トップ > 東海・北陸 > 岐阜・飛騨 > 飛騨・白川郷 > 飛騨古川 > 飛騨古川市街 > 

【飛騨古川】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

まっぷるマガジン編集部

更新日:2018年8月4日

この記事をシェアしよう!

【飛騨古川】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

飛騨古川三寺まいり

幻想的な冬のイベント
親鸞聖人のご遺徳をしのび、毎年1月15日に行われる伝統行事。円光寺、真宗寺、本光寺の三寺を参拝する。夕方からは雪像ろうそくや、瀬戸川沿いの千本ろうそくに火が灯され、幻想的な雰囲気に包まれる。着物レンタルサービス(有料、要予約)もある。

飛騨古川三寺まいり

イベント日程 1月15日
恋のご利益を祈る、着物姿の女性たちが多く集まる

三寺まいり

住所
岐阜県飛騨市古川町本光寺、円光寺、真宗寺
交通
JR高山本線飛騨古川駅から徒歩3分(本光寺)
料金
要問合せ

山勇牛一貫

しっかりと熟成させた飛騨牛を堪能
数河高原にある山勇牧場で育てられた飛騨牛の中でもA4、A5ランクの雌牛のみを使用。ランチでは、グリルステーキランチ(2800円~)や、山勇牛ハンバーグ(2300円)などを味わえる。

山勇牛一貫

部位に合わせて適切な時間や状態を見極めて熟成

山勇牛一貫

住所
岐阜県飛騨市古川町南成町1-27
交通
JR高山本線飛騨古川駅から徒歩17分
料金
山勇牛・グリルステーキランチ=2800円/

飛騨の匠文化館

飛騨の大工の技術と伝統を学ぶ
飛騨の匠による木造建築の歴史と技術などを紹介。大工道具や現代の匠の作品展示のほか、木組みパズルや千鳥格子を組む体験ができるコーナーも楽しい。

飛騨の匠文化館

体験コーナーでは匠の技にチャレンジできる

飛騨の匠文化館

住所
岐阜県飛騨市古川町壱之町10-1
交通
JR高山本線飛騨古川駅から徒歩8分
料金
入館料=大人300円、小・中学生100円/(20名以上の団体は大人240円、小・中学生80円)

山腰楼

老舗でいただく郷土料理
1914(大正3)年創業の老舗割烹。春は山菜、夏は鮎など旬の素材を盛り込んだ在郷料理や飛騨牛すきやき(4320円〜)を、すべて個室の座敷でいただける。

山腰楼

地元産の食材を使った在郷料理(ランチ2700円〜)

山腰楼

住所
岐阜県飛騨市古川町殿町10-22
交通
JR高山本線飛騨古川駅から徒歩5分
料金
在郷料理(ランチ)=2700円~/会席料理(夜)=4860円~/

蕎麦正なかや

飛騨荘川産の粗びき粉を使用
飛騨荘川産のそばを手打ちするそば処。粗びきの香り高いそばが味わえる。一口目はアンデス岩塩で、二口目は飛騨数河産本わさびで味わうのがおすすめ。

蕎麦正なかや

飛騨ざるそば(930円)

蕎麦正なかや

住所
岐阜県飛騨市古川町三之町1-16
交通
JR高山本線飛騨古川駅から徒歩8分
料金
飛騨ざる蕎麦(並盛)=930円/

ガラス美術館 駒

趣のあるガラス工芸品を観賞
幕末から昭和初期に作られたガラス工芸品約800点を集めた美術館。神秘的な光を放つ希少価値の高いウランガラスは必見だ。名物館長の説明も楽しい。

ガラス美術館 駒

豆ランプやガラス時計などが所狭しと並ぶ

ガラス美術館 駒

住所
岐阜県飛騨市古川町三之町1-17
交通
JR高山本線飛騨古川駅から徒歩7分
料金
大人300円、小・中学生150円(障がい者は大人・小人共に料金半額)

飛騨牛専門店 祭

最高級A5ランクの飛騨牛が絶品
さまざまな飛騨牛料理が楽しめると評判の店。肉の量を選べるステーキ丼(150〜1000g・4500〜3万円)が好評だ。炙った飛騨牛握り寿司も味わえる。

飛騨牛専門店 祭

厚みのある飛騨牛は、ご飯との相性が抜群

飛騨牛専門店 祭

住所
岐阜県飛騨市古川町壱之町15-6
交通
JR高山本線飛騨古川駅から徒歩5分
料金
飛騨牛極上とろ寿し一皿(A-5、5貫)=3780円/飛騨牛ランプステーキ丼(A-5、150g、汁付)=4860円/飛騨牛サーロインステーキ丼(A-4、150g、汁付)=7020円/
1 2 3

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください