>  >  >  >  >  > 

福岡で「水炊き」を食べたい! 地鶏のうまみを味わい尽くす!

まっぷるマガジン

更新日:2020年10月2日

この記事をシェアしよう!

福岡で「水炊き」を食べたい! 地鶏のうまみを味わい尽くす!

福岡市は、鶏肉の消費量が全国でトップクラス(※)の日本一の鶏の街です。
そんな福岡で生まれた鶏料理といえば水炊き。
明治後期に、ある料亭がコンソメスープと中国のスープをヒントに考案したのだとか。
まずはスープのみを味わってから、締めまで鶏肉のうまみをおいしく味わいつくしましょう。

(※)家計調査(2人以上の世帯)品目別都道府県庁所在地及び政令指定都市ランキング(2016~2018年平均)による。

【福岡×水炊き】橙

予約開始1か月前から争奪戦の人気店

老舗、名店がひしめく福岡の水炊き業界にあって、開業わずか7年の新店ながら、指折りの人気店。もも、すね、手羽、つくねと、水炊きに使う部位はざまざまで、その分味わいは豊か。最後の締めは雑炊か、そうめんか好みで。ぜひとも食べたい場合、1か月前から開始という予約を忘れずに。【大濠公園】

【福岡×水炊き】橙

水炊き 1人前 3410円

大きな緑色の小松菜をのせ、千鳥の形のにんじんを散らした橙の水炊き。最後の締めは雑炊(330円)または素麺(220円)から選ぶ

【福岡×水炊き】橙

あらびきのミンチでつくるつくねはボリュームたっぷり

【福岡×水炊き】橙

客室はシックでモダン

【福岡×水炊き】水たき元祖 水月

水炊き発祥の店で味わう

創業は明治38(1905)年。水と新鮮な鶏だけでつくるスープは、あっさりながらも鶏のうまみが引き出されていて美味。締めのそうめんの地獄炊きも評判が高い。事前の予約が必要。【平尾】

【福岡×水炊き】水たき元祖 水月

元祖博多水たきBコース 1人前 5830円

だいだいの搾り汁を一年間ねかせてつくる特製ポン酢で味わう

【福岡×水炊き】水たき元祖 水月

福岡市博多区須崎町で創業。昭和35(1960)年に現在の場所に移転

【福岡×水炊き】博多なぎの木 西中洲本店

「天草大王」の鶏ガラから出る濃厚スープに感動

熊本のブランド鶏「天草大王」を7時間炊いた白濁スープは、コラーゲンたっぷり。水炊きは「天草大王水炊」(3190円)と、「ありたどり水炊」(2640円)がある。【中洲周辺】

【福岡×水炊き】博多なぎの木 西中洲本店

お昼から食べられる天草大王の全7品水炊きコース 1人前 4000円

柚子の風味が効いた自店製のポン酢で味わう

【福岡×水炊き】博多味処 いろは

水炊きの味と女将を慕うファン多し

博多の名物鍋、水炊きとすきやきの店。常連客のなかには著名人も多く、店内の壁にはサイン色紙がずらりと並ぶ。地元はもとより、遠方の客をもトリコにする、その魅力は、料理はいうまでもなく、元気で明るい博多っ子気質の女将さんの人柄にある。【川端周辺】

【福岡×水炊き】博多味処 いろは

地鶏水たきコース 1人前 5170円

昆布の一番だしに、塩、佐賀の麓赤鶏でとった滋味深いスープを召し上がれ

【福岡×水炊き】博多水炊き とり田 博多本店

丸鶏のうまみを余すことなくぜいたくに

ミシュランに掲載されたことがある水炊き専門店。鶏肉は九州産の若鶏、鶏のうまみを存分に楽しめるようスープは水と丸鶏のみでつくる。さわやかなポン酢に、完熟果肉入りの特製柚子胡椒を添えて食べれば、風味豊かで味わい深い。【川端周辺】

【福岡×水炊き】博多水炊き とり田 博多本店

水炊きコース 1人前 4180円〜

前菜2種、ごまさば、とり天、雑炊またはラーメン、甘味が付くおすすめの「竹」は5280円

【福岡×水炊き】博多水炊き とり田 博多本店

1階はテーブル席、2階は大広間(写真)と個室

【福岡×水炊き】博多水たき 濵田屋 店屋町店

透明スープに鶏のうまみがギュッと凝縮

メニューは単品の水炊きセット(1人前2750円)とコースがある。スープは、あっさりながらも鶏のうまみが凝縮した深い味わい。山口県萩産のだいだいを使ったオリジナルのポン酢は柑橘系の香りが豊かで、ほどよい酸味がある。予約がおすすめ。【川端周辺】

【福岡×水炊き】博多水たき 濵田屋 店屋町店

水炊きコース 1人前 4180円

吟味した鶏ガラを強火で一気に炊き上げたスープは透明。水炊きのほかに豚しゃぶや唐揚げなどの一品料理が付いている

【福岡×水炊き】岩戸屋

大正時代から続く名店の味をご堪能あれ

創業大正5(1916)年。やわらかくこくのある鶏は宮崎産、鹿児島産。骨付き肉が入る「水炊き」、それにミンチが入る「ミックス」、四ツ身、ミンチ、砂肝が入る「スープ炊き」がある。【天神周辺】

【福岡×水炊き】岩戸屋

ミックス 1人前 2530円

ていねいにアクを取り除いたスープは底が見えるほど透明 (※注文は2人前から)

1 2

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

この記事の出典元は「まっぷる福岡 博多・天神 ’18」です。掲載した内容は、2016年12月~2017年3月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される可能性があります。そのため、消費税改正前、改正後、施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。

条件検索

エリアとジャンルを指定してください