伝統の番茶をラインアップ。店内では、日本茶インストラクターの田代亮平さんが、作家による高品質の急須を使ってお湯の温度や器を変えながら3煎まで入れてくれる。【天神周辺】

【福岡スイーツ×八女茶】日本茶専門店 茶舗ふりゅう

(奥)縁~EN~八女煎茶 870円

(左:1煎目)60度ほどのぬるめで。うまみが濃厚
(中:2煎目)渋みとうまみのバランスが絶妙
(右:3煎目)冷茶ですっきりと

 

(手前)ガトーショコラ 750円

石臼挽きの抹茶を使い、低温でじっくり焼いたガトーショコラは数量限定。口どけがよく、お茶の香りと味わいが感じられるよう甘さをおさえている

【福岡スイーツ×八女茶】心福茶実験室

実験室のような空間でお茶の魅力を伝える

現代のライフスタイルにあわせて台湾茶と日本茶が日常的に楽しめるティースタンド。白衣を着たスタッフが立つカウンターはまるで実験室のよう。窒素ガスサーバーを使ったナイトロティーは口あたりがまろやか。【警固】

【福岡スイーツ×八女茶】心福茶実験室

(左から)ナイトロティー 600円、煎茶レモンサワー 500円、九州抹茶ラテ 550円

煎茶レモンサワーは煎茶を漬けたジンでつくる。九州抹茶ラテは八女茶の抹茶と阿蘇の牛乳を使う

【福岡スイーツ×八女茶】心福茶実験室

2階ではお茶の知識をより深めるワークショップを予約制で行う

【福岡スイーツ×八女茶】鈴懸本店

老舗の趣の中で上質な時間を過ごす

「現代の名工」である菓子職人、中岡三郎氏が創業した和菓子店。併設のカフェはシックな色彩でまとめられ、一人掛けのソファに深々と座ってくつろげる。【川端周辺】

【福岡スイーツ×八女茶】鈴懸本店

<5~10月頃限定> 八女金時 930円

八女抹茶を使った自店製の蜜は抹茶の風味が濃厚

【福岡スイーツ×八女茶】鈴懸本店

ランチ営業もある

【福岡スイーツ×八女茶】おいしい氷屋 天神南店

八女抹茶とあまおうを氷で楽しむ

製氷会社が親会社で、ブランド氷「博多純氷」でつくるかき氷が通年楽しめる。福岡名産の八女茶やあまおういちごをはじめ、福岡・九州産を中心とした和食材を使ったメニューが多い。【渡辺通】

【福岡スイーツ×八女茶】おいしい氷屋 天神南店

八女抹茶 850円

高級品として知られる星野製茶の八女抹茶とミルクのハーフ&ハーフ

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

条件検索

エリアとジャンルを指定してください