飛騨古川市街のおすすめの和食スポット

飛騨古川市街のおすすめの和食スポットをご紹介します。味処古川、蕎麦正なかや、まる恵寿など情報満載。

味処古川 (アジドコロフルカワ) 情緒ある店で地元料理を味わう

和の情緒漂う雰囲気の中で、飛騨の郷土料理が味わえる食事処。一番人気は、飛騨産、自家製味噌にこだわった飛騨牛朴葉みそステーキ定食。ご飯も飛騨産コシヒカリ。

味処古川
味処古川

味処古川の詳細情報

住所
岐阜県飛騨市古川町壱之町11-3
交通
JR高山本線飛騨古川駅から徒歩8分
営業期間
通年
営業時間
11:00~16:00(閉店17:00)、売店は9:00~
休業日
不定休(年末年始休)
料金
飛騨牛朴葉ステーキ定食=2700円/飛騨地産地消ランチ=1080円/飛騨古川ラーメン=648円/ 平均予算(昼):1000円

蕎麦正なかや (ソバショウナカヤ) 粗びきの蕎麦を使った香り高い蕎麦

飛騨産の粗びき蕎麦粉を使った手打ち蕎麦処。本来の香りと甘みを味わってほしいと、ざる蕎麦のひと口目はつゆではなく岩塩で食べることを勧めている。

蕎麦正なかやの詳細情報

住所
岐阜県飛騨市古川町三之町1-16
交通
JR高山本線飛騨古川駅から徒歩8分
営業期間
通年
営業時間
11:00~14:45(閉店15:00)、18:00~19:45(閉店20:00、夜は要問合せ)、12月31日の夜は23:00~翌3:00(閉店)
休業日
不定休(1月1日休)
料金
飛騨ざる蕎麦(並盛)=930円/ 平均予算(昼):1200円, 平均予算(夜):2000円

まる恵寿 (マルエス) 飛騨牛にぎりのランチが好評

女性が寿司を握る寿司店。日本海直送の魚介や飛騨牛の寿司が味わえる。小鉢やデザートも付く飛騨牛のにぎり膳や、飛騨牛のたたきの付いたさくら会席が人気。

まる恵寿
まる恵寿

まる恵寿の詳細情報

住所
岐阜県飛騨市古川町殿町10-15
交通
JR高山本線飛騨古川駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
11:30~14:00(閉店)、17:00~20:00(閉店、夜は要予約)
休業日
水曜、祝日の場合は翌日休(12月29日~翌1月3日休)
料金
飛騨牛のにぎり膳=2050円/せいろ蒸し寿司(11~翌3月限定)=1570円/さくら会席=1830円/ 平均予算(昼):1700円, 平均予算(夜):3500円

山腰楼 (ヤマコシロウ) 老舗でいただく郷土料理

ざいご料理(昼)は、古川の郷土料理。主菜の飛騨牛の朴葉盛り込みのほか、なますやつきだしなどが付く。春は山菜、夏は鮎、秋はきのこなど旬の食材を中心に季節の味が楽しめる。

山腰楼

山腰楼の詳細情報

住所
岐阜県飛騨市古川町殿町10-22
交通
JR高山本線飛騨古川駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
11:30~14:00(閉店)、17:00~20:00(閉店、要予約)
休業日
不定休(12月31日~翌1月1日休)
料金
在郷料理(ランチ)=2700円~/会席料理(夜)=4860円~/ 平均予算(昼):3000円, 平均予算(夜):6000円

飛騨牛専門店 祭 (ヒダギュウセンモンテン マツリ) 希少な肉が味わえる飛騨牛専門店

希少な飛騨牛が味わえると評判の店。肉質の良さが際立つ「飛騨牛握り寿司」は、観光客の人気投票でグランプリに選ばれた逸品。肉の量を選べるステーキ丼も好評だ。

飛騨牛専門店 祭

飛騨牛専門店 祭の詳細情報

住所
岐阜県飛騨市古川町壱之町15-6
交通
JR高山本線飛騨古川駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
11:00~15:00(L.O.)、18:00~20:00(L.O.、4名~受付、夜は前日までに要予約)、GW、盆時期、きつね火祭り、三寺祭り、古川祭開催時は11:00~20:00(閉店)
休業日
不定休(GW・盆時期・年末年始は営業)
料金
飛騨牛極上とろ寿し一皿(A-5、5貫)=3780円/飛騨牛ランプステーキ丼(A-5、150g、汁付)=4860円/飛騨牛サーロインステーキ丼(A-4、150g、汁付)=7020円/ 平均予算(昼):3000円, 平均予算(夜):8000円
×