コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  長崎【島原】城下町と湧水の町をさんぽしよう!

長崎【島原】城下町と湧水の町をさんぽしよう!

by mapple

更新日:2018年2月7日

江戸末期に松平7万石の城下町として栄えた島原は、水のせせらぎを聞きながら歴史散策が楽しめる。町の水路に泳ぐ錦鯉、歴史を今に伝える島原城など見どころはたくさん!

プランニングのコツ

モデルコースで歩く島原城周辺や、商店やアーケード街がある万町と新町一帯には、水路や水呑場が点在しているため、時間に余裕をもってのんびり散策したい。

モデルコース

島原鉄道 島原駅
↓ 徒歩10分
1.島原城
↓ 徒歩10分
2.武家屋敷
↓ 徒歩8分
3.元祖 具雑煮 姫松屋本店
↓ 徒歩7分
4.しまばら水屋敷
↓ 徒歩5分
5.鯉の泳ぐまち
↓ 徒歩すぐ
6.湧水庭園「四明荘」
↓ 徒歩10分
島原鉄道 島原駅

1.島原城

安土・桃山様式の壮麗な名城
江戸初期に松倉重政が安土桃山様式の築城技術の粋を集め、7年の歳月を費やして築いた。明治維新の際に解体され、現在の天守閣は昭和39(1964)年に当時の姿を忠実に復元したもの。館内はキリシタン関連の資料を集めた資料館。城内に郷土出身者の彫刻家北村西望の作品を展示する「西望記念館」、雲仙普賢岳噴火災害を映像と各種資料で紹介する「観光復興記念館」がある。

ゆるやかな曲線を描く石垣の上に、5層造りの天守閣がそびえる島原城

忍者やサムライになって記念写真を撮ろう!

島原城をガイドする島原城七万石武将隊。島原城では衣裳の無料貸出サービスも実施している

季節ごとの美景

by fotolia - ©TOMO

ウメ
2月中旬から下旬にかけて咲く

サクラ
3月下旬から4月上旬が見ごろ

ツツジ
ゴールデンウィーク前後に開花

ハスの花
夏の暑い盛りに咲き誇る

紅葉
周囲の木々が色づく秋

2.武家屋敷

水のせせらぎを聞きながら歴史散策
城下町の面影が色濃く残る武家屋敷。山本邸、篠塚邸、鳥田邸は一般公開されていて、自由に見学することができる。往時の武士の暮らしぶりがうかがえる。

武家屋敷を挟んで中央に水路が流れる

武家屋敷売店

武家屋敷通りの一角にある売店では、湧水で冷やした郷土甘味のかんざらしやラムネを販売。

3.元祖 具雑煮 姫松屋本店

天草四郎ゆかりの郷土料理
かつおだしに丸餅、白菜、ごぼうなど13種の具が入った島原名物の「具雑煮」が食べられる。具雑煮は、島原の乱で島原城に籠城した天草四郎が兵糧としてつくらせたことがはじまりといわれる。

島原城のすぐそばにある

具雑煮の単品は一人前980円。定食は1200円から

4.しまばら水屋敷

湧水が湧く庭園を前にひと息つく
万町商店街にある喫茶。明治初期の豪商の屋敷を民芸喫茶として再生した建物で、アーケードの中でひときわ目を引く。庭を望む縁側では、湧水を使ったかんざらしや抹茶で一服することができる。

敷地内には一日4000トンの水が湧く

寒ざらし、抹茶、湧水がセットになった「かんざらしセット」は648円

5.鯉の泳ぐまち

水の都、島原を物語る通り
中堀町商店街(アーケード)から2本東側に入った新町通りは「鯉の泳ぐまち」と呼ばれる観光名所。地域住民によって美しく保たれた水路に色鮮やかな錦鯉が悠々と泳ぐ。水の都、島原ならではの美しい景観が楽しめる。

道路脇の水路に放流された錦鯉が泳ぐ

通りにある売店でエサを買って鯉にあげよう

6.湧水庭園「四明荘」

清らかな水に心癒される休憩スポット
明治後期に建てられた木造の建物を休憩所として無料で開放。一日に約3000トンの湧水が湧く池には錦鯉が泳ぐ。四方の眺望にすぐれていることから「四明荘」と呼ばれる。

座敷から庭園を眺める

平成20年に国の登録記念物になった

湧水の町おいしい時間

しまばら湧水館

めざせ、かんざらし名人!!
鯉の泳ぐまちの一角にある無料休憩所で、島原名物「かんざらし」の手作り体験教室を開いている。所要は30分ほどで、その後は、お楽しみの試食。6人以上(最大20人まで)の参加の場合は事前の予約が望ましい。

銀水

復活した「かんざらし」が名物の店
大正期に創業したものの、平成9年ころに閉店した「かんざらし」が名物の店が平成28年夏に復活した。かんざらしは白玉粉を小さく丸めた団子で、湧水で冷やしてシロップをかけて食べる。仕込む白玉は、多いときには一日2000個ほど。甘味処でもあり、夫婦クリームぜんざいやそうめん、ねぎ焼きなどの軽食もある。

筆者:mapple

まっぷる長崎 ハウステンボス 佐世保・五島’18

発売日:2017年05月23日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる長崎 ハウステンボス 佐世保・五島’18」です。掲載した内容は、2017年1~3月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される可能性があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

オススメの記事

×
×