トップ > 全国 > 九州・沖縄 > 長崎・佐賀 > 雲仙・島原 > 島原 > 島原市街 > 島原城

シマバラジョウ

島原城

安土・桃山様式の壮麗な名城

江戸初期に松倉重政が安土桃山様式の築城技術の粋を集め、7年の歳月を費やして築いた。明治維新の際に解体され、現在の天守閣は昭和39(1964)年に当時の姿を忠実に復元したもの。館内はキリシタン関連の資料を集めた資料館。城内に郷土出身者の彫刻家北村西望の作品を展示する「西望記念館」、雲仙普賢岳噴火災害を映像と各種資料で紹介する「観光復興記念館」がある。

住所
長崎県島原市城内1丁目1183-1 (大きな地図で場所を見る)
電話
0957-62-4766
交通
島原鉄道島原駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:30(閉館)
休業日
無休
料金
入館料(天守閣・観光復興記念館・西望記念館共通券)=大人550円、小・中・高校生280円/甲冑貸出サービス=無料/
駐車場
あり | 台数:100台 | 有料 | 1回330円
ID
42000708

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

同じエリアに関連する記事

【長崎・島原】島原そうめんはここで食べよう! 島原ご当地名物

そうめんは、長崎県島原地方の特産のひとつ。伝統的な手延べによる製法で、コシの強さに特徴があります。島原そうめんが食べられる店と、お土産に買って帰ることができる製麺所をクローズアップしました。

長崎【島原】城下町と湧水の町をさんぽしよう!

雲仙岳の伏流水が湧き出る水の都、島原。江戸末期に栄えた松平7万石の城下町でもあり、その面影が色濃く残る武家屋敷を眺めながら散策を楽しむことができます。町の水路には錦鯉が泳ぎ、歴史を今に伝える島原城、心...

エリア × テーマ

 >  >   >   >   >   > 
 >  >   >   > 
 >  >   >   >   >   > 

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください